エラーメッセージ、特にiTunesエラー0xe8000084は厄介です。パソコンを捨ててしまいたい気分になります。そのパソコンをゴミ箱に入れる前に、この記事を最後まで読んでください。iTunesエラー0xe8000084の修正方法をいくつかお届けします。

iTunes connect issues

iTunesのエラー0xe8000084の背後にある理由

多くのiTunesユーザーが、iPhoneやiPadをiTunesに接続しようとするたびに警告が表示されると報告しています。 この警告は、通常「iTunesがiPhoneに接続できませんでした」または「不明なエラーが発生しました(0xe8000084)」と表示されます。 これには、以下を含むいくつかの理由が考えられます。

  • 破損したUSBケーブルまたはポートにより、iTunesでデバイスを認識できない。

  • お使いのiTunesのバージョンが古く、iPhoneまたはiPadと互換性がない。

  • iPhoneまたはiPadとiTunesの間のネットワークが不十分。

  • システムのバックグラウンドで実行されているプロセス間の競合。

iTunesのエラー0xe8000084の理由が何であれ、このエラーを簡単に修正することができます。この記事では、その問題を解決する方法を説明します。  

以下の方法を試す前に、別のUSBケーブルまたはポートを使用して、ハードウェアの問題を解決してください。

ワンクリックでiTunes 不明なエラー0xe8000084を修正

手動でiTunesのエラー0xe8000084を修正するのはかなりのストレスです。iMyFone TunesFixを信頼し、ワンクリックで簡単にエラーを取り除きましょう。  

TunesFixはiTunesのすべての問題とエラーを簡単に修正できる優れたiTunes修復ツールです。不明のエラー0xe8000084はTunesFixにとっては小さなエラーです。TunesFixを実行して、iTunesを簡単に修正しましょう。

無料で試す

TunesFixがiTunesのすべてのエラーと問題を修正:

  • iTunesの接続エラーを修復(iTunesがこのiPhoneに接続できない、エラー0xE、無効な応答、値が見つからないなど)

  • iTunesのインストール/アップデートの問題を修正(エラー2503,2,127,126、iTunes / iTunesHelperが正しくインストールされない、Appleモバイルデバイスサービスの起動に失敗した、権限が不十分など)

  • バックアップ/復元エラーを解決(エラー14,3194,39,3212,2009,3004など)

  • その他のiTunesの問題を修復(エラー1004,1611,4005,3014,9006、iOSアップデートエラー、iOS復元の問題など)

「失敗したデバイス検出モードを修復」は、iTunesエラー0xe8000084を解決するのに役立ちます。次の手順により、ワンクリックで永久にエラーを取り除くことができます:

ステップ1:iMyFone TunesFixを起動すると、iTunesと必要なコンポーネントが自動的に検出されます。iTunesまたはコンポーネントが破損している場合は、修復を選択することができます。  

修復後、iTunesがお使いのiPhoneに接続できるかを確認してください。 そうでない場合は、以下の手順に従ってください。

TunesUp screenshot

ステップ2:ホームページに移動します。このページでは、iTunesの問題を解決するためのすべてのオプションが表示されます。“Repair iTunes Connect Issues”「iTunesの接続エラーを修復」モードをクリックします。

TunesUp screenshot

ステップ3:“Repair”「修復」をクリックしてプロセスを開始します。 これが完了すると、iTunesが正常に動作します。

TunesFixはiTunesのパフォーマンスを改善します。

iMyFone TunesFixを使用すると、iTunesデータを消去し空きスペースを増やし、iTunesのパフォーマンスを改善することもできます。

  • 不要を一掃:iTunesから不要なファイルを消去して、キャッシュ、クッキー、ログ、一時ファイルなどの迷惑メールなど大量の容量スペースを解放し、iTunesを高速化します。

  • iOSバックアップを削除: iPhone用のサードパーティプログラムを使用すると、多くのiOSバックアップがパソコンに知らない間に残されます。 TunesFixを実行すると、iTunesまたはサードパーティ製のソフトウェアで作成された古い バックアップを削除できます。選択しながら、またはまとめて削除することができます。

  • 使用済みソフトウェアアップデートの削除:iTunesアップデートまたはiOSアップデート中に残ったソフトウェアアップデートを削除できます。

iTunesと関連コンポーネントをアンインストールしてから再インストール

「iTunesがiPhoneに接続できなかったため、不明のエラー0xe8000084が発生しました。」エラーを修正するには、iTunesとその関連ソフトウェアコンポーネントを完全にアンインストールしてから、最新のiTunesを再インストールすることもできます。 

iTunesとコンポーネントを手動で1つずつアンインストールすることも、TunesFixの“Full Uninstall” 「フルアンインストール」を利用することもできます。「フルアンインストール」は、すべての手動アンインストールジョブをワンクリックで完了させます。

TunesUp screenshot

ステップ1:iMyFone TunesFixを起動すると、自動的にiTunesが検出されます。

テップ2:iTunesが正常な場合、ホームページが表示されます。“Full Uninstall”「フルアンインストール」をクリックし、“Uninstall”「アンインストール」ボタンをタップすると起動します。 

完了したら、“click here”「ここをクリック」をタップしてiTunesの最新バージョンまたは古いバージョンをインストールできます。

Windowsで手動でiTunesエラー0xe8000084を修正

デバイスに接続するパソコンにWindowsオペレーティングシステムがある場合、こちらにエラー0xe8000084を解決する方法があります。次の手順を用いて、エラーを修正できます。

ステップ1:Appleデバイスをパソコンに接続し、iTunesを終了します。

ステップ2:キーボードの「Alt + Ctrl + Del」キーを同時に押して、タスクマネージャを選択します。

ステップ3:タスクマネージャが開いたら、プロセスをイメージ名でソートし、「Apple」で始まるすべてのプロセスを終了します。 プロセスを終了するには、プロセスを右クリックして、「プロセスの終了」または「タスクの終了」を選択します。 この手順を完了するには、「AppleMobileDeviceHelper.exe」プロセスを終了してください。

TunesUp screenshot

ステップ4:キーボードの「Win + R」キーを同時に押して、実行コマンドを開きます。

ステップ5:実行コマンドが表示されたら、テキストボックスに次のコマンドをコピーして貼り付けます。

  • 32ビットオペレーティングシステムを使用している場合は、以下のコマンドをコピーして貼り付けます。 "%ProgramFiles%¥Common Files¥Apple¥Mobile Device Support¥AppleMobileDeviceHelper.exe"。

  • 64ビットオペレーティングシステムを使用している場合は、以下のコマンドをコピーして貼り付けます。 "%ProgramFiles(x86)%¥Common Files¥Apple¥Mobile Device Support¥AppleMobileDeviceHelper.exe"

ステップ6:エラーが修正されたかを確認するためにこれを実行後、iTunesを開きます。 通常、この手順を正しく実行すると、エラー0xe8000084は解決されます。 しかし、エラーはまだ残っている可能性があり、パソコンに詳しい方であれば、この方法は役に立ちますです。そうでなければ、少し難しいかもしれません。