app_store

[完全ガイド] iPhoneの写真金庫の写真を復旧するに知るべきこと

金庫アプリで写真を誤って削除しまいました。復旧できますか?バックアップはしていません!写真を取り戻すチャンスはありますか?誰か助けて!

– Emma

写真金庫アプリは、iOSデバイスに保存されている写真やビデオのプライバシーを保護する仮想金庫です。この種のアプリでは、パスワードで写真やビデオを保護し、誰もそれらのファイルをオープンできないようにすることができます。2011年に発表されたPrivate Photo Vaultは、この種のアプリの1つです。それから、ユーザーの高度な要求を満たすために、このアプリは何回もアップデートされました。

一部のiPhoneユーザーは「バックアップしていない場合、iPhoneの写真金庫アプリで削除された写真をどう復旧しますか?」と質問します。この質問は、写真を誤って削除した時によく聞かれます。この文章の目的は、写真金庫の復旧が可能かどうか、およびその方法を説明することです。

あなたが試したことがあるなら、写真金庫アプリで削除された写真を復旧するのはかなり難しいことを分かりましたでしょう。しかし、この文章で説明した無料な方法は、削除した写真をiPhoneから復元することに役立ちます。すべての方法は非常に簡単ですので、IT専門家でない初心者でも実行できます。

さらに、この文章にて、iPhoneのデータ復旧を目的とした専門ツールを紹介します。ぜひこの信頼できるツールの無料版の使用し、あなたの役に立てるかどうかを確認してください。それでは、こちらの方法を見て、あなたにとって最適な方法を見つけましょう。

パート1:iPhone 11/XR/XS/XS Max/X/8/7/6/5にて写真金庫の復旧を行う

ここでは、iMyFone D-Back iPhone Data Recoveryソフトウェアを使用し、Photo Vaultアプリの復旧を実行します。 iMyFone D-Back などの専用ソフトウェアを使用することは、写真金庫の復旧を実行する最も信頼性が高くかつ効果的な方法と見なされています。まずはこのツールの主な機能を見ましょう。

  • 復元をせずに、写真を回復できます。

  • デバイスのバックアップせずに、写真を回復できます。

  • あなたのご要望に応じ、写真を選択的または完全的に回復できます。

  • iPhone、iPad、iPod touchなどのようなデバイスからデータを回復できます。

  • iTunes・iCloudによって作成されたバックアップからデータを回復できます。

  • WhatsApp、Viber、Contacts、写真、メッセージ、ビデオ、WeChatなど、22種類以上のデータタイプを回復できます。

  • すべてのiOSバージョンとiOSデバイスに対応します(例えばiOS 13/12.1/12/11、iPhone 11/XR/XS/XS Max/X/8)。

無料で試す無料で試す

選択肢1. iPhoneで写真金庫の復旧を行う

ステップ1: 最初のステップとして、iMyFone iPhone Data Recoveryソフトウェアをコンピューターにダウンロードしインストールしてください。そして、プログラムを起動します。まずは「iOSデバイスから回復する」を選択し、「開始」をクリックします。

Recover from iOS Device Tab

ステップ2: それから、写真金庫の復旧を実行したいデバイスを接続します。そのプログラムはデバイスの検出を開始します。プログラムが検出したら、「次へ」をクリックします。

connect your device

ステップ3: 回復したいファイルを選択してください。削除した写真を回復しようとしているため、それに応じて写真を選択してください。そして、「スキャン」オプションをクリックしてください。プログラムは、デバイスで削除されたデータの検索を開始します。

select data types

ステップ4: 回復する前に、データをプレビューすることができます。スキャンが終了すると、プログラムは回復可能なデータを全て表示します。このプレビューオプションは、復旧したいファイルを正確に復旧することに役立ちます。各タブをクリックし、あなたが必要とするファイルを確認します。もし削除されたファイルを復旧したいなら、「削除されたファイルのみを表示する」オプションに移動することもできます。ファイルの種類を決定したら、「回復」オプションをクリックします。

Preview File from iOS Tab

無料で試す無料で試す

特定の写真、複数の写真、又はアルバム全体が削除された場合、iOSデバイスの写真金庫アプリでそれらを表示することはできません。代わりに、以前に作成したバックアップからファイルを復旧する必要があります。幸い、Appleは紛失されたデータを復旧しようとしているiOSデバイスユーザーのために、iTunesバックアップ・iCloudバックアップという2つのオプションを用意します。

両方とも、既存のデータのバックアップを作成できます。さらに重要なことは、削除されたデータのバックアップにも時々役立てます。しかし、iCloudとiTunesに作成されたバックアップを復元する前に、中のデータをアクセスし表示することはできません。従って、貴重なデータを回復するために、専門的に設計された専用ツールは必要です。D-Backを用いれば、iTunesおよびiCloudのバックアップに保存されている既存のデータと削除されたデータを表示できます。

選択肢2. iTunesバックアップから写真金庫の復旧を行う

さて。iMyFone D-Backを使用して、iTunesバックアップから写真金庫の復旧を行う方法を見ましょう。

ステップ1: 「iTunesバックアップから回復する」タブにある「開始」ボタンをクリックします。

Recover from iTunes

ステップ2: そして、復旧したいiTunesバックアップを選択してください。それから、「次へ」を選択します。前にバックアップを暗号化した場合は、パスワードを入力する必要があります。

Select iTunes Backup

ステップ3: こちらで写真のデータタイプを選択し、「スキャン」を選択します。スキャンが完了するまでお待ちください。

select file types

ステップ4: スキャンが完了したら、回復可能なデータをプレビューできます。検索結果が表示されるので、それを参照して、回復したいものだけを選択することができます。そして、「回復」オプションを選択してください。

Preview File from iTunes Tab

無料で試す無料で試す

選択肢3. iCloudバックアップから写真金庫の復旧を行う

それでは、iCloudから写真金庫の復旧を行う方法を見ましょう。

ステップ1: 「iCloudから回復する」タブにある「開始」ボタンを選択します。

Recover from iCloud

ステップ2: あなたの資格情報を入力し、iCloudアカウントにログインします。iCloud Kitから写真カテゴリを選択し、「スキャン」をタップします。

log in to icloud account

recover from icloud backup

ステップ3: このソフトウェアは、写真を自動的にスキャンし始めます。

scanning

ステップ4: ここで回復する必要がある写真を選択し、「回復」を押します。残りの作業は、iMyFone D-Backに任せます。

Select the files you wish to recover

無料で試す無料で試す

このツールとiTunes/iCloudの相違点

difference between d back and icloud itunes

  • iMyFone D-Backは既存のデータを上書きしません。iTunesまたはiCloudから復元すると、現在のデータがすべて消去されます。

  • iMyFone D-Backを用いれば、iTunes・iCloudバックアップのコンテンツを見ることができます。iTunesとiCloudはそのようなことを許可しません。

: iMyFone D-Backを購入するのを決める前に、回復可能なデータをプレビューできます。

無料で試す無料で試す

パート2:iPhoneの写真金庫アプリに関するヒントとコツ

1. 写真金庫アプリのパスワードはどう回復できますか?

回復用メールアドレスを用い、パスワードを忘れたオプションを利用して、写真金庫アプリのパスワードを回復できます。

2. iPhoneをリセットしなければなりません。写真を復元するにはどうすれば良いですか?

最後に作成したバックアップを通じて写真を復元できます。iTunesやiCloudなどのツールを使用し、バックアップを復元できます。

3. 他の人は写真金庫アプリ内にある私の写真を見ることができますか?

写真金庫は、あなたの写真を誰とも共有しません。既存の写真をロックする方法の一つに過ぎません。言い換えれば、写真金庫アプリは、あなたの携帯電話にある画像をどこにでも移動せずにロックします。

終わりに

簡単ではありませんが、無料バージョンのiMyFone D-Backを試して、iPhoneで写真金庫の復旧を試してみることをお勧めします。データ損失の可能性を最小限に抑えるために、お持ちのiOSデバイスのバックアップを定期的に作成することを強くお勧めします。下にコメントを残し、アイデアを共有していただければ幸いです。