新しい電話を買ったけれど、前の所有者がiCloudのアカウントから電話を削除していませんでしたか?自分のiPhoneを復元しようとしているのですが、iCloudのパスワードを忘れてしまい、通常のやり方を使わずに復元したいですか?ならば、iPhone/iPadの有効化ロックをどのように削除するのでしょうか?以下で詳細に説明します:

iPhone/iPadの有効化ロックを削除する3つの方法

1. iPhone/iPadの有効化ロック削除オンラインサービスの使い方

上記の方法で有効化ロックを通り抜けたくない場合は、特別なサービスを使って解決できます。以下の方法で、オンラインでiCloudの有効化ロックを削除することができます。

ステップ 1.officialiphoneunlock.co.ukに行くと、いろんなサービスのリストが見えます。

ステップ 2. iCloud解除というところをクリックします。

officialiphoneunlock

ステップ 3. 次にお使いの電話のモデルを選び、IMEIか製造番号を入力し、手数料を少し払って電話を解除します。数日後にiCloudのアカウントが解除されます。

2. バイパスツールを使ってiPhone/iPadの有効化ロックを削除する方法

サービスにお金を払いたくなければ、iPhone有効化ロック削除用の専用ソフトを使うこともできます。いくつかの種類のアプリが存在します。基本的に以下のように使います:

ステップ 1. コンピューターにロック解除ソフトをダウンロードし、起動します。(iCloud有効化バイパスツール・バージョン1.4がお勧めです。)

ステップ 2. コンピューターにiPhoneを接続し、プログラムを開きます。

Activation Lock Removal with Bypass Tool

ステップ 3. ソフトウェアが自動的にIMEI番号をスキャンします。

ステップ 4. iCloud有効化バイパスツール・バージョン1.4の場合、「有効化ロックをバイパスする」をクリックするだけで、アップルのサーバーに接続し、iCloudのアカウントに繋がっているデバイスを削除し始めます。

ステップ 5. 終わるまで電話を抜かずに待ちます。終わったら電話を再起動します。

Activation Lock Removal with Bypass Tool

プロセスが終わったら、iCloudのロックが永久削除され、デバイスを使うのにiCloudの有効化を必要としません。

3. DNS方式を使ってiPhone/iPadの有効化ロックを通り抜ける方法

違うDNSサーバーにデバイスを向けることで有効化ロックを通り抜けることもできます。このやり方で、一時的にiCloudの有効化ロックを通り抜けることができます。以下がそのやり方です:

ステップ 1. 有効化画面で、ホームボタンを押します。  

ステップ 2. WiFi設定に行き、丸で囲まれた小文字のiをタップします。  

ステップ 3. iCloudをバイパスできる新しいDNSサーバーのアドレスを入力します。(接続するのに安全でいいDNSをオンラインで見つけることができます。)  

ステップ 4.次に、戻る>終了>有効化ヘルプをタップします。

ステップ 5. サーバーに接続したというメッセージが表示されるはずです。画面トップにあるメニューアイコンをタップします。

これで電話内のアプリにアクセスできるようになるはずです。  以上すべてが、iCloud有効化ロックを通り抜けるのに有効な方法です。それぞれ特定の状況にうまく使えるものなので、それに合わせてお使いください。

おまけ:個人情報保護のためにiPhoneを完全削除/リセットする方法

iMyFone Umate Pro iPhone Data Eraserを使って、iPhoneを完全リセットでます。このソフトを使うと、お使いのiOSデバイスからデータを永久削除でき、その情報は100パーセント復元不可能です。iPhoneの出荷時設定を直接使うと、データはロックされるだけで、ハッカーがその情報を解除する可能性がありますが、Uメート・プロの場合は、データを完全に上書きし廃棄するので、確実に誰も(FBIでさえも)取り戻すことができません。

無料で試す無料で試す

Umate Pro iPhoneデータ削除ソフトの主要機能:

  • 個人データを削除し、100パーセント復元不可能にします。電話を失くしたり盗まれたりしてもハッカーから個人情報を復元されることはありません。

  • サードパーティーアプリ(WhatsApp/WeChat/Kik/Viber/Snapchatなど)によって電話の中に残される個人情報の破片を永久削除します。

  • 手動で削除したけれどもデバイスの記憶域に知らずに残っているファイルを探し、永久削除します。

  • デバイス内で多くの容量を占めている隠されたジャンクファイルや一時ファイルを検索し、削除します。

iPhoneを復元の可能性なく永久リセット/削除する手順

注意: iPhoneやiPadを永久リセットするには、まずデバイスの「iPhoneを探す」機能が無効化されていることを確認してください。

ステップ 1. コンピューターにiMyFone Umate Pro・iPhoneデータ削除ソフトをダウンロードし、起動します。デバイスをPCかMacに繋ぎ、Umate Proを開きます。

ステップ 2. 左のサイドバーの「すべてのデータを削除」というところをクリックします。画面の中心にある「削除する」というところをクリックします。すべてのデータを削除したくない場合は、他の削除モードを選んでください。

Erase All Data

ステップ 3. 次にセキュリティーレベルを選びます。セキュリティーレベルとは、データにスクランブルをかける度合いのことです。たとえば、一番低い設定では、ハッカーはデータを復元することはできませんが、削除した記録を見つけることができるかもしれません。一番高いレベルでは、スクランブルをかけたデータを積み上げて、データ削除ツールを使ったことも隠します。

Erase All iPhone Data

ステップ 4. テキスト欄に「削除する」とタイプし、確認します。「今すぐ削除する」をクリックします。データが削除されるまでお待ちください。

erase all data

以上をもって、iCloudの有効化ロックを通り抜けることができる方法をすべて提供しましたが、それぞれ特定の状況に適しているので、それに合わせて使うようにしてください。また、この記事の終わりにおまけとして、iMyFone Umate Proを使ってデータを永久削除することで個人情報を保護する情報を載せています。その他何か質問がありましたら、コメント欄にメッセージを残すか、直接お問い合わせください。喜んでお助けいたします。