アップデートしても、iOS 12には多くのバグや問題があります。最も厄介な問題の1つは、システムストレージのバグです。このバグの原因は、iOS 12が以前のバージョンよりも比較的多くのストレージを使用することにより、ストレージの使用量が急激に増加し、特別な理由がなくても不具合が生じる可能性があります。実際には、iPhone 6S、iPhone 7/7 Plus、iPhone 8/8 Plus、iPhone XなどのすべてのiPhoneモデルがこの問題を報告しています。 iPhone上に毎日の作業を実行するのに十分な容量が必要です。そのため、この問題を迅速に解決することを強くお勧めします。幸いにも、利用可能な多くの対処法があります。

iOS 12 システムストレージバグを修正する方法

以下の方法をお試しください。

1. iMyFone Umate Proを使用する

iMyFone Umate Proは、iOS 12を実行しているデバイスの空き容量を増やすツールの1つです。Umate Proは、アイデバイス向けに設計されたプロフェッショナルなデータ消去ソフトウェアです。これには、デバイスから永久にあらゆる種類のデータを消去できる高度な機能が備わっています。さらに、1-Click Free Up Space(1クリックフリースペース)モードは、iOSユーザーの不必要なデーターを削除して、デバイスをより速く実行できるように特別に設計されています。Umate Proのこのモードを使用して、iOS 12システムストレージのバグを解消する必要があります。

Umate Pro iphone data eraser

100万以上のダウンロード

主な特徴

  • 1クリックフリースペースモードで容量の空きをすばやく増やします。デバイスのパフォーマンスも大幅に向上します。

  • デバイスからあらゆる種類のデータを永久に、簡単に消去します。

  • 写真、メモ、音楽、ビデオ、通話履歴、メッセージ、連絡先などのプライベートデータを、個人用データの消去モードで永久に消去します。

  • すでにデバイスから削除したファイルを完全に消去することもできます。

  • 削除されたファイルを消去するモードは、プライバシーを保護する意味で非常に効果的です。

無料で試す無料で試す

iPhoneのストレージの空きを増やす手順:

ステップ1:互換性のあるライトニングまたはUSBケーブルを使用して、デバイスをパソコンに接続します。

1-Click Free Up Space

ステップ2:Umate Proを起動し、ソフトウェアのホーム画面から1-Click Free Up Space mode 「1クリックフリースペースモード」を選択します。

quick scan

ステップ3:次の画面に表示されているQuick Scan button「クイックスキャン」ボタンをクリックします。 Umate Proはデバイスをスキャンし、次の画面で結果のリストを表示します。

clean files

ステップ4:さまざまなタイプのデータのリストから、各データタイプの前にあるClean「クリーン」ボタンを使用して、すばやく消去して空き容量を増やします。

2. iPhoneの空き容量を増やすその他の方法

iPhoneの空き容量を増やすいくつかの方法は次のとおりです。

a.デバイスを再起動する

デバイスを再起動することは、iPhoneの高いストレージ使用状況を改善するシンプルで効果的な対処法です。 再起動するとラムがクリーンアップされ、キャッシュやその他のデータも消去され、結果としてデバイスが高速化され、空き容量が増えます。

デバイスを再起動するには、次の手順に従ってください。

ステップ1:デバイスの電源ボタンを押し、画面上にスライダーが表示されるまで押し続けます。

ステップ2:スライダーをドラッグします。デバイスの電源が切れます。

テップ3:完全に電源がオフになったら、もう一度同じ電源ボタンを押してデバイスの電源を入れます。

注:再起動の方法は、デバイスモデルによって異なります。

b.自動メッセージの削除を設定する

デバイスでたくさんのメッセージを送受信すると、時間の経過とともに多くの容量が必要になります。 そのため、読んだメッセージを自動的に削除するようデバイスを設定することをお勧めします。

次の手順に従ってください。

ステップ1:デバイスで、設定アプリを開きます。

ステップ2:「メッセージ」> 「メッセージを保存」に移ります。

ステップ3:画面の指示に従って、メッセージの保存期間を30日間に設定します。

c.未使用のアプリを取り除く

これは、使用していないアプリをデバイスから自動的に削除するiOS 12の便利な機能です。ストレージが不足している場合は、この機能を使用して空き容量を増やすことができます。

次の手順に従ってください。

ステップ1:デバイスの設定アプリを開きます。

ステップ2:「iTunesとApp Store」に移動します。

ステップ3:「未使用のアプリを取り除く」をオンにします。

d.Safariのキャッシュを削除する

Safariのキャッシュは、特にWebをたくさん閲覧する場合に、多くのスペースを占める可能性があります。Safariキャッシュを削除すると、スペースをすばやく確保できます。

次の手順に従ってください。

ステップ1:デバイスの設定アプリを開きます。

ステップ2:Safariに移動し、「履歴とウェブサイトのデータを消去する」オプションを選択します。


まとめ

iOS 12のシステムストレージのバグは本当に面倒ですが、幸いにも問題に対処する方法があります。デバイスのストレージをすばやく解放するには、iMyFone Umate Proの1クリックフリースペースモードを使用することをお勧めします。問題が解決しない場合は、この記事に記載されている他の対処法を試してみてください。