iPhoneユーザーがiPhoneからデータを消去する正当な状況は、さまざまな理由があります。必然性に応じてや、動作が鈍る、デバイスの容量がいっぱいなどの緊急事態の際に起こります。しかし多くの場合、問題はデータのプライバシーと守秘義務に関連しています。このような必要が生じる状況には:

  • iPhoneを販売して最新機種を購入する

  • 会社のiPhoneを返す

  • デバイスを新しい状態に復元する

  • パフォーマンスの向上と空き容量の確保

  • 消し去りたいものがある(消したと思っても残っているデータ)

1. パスワードなしでiPhoneを永久に消去 - すべてのデータは100%回復不可能!

iMyFone Umate Pro iPhone Data Eraserは、サードパーティのアプリのチャットを含む、iPhoneデータの復旧を永久に不可能にします。通常の工場出荷時リセットとは異なり、iMyFoneはすべてのデータが完全に消去し、消去されたデータはFBIやハッキングツールでも100%回復できないため、個人情報を保護します。

iMyFone Umate Pro iPhone 消去ツール

Umate Pro iphone data eraser

100万以上のダウンロード

  • データを100%回復不能にする:Umate Proによって消去されたデータは、回復ツールでも回復できません。

  • 以前に削除されたファイルも消去:このオプションは、以前に削除されたファイルを検索し、永久に削除します。

  • プライベートデータの消去:写真、ビデオ、テキスト、通話履歴、インターネット履歴、アカウントやパスワード、銀行情報などすべてのプライベートファイルを削除します。

  • サードパーティのデータを消去:サードパーティのチャット(WhatsApp / WeChat / Kik / Viberメッセージと添付ファイル)をプレビューして選択的に消去することができる唯一のツールです。

  • 無料で試す無料で試す

パスワードなしでiPhoneデータを完全に消去する手順

注:パスワードなしでiPhoneを消去するには、まず「iPhoneを探す」がオフになっていることを確認してください。

ステップ1. iMyFone Umate Pro iPhoneデータ消去をパソコンにダウンロードします。 ダウンロードしたファイルを実行してインストールし、デバイス(iPhone、iPad、iPod touch)に接続します。

ステップ2. iPhoneのすべてのデータを消去する場合は、"Erase All Data"「すべてのデータを消去する」モードを選択します。特定のデータを消去したい場合は、以下の消去モードから選択してください。Erase Private Data「個人データの消去」、Erase Deleted Data「削除されたデータの消去」、Erase Private Fragments「プライベートフラグメントの消去」。

Wipe iPhone without Passcode

ステップ3. “Erase”「消去」をクリックし、次に"Erase Now"「すぐに消去」ボタンをクリックして、Apple IDとiCloud IDを含むiPhone上のすべてを消去します。

erase iPhone without Passcode

その有用性は、世界中のどの回復ツールによっても回復される可能性がゼロで、ファイルを永久に削除して消去する能力から来ています。また、手動でファイルを削除してから消去するという余計な負担もなくなります。

2. パスワードなしでiPhoneを消去する3つの方法 - データ復旧可能!

iPhoneのパスコードを忘れてしまっても大丈夫です。パスコードなしでリセットする方法があります。iTunes、iCloud、またはリカバリモードを使用して、パスコードなしでiPhoneをリセットすることができます。

1 iTunesでパスコードを使わずにiPhoneをリセットする

iPhoneは以前にiTunesと同期していなければなりません。 その場合は、次のようにします。

  1. iPhoneをパソコンに接続します。

  2. iTunesを開き、iTunesの左上隅にあるデバイスタブをクリックします。

  3. 完了したら、「iPhoneの復元」をクリックし、指示に従いパスコードなしでiPhoneをリセットします。

restore iphone

2 iCloudでパスコードを使わずにiPhoneをリセットする

  1. iCloud.com/findにログインし、ログインの詳細を入力します。

  2. ブラウザの上部にある「すべてのデバイス」を選択します。

  3. デバイスを選択し、「デバイスの消去」をクリックしてデバイスとそのパスコードを消去します。

  4. デバイスをバックアップから復元することができます。

iCloud erase iPhone

3 リカバリーモードでパスコードを使わずにiPhoneをリセットする

  1. デバイスをパソコンに接続し、iTunesを開きます。

  2. 接続している状態で、上記の説明の通りに「リセット」を行います。

  3. この場合「復旧モード」画面が表示されるまで放置しないでください。

  4. パソコンで「復元」を選択します。

  5. プロセスが開始されてから、15分以内に完了します。

iCloud Reset iPhone

手動リセットの欠点

iPhoneのリセットは、パスコードなしでデバイスデータを消去することもできますが、短所もあります。何故でしょう?

  • 最も重要な理由は、iOSで削除されたファイルやデータを、強力な復元ツールを使用して復元できることです。これは、当初の目的、データを消去する目的に反するものです。

  • 間違ったオプションを選択すると、手動でリセットすることが複雑になる可能性があります。

ボーナス:パスコードでiPhoneをハードリセットする方法

ハードリセットとは、デバイスの再起動や、何かの異常時に強制的に再起動することです。通常、ゲーム中にデバイスが固まったり、デバイスの動きが遅くなったり、不満足な端末の動作設定などを変更したりした時です。

hard reset iphone

iPhoneデータを消去するためにハードリセットを実行するのは非常に簡単です。Appleのロゴが画面に表示されるまで、iPhoneの上部にあるスリープ/スリープ解除ボタンを「ホーム」ボタンとともに押し続けます。これは通常、iPhoneの状態に応じて5〜20秒程かかります。iPhoneが正常に起動し、ホーム画面になるまでお待ちください。