誤ったiCloudのパスワードでiPhoneを削除しようとするといろんな問題が起こり得りますが、AppleIDのパスワードを忘れるとすべてが面倒なことになります。iCloudのパスワードを忘れたということは、iTunesストア、iCloud、Appleプレイ、出荷時設定やその他のAppleサービスにアクセスできなくなることにもなります。 AppleIDを回復、あるいはiCloudのパスワードをリセットするには、どのセキュリティー手段のタイプを選ぶかに基づいて本人確認をする必要があります。

  1. Eメール、パスワードとセキュリティー上の質問

  2. 2要素認証

  3. 2段階確認

上記の確認方式はいずれも思うほど簡単ではありません。したがって、「iCloudのパスワードを使わずにiPhoneを削除する方法」について調べ、以下の文章でその結果を紹介したいと思います。

第一部:iCloudのパスワードを使わずにiPhoneを削除する方法(iOS 12対応)

iMyFone Umate Pro iPhone Data Eraserは、AppleのiOSの遅れや効率の悪さ(データセキュリティー、データ復元の可能性、ファイルの選択的・まとめ削除がない、iOSの遅れや停止、Apple IDのパスワードを回避できない、iPhoneの機密・個人ファイルを削除する際の危険性など)に対する最良のモバイル解決法です。 すでに削除したファイルを検索し、復元を避けるためにより複雑な上書きをして消去することもできます。以下が、iCloudのパスワードを使わずにiPhoneを削除する際、iMyFone Umate Pro・iPhoneデータ削除アプリの使い方のオプションです。

無料で試す無料で試す

  1. 全データの削除:Umate Proを使って現存・削除されたiOSデータを永久削除することができます。iCloudのパスワードも自動的に回避することができます。

  2. 現存データの削除:このオプションでは、メッセージ、通話履歴、写真、動画、WhatsAppデータなど、ほぼすべてのiOSデータを選択的に削除することができます。選択した個人データを完全に上書きすることで、他のどのデータ復旧ツールからも個人データを取り戻されることはありません。

  3. 削除データの消去:データ復旧ツールを使って削除ファイルを復元するのは可能ですが、Umate Proはすべての削除記録を探し、復元不可能にします。

iCloudのパスワードを使わずにiPhoneを削除する手順

注意:iCloudのパスワードを使わずにiPhoneを削除するには、まず「iPhoneを探す」機能がオフになっていることをご確認ください。

ステップ1:PCにUmate Pro・iPhoneデータ削除アプリを起動し、iPhone/アイパッドを接続します。

ステップ2:希望の削除モードを選びます。ここでは例として「個人データの削除」を使います。

Erase iphone data

ステップ3:セキュリティーレベルを選びます:簡単削除、中レベル(推奨)、高レベルがあります。

erase iphone wihtout password

ステップ4:「今すぐ削除」をクリックし、削除を開始します。

umate pro iPhone data eraser

Umate Pro・iPhoneデータ削除アプリをなぜ選ぶか

Umate Proは、様々な特徴と利点をもつデータ削除ツールです。Umate Proがより良いiOS体験を提供するのにいかに便利で重要かということを理解してもらうために、以下にいくつかの特徴を挙げます。

  • 復元ができないようにiPhoneデータを削除:Umate Proは、プライバシーを守るためにiPhone、アイパッド、アイポッドのデータを復元できないように削除します。すべてのタイプのiOSデータを削除することができます。

  • サードパーティーアプリを削除:WhatsApp、WeChat、フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、Kik、スナップチャット、Viberなどのサードパーティーアプリは、iPhoneが被る主なセキュリティー侵害の源です。Umate Proを使って永久削除できます。

  • 削除されたiOSデータを消去:機密ファイルをiPhoneで削除することはリスクを伴います。というのも、これらのファイルは簡単に復元できるからです。幸いUmate Proは、削除ファイルの形跡をスキャンし、復元できないように完全に削除することができます。

  • iCloudのパスワードを使わずにiPhoneを削除:iCloudのパスワードを使わずにiOSのデータを削除することができないでしょうか?ご心配なく、Umate Proは、いかなる形のiPhoneデータもiCloudのパスワードを使わずに削除できます。

第二部:iPhoneでiCloudのロックを解除する方法

iCloudのロックは、iPhone盗難を防ぐための良い機能です。しかし、Apple IDの詳細にアクセスできなくなったり、中古のiPhoneを買ったときに厄介なことがあります。たとえばこんなシナリオがあります。高価な中古iPhone6Xを買ったけれども、あいにく前の所有者のiCloudのログイン情報を設定に要求されます。しかし、それをどうやって入手できるかわからない、あるいは前の所有者に聞いても教えてくれません。それならどうすればいいでしょうか?以下の手順に従ってiPhoneでiCloudのロックを解除できます。

ステップ1:PCかマックで、お使いのiPhoneに合ったiCloud解除ツールを探します。

ステップ2:この段階で、与えられた欄にEメールとIMEIを入力しなければなりません。

ステップ3:利用規約に合意し、解除を押します。プロセスが終わったら、iCloudのロックは解除されます。

Unlock iCloud Lock on iPhone

第三部:iPhoneでiCloud有効化ロックを削除する方法

iPhoneでiCloud有効化ロックを削除するには、iPhoneの前の所有者に連絡を取り、デバイスを有効化する手助けをしてもらう必要があります。2通りの状況があります:iPhoneが出荷時設定リセットの場合とiPhoneが出荷時設定リセットでない場合です。

1iPhoneが出荷時設定リセットの場合

iPhoneが完全に削除されている場合、前の所有者に連絡して、iPhoneでiCloud有効化ロックを削除する方法として以下のステップを伝える必要があります。

ステップ1:iCloudにログインし、「電話を探す」をクリックします。

ステップ2:「すべてのデバイス」をクリック>デバイスを選択>「アカウントから削除」をクリックします。 iPhoneを再起動し、使い始めます。

Delete iCloud Activation Lock on iPhone

2iPhoneが出荷時設定リセットでない場合

iPhoneにまだ前の所有者の個人内容がある場合、前の所有者に連絡し、以下の手順でiPhoneでiCloud有効化ロックを削除する方法を伝える必要があります。

ステップ1:iCloudにログインし、「電話を探す」をクリックします。

ステップ2:「すべてのデバイス」をクリック>デバイスを選択します。

ステップ3:「iPhoneを削除」をクリックし、iOSデバイスデータが完全に消されるまで「次」をクリックし続けます。

ステップ4:「アカウントから削除」をクリックします。

Delete iCloud Activation Lock on iPhone

iPhoneを再起動し、使い始めます。

第四部:iOS 7でパスワードを使わずにiCloudのアカウントを削除する

Appleが最初にiOS 7を導入したとき、ユーザーがパスワードを使わずにiCloudのアカウントを削除できるような小さなバグがありました。AppleはiOS 7.1の導入でこのバグを直しましたが、まだiOS 7を持っている場合、以下の手順に従って、パスワードを使わずにiCloudのアカウントを削除します。

ステップ1:「アプリ設定」>「iCloud」>「iCloudのアカウント」をクリックします。

ステップ2:パスワードの欄に適当な番号を入力し、「終了」をクリックします。

ステップ3:iCloudが情報を確認しようとし、ユーザー名かパスワードが誤っていますと知らせます。「了解」、そして「キャンセル」をクリックします。

ステップ4:「アカウント」をクリックし、「詳細」入力を削除します。「終了」をクリックします。

ステップ5:この時点で、パスワードを聞かれずにiCloudのメインページが表示されます。

ステップ6:この時点で、スクロールダウンして「アカウント削除」をクリックします。iCloudのアカウントを削除することの影響を知らせる通告が表示されます。

ステップ7:再び「削除」をクリックします。また別のポップアップメッセージが出てきて、iPhoneのデータを残したいか消したいかを聞かれます。希望のほうを選びます。