「最近iPhoneを落としてしまって、今は5分間ほど充電して、再起動を繰り返しています。修理しようとしましたが、周りの人には無理だといわれました。私が知りたいのはiPhoneのデータを取り出すことができますか??」

実はこれは世界中のiPhoneユーザーがよくあったトラブルです。デバイスがどれだけ強力でも、衝撃に弱く、このようなことが起きると多くの人はデバイス上のデータの心配をしますよね。まずはiPhoneを修理に出しましょう。

もしデータの損失をせずにデバイスが修理できず、バックアップもなければ、デバイス上のすべてのデータを永遠に失ってしまうかもしれません。バックアップをiTunesまたはiCloud上にとっておけばデバイスが修理できなくてもiPhone用のデータ復元ツールが役に立つかもしれません。この記事ではそんなデータ復元ツールを紹介します。

安心安全、パワフルなiOSデータ復元ツール一iMyFone D-Back

iMyFone D-BackはiOSデバイス、iTunesやiCloudのバックアップからデータの閲覧とデータの復元を簡単にしてくれるツールです。このツールを使えば、iPhoneが壊れても、データの取り出しも可能になります。

データ復元ソフト

DL数8,000,000回突破

D-Backデータ復元ソフトのできること:

  • コンピューターに接続して、壊れたiPhoneから直接データを復元可能です。それ以外、iTunesやiCloudバックアップからデータを取り出して復元することができます。
  • バックアップの中身や内容に確認して、大切なデータを選択的に取り出し可能で、iPhoneが壊れても安心です。
  • 写真、連絡先、動画からLINEトーク履歴まで、22種類以上のデータを対応しています。iPhone 12/mini/Pro/Pro MaxやiOS 14を含む、すべてのiOSデバイスとバージョンで使えます。
  • iPhoneの画面が真っ白/真っ黒で動かなくなり、或いは画面がフリーズするなどの一般的なiOSの問題を修復できます。
  • 無料体験版を提供しており、プレビュー機能で取り出したいデータがあるかどうかをチェックできます。

無料で試す無料で試す

ツールを利用して壊れたiPhoneからデータを取り出す方法

以下はiMyFone D-BackでiPhoneまたはiCloudかiTunesのバックアップからデータを復元するためのチュートリアルです。パソコンにプログラムをダウンロードして以下の指示に従いましょう。

1直接壊れたiPhoneからデータを復元

直接「iOSデバイスからデータ復元」モードでiPhoneから直接データを復元しようとすることもできます。しかし、このモードはiPhoneをパソコンにつなげて、しかもそのiPhoneがパソコンに認識される必要があります。

2iTunesバックアップからデータを復元

ステップ1:ソフトをパソコンで起動し、メインウィンドウで「iTunesバクアップから復元」を選択し、「開始」をクリックします。

itunes バックアップ 復元

ステップ2:表示されたバックアップリストを指定して、復元したいものを選んで、「スキャン」をクリックします。

バックアップファイル スキャン

ステップ3:スキャンが完了したら、復元したいデータを閲覧して選択し、「リカバリー」を選択してパソコン上の好きな場所に保存しましょう。

復元 完了

3iCloudバックアップからデータを復元

ステップ1:メインウィンドウから「 iCloudバクアップから復元」を選択し、「開始」をクリックします。

iCloudアカウント サインイン

ステップ2:次はiCloudアカウントにログインしましょう。表示されたバックアップファイルから、復元したいものを選んで、「スキャン」をクリックしましょう。

ファイル種類の選択

ステップ3:スキャンが完了したら、復元したいデータを閲覧して選択し、「リカバリー」をクリックしてパソコン上の好きな場所に保存しましょう。

iCloudバックアップ復元

iMyFone データ復元ソフトをダウンロードして自分の大事なデータを見つけましょう!

無料で試す無料で試す