app_store

消去されたiPhoneから、どうやってデータを回復するのですか

「最近、iTunesでスマホを復元した後に全てのデータを失い、酷い立場に置かれてしまった。私のiPhone Xの全てのコンテンツが抹消された。バックアップはないです。そのiPhoneには、大事な連絡先とファイルが沢山あります。助けられる人がいますか?」

誤ってiPhoneを消去し、デバイス上の全てのデータを失いました。さらに悪いことに、バックアップがありませんので、データを取り戻すことはほぼ不可能になってしまいます。幸い、この文章では、サードパーティーのデータ回復ツール・iMyFone D-Backを紹介します。このツールは、消去されたiPhoneからデータを回復することに役立ちます。ただし、バックアップがない場合は、データを全てでなく一部のみ回復できる可能性があることにご注意ください。

パート1:バックアップ無しで消去されたiPhoneからデータを回復する

iMyFone D-Backは、iPhone、iPadおよびiPodからデータを復旧するために特製された、一流のデータ回復ソフトウェアの一つです。このソフトウェアはデータ復旧のために、4つのモードを提供します:スマート回復、iOSデバイスから直接回復、iTunesバックアップから回復、iCloudバックアップから回復。iMyFone D-Backは下記の示す通り、長所が多数あります。

  • 22種類以上のファイルに対応できます。文字メッセージ、連絡先、WhatsAppメッセージ、写真、ビデオ、メモ、ボイスメモ、Kikメッセージ、他多数…

  • 内蔵の高度な技術は、工場出荷状態への初期化、不慮の削除、脱獄などの様々な状況からデータを回復できます。

  • バックアップがない場合でも、iPhone/iPadを直接スキャンし、SQLiteデータベースにアクセスし、紛失したデータを復元できます。

  • また、iTunesとiCloudのバックアップファイルからデータを抽出および復元することもできます。

  • 削除されたデータを回復する前に、サムネイルをプレビューすることができます。

  • iOS 13/12/11/10/9/8を実行するiPhone・iPad・iPod Touchに全面的対応。

  • 簡単な操作と高い回復率により、iMyFone D-Backは信頼できるデータ回復ツールになりました。

無料で試す無料で試す

注意

消去されたデバイスのデータのバックアップを取っていない場合、データを取り戻すことは非常に難しいですが、iMyFone D-Backにチャンスを与えても損はしません。無料試用版は、デバイスまたはバックアップファイルをスキャンし、回復可能なファイルを確認できます。次の手順に従い、消去されたiPhoneからデータを復旧できるかどうかを確認しましょう。

ステップ1: iMyFone D-Backをダウンロードしインストールします。デスクトップからアプリケーションを起動します。

data from wiped iphone restore

ステップ2: バックアップファイルがありませんので、左ペインから「iOSデバイスから回復」を選択します。始めに、「開始」ボタンをクリックしてください。そして、消去したiPhoneから回復したいデータのファイルタイプを選択します。全てのファイルタイプまたは重要と思われるファイルタイプを選択できます。その後、このソフトウェアは、iPhoneをコンピューターに接続するように求めるはずです。

retrieve data from wiped iphone

ステップ3: iPhoneをコンピューターに接続します。接続が検出できたら、「スキャン」ボタンをクリックし、本ソフトがデバイスをスキャンするのを許可します。スキャン完了の後、iMyFone D-Backは、下図に示すように、全ての回復可能なデータを表示します。「削除されたファイルのみを表示」を選択すると、削除されたコンテンツのみをプレビューできます。それから、回復したいファイルを選択し、「回復」ボタンをクリックします。

restore data from wiped iphone

ステップ4: 回復されたファイルを保存するコンピューター上の場所を選択し、復元プロセスが完了するまで待ちます。

パート2:iTunes/iCloudバックアップから消去されたiPhoneでのデータを回復する

定期的にバックアップを行う習慣がありましたら、おめでとう!あなたは、消去されたiPhoneからデータを取り戻す良いチャンスを持っています。iTunes/iCloudバックアップを復元することにより、失われたデータは簡単に回復できます。従来の方法の代わりに、次の3つの理由より、iMyFone D-Backを使用することをお勧めします。1. 復元後のデータ損失を招きません。2. データを選択的に回復できます。3. 回復前にプレビューできます。次の手順に従い、iTunes/iCloudバックアップからデータを回復する方法を学びましょう。

1. iTunesバックアップから回復

ステップ1: アプリケーションを起動し、ソフトウェアウィンドウの左ペインにある「iTunesバックアップから回復」タブを選択します。

files  from wiped iphone recovery

ステップ2: バックアップから回復したいファイルの種類を選びます。回復したい紛失データを含むiTunesバックアップを慎重かつ正確に選択します。「スキャン」ボタンをクリックし、プロセスを開始します。スキャンが完了するまで数分かかります。

find data from wiped iphone

ステップ3: 検索結果では、画面に回復可能なデータを表示します。自分の需要に応じてファイルを閲覧しましょう。「削除されたファイルのみを表示」も選択できます。「回復」ボタンをクリックして、回復プロセスを開始します。

get data from wiped iphone back

新しいフォルダーを作成するか、既存のフォルダーを回復用パスとして指定します。iMyFone D-Backはデータを回復用フォルダーに保存します。その後、内容を確認してください。

2. iCloudバックアップから回復

ステップ1: 起動ウィンドウから「iCloudバックアップから復元」タブを選択します。回復したいファイルの種類を選択します。

data from wiped iphone restore

ステップ2: ウィンドウでiCloudアカウントの情報を入力します。その後、ソフトウェアは全てのiCloudバックアップ記録を検査します。回復したいデータを含むバックアップを選択します。「次へ」ボタンをクリックし、バックアップファイルをダウンロードします。

wiped iphone data recovery

ステップ3: スキャンが完了すると、画面に回復可能なデータが表示されます。ダウンロードしたいファイルをプレビューしてから、「回復」ボタンをクリックします。

data from wiped iphone recovery

アプリケーションに回復されたデータを保存するために、システム上の場所を選択してください。iMyFone D-BackがiPhoneのデータ回復を完了することを許します。あなたは削除されたファイルをすべて回復しました!めでたしめでたし。

注意

  1. Macユーザーはご注意ください:本ソフトをMacにダウンロードしてからすぐに実行可能ファイルをダブルクリックすることはお辞めください。複製を作成し、アプリケーションフォルダーにソフトウェアをインストールすることが重要です。

  2. iMyFone D-Backは、選択したファイルタイプのみをスキャンします。本ソフトは貴重な時間を大幅に節約できます。

工場出荷状態への誤ったリセット、iOSのアップグレード、またはその他の理由で貴重なデータを失う心配は、もうありません。iMyFone D-Back(iOS 13/12に完全対応)は、バックアップの有無にかかわらず、消去されたiPhoneからデータを回復するのに役立ちます。無料で試用して、データ復旧の旅を始めましょう!

thanks mail

無料で試す無料で試す