「最近、iPhoneに故障が発生しました。修理しようとしましたが、周りの人には無理だといわれました。私が知りたいのはiPhoneのデータを取り出すことができますか?」

実はこれが世界中のiPhoneユーザーがよくあったトラブルです。デバイスがどれだけ強力でも、衝撃に弱く、このようなことが起こると多くの人はデバイス上のデータを心配しますよね。

壊れたiPhoneからデータを復元

心配しないでください!もしiTunes/iCloudでバックアップしたことがあれば、iTunes/iCloudバックアップからデータを復元することができます。今回はその操作法を詳しく紹介します。お役に立てば幸いです。

Part 1.iTunesバックアップで壊れたiPhoneからデータを復元

もし平日にiTunesでiPhoneのデータをバックアップしたことがあれば、iTunesバックアップで壊れたiPhoneからデータを復元することができます。公式の方法でiTunesバックアップからデータを復元することもできますが、バックアップにある全てのデータを一緒に復元します。

しかも、現存するデータを上書きしてから復元するので、おすすめしません!今日、パワフルなiOSデータ復元ツール ー iMyFone D-Backを利用してiTunesバックアップをプレビューしてから復元する方法を紹介します。

安心安全 パワフルなiOSデータ復元ツール

  • iTunesやiCloudバックアップからデータを取り出して復元することができます。
  • バックアップの中身や内容に確認して、大切なデータを選択的に取り出し可能で、iPhoneが壊れても安心です。
  • 写真動画連絡先から メモまで、18種類以上のデータに対応しています。
  • iPhone 14/Plus/Pro/Pro MaxやiOS 16を含む、すべてのiOSデバイスとバージョンで使えます。
データ復元ソフト

DL数8,000,000突破

▼iTunesバックアップからデータを選択的に復元する手順

データを復元す前に、まず上記のボタンで無料版のソフトをダウンロードしておきましょう。また、復元先のiPhoneを用意しておきましょう!

もし、iPhoneに復元したくない場合、このソフトを利用してiTunesバックアップのデータをお使いのパソコンに復元することも実現できます。

ステップ1:ソフトをパソコンで起動し、メインウィンドウで「iTunesバックアップからリカバリーする」を選択し、「開始」をクリックします。

iTunes バックアップ 復元

ステップ2:表示されたバックアップリストを指定してから、復元したいデータ種類を選んで、「スキャン」をクリックします。

バックアップファイル スキャン

ステップ3:スキャンが完了したら、復元したいデータを閲覧して選択し、また、自分の状況に応じて「デバイスに復元」または「PCに復元」を選択したらいいです。

PS:もし「デバイスに復元」を選択したら、選んだデータは直接復元先のiPhoneに復元できます。とても便利ですよ。しかし、この機能を使うには、復元先のiPhoneを用意してからパソコンに接続しなければなりません。

復元 完了

Part 2.iCloudで壊れたiPhoneからデータを復元

Part 1の部分ではD-Backを使って、iTunesバックアップからデータを選択的に復元する方法を紹介します。これから、このソフトを使ってiCloudからデータを選択的に復元する方法を紹介します。

ステップ1:メインウィンドウから「iCloudからリカバリーする」を選択し、左側の「iCloud」をクリックします。

iCloud 選択

ステップ2:次はiCloudアカウントにログインしましょう。表示されたバックアップファイルから、復元したいものを選んで、「スキャン」をクリックしましょう。

iCloud ログイン

ステップ3:スキャンが完了したら、復元したいデータを閲覧し選択してから、「リカバリーする」をクリックしてパソコン上の好きな場所に保存しましょう。

iCloudから復元


最後に

本記事では、壊れたiPhoneからデータを復旧する方法を紹介してきました。いかがでしょうか?

iOSデータ復元に専用ソフトを利用して、iCloud/iTunesバックアップからデータを選択的に復元する裏ワザを分別的に解説します。

壊れたiPhoneに大事なデータを保存している方は、ぜひ下記ボタンによって無料版ソフトをダウンロードしてデータを守りましょう。