app_store
無料で試す
  • Win
  • Mac
  • iOS

「iPhoneのバックアップを暗号化がグレーアウト」問題を修正するためのワンクリック

iTunesのバックアップ暗号化は、不正アクセスからバックアップを保護できる便利な機能です。「iPhoneバックアップの暗号化」ボックスをチェックするだけで簡単に有効/無効にできます。ただし、まれにこのオプションはグレーアウトされてしまい、機能を設定する事ができなくなります。でも心配はいりません。「iPhoneのバックアップを暗号化する」のグレーアウトを修正する方法をこちらに記載します。

「iPhoneのバックアップを暗号化」がグレーアウトする原因

ご利用中のiPhoneにカスタム制限のあるプロファイルが設定されている場合、この問題が発生する可能性があります。カスタムの制限がバックアップの暗号化機能と競合することがあり、暗号化ボックスをオン/オフにするオプションがグレー表示されてしまい、暗号化をオン/オフにできません。

バックアップを暗号化するオプションが有効になっていても、この問題のために暗号化できないことがあります。カスタム制限のあるプロファイルは通常、学校や企業のデバイスに設定されています。さらに、Microsoft Exchangeアカウントがデバイスに設定されている場合にもこの問題が発生する可能性があります。

「暗号化されたiPhoneのバックアップがグレーアウト」問題の修正方法

iMyFone KeyGeniusで「iPhoneのバックアップをグレーアウト」する問題を修正する

iPhoneにプロファイルを保存したい場合は、この問題を解決するために専用のiTunesバックアップ暗号化削除ツールを使用する必要があります。

iMyFone KeyGenius は、ワンクリックでiTunesのバックアップの暗号化を解除し、「iPhoneのバックアップをグレーアウト」問題を解決するソフトウェアです。KeyGeniusは暗号化設定を削除するときにバックアップを消去しないため、安全に使用できます。

iMyFone KeyGenius

100万以上のダウンロード

主な特徴:

  • パスワードを使わずに「暗号化されたiPhoneバックアップがグレーアウト」問題をワンクリックで解決

  • iMyFone KeyGeniusは高度なアルゴリズムを使用して100%の復号化率を保証

  • 忘れてしまったiTunesのバックアップパスワードを迅速かつ効率的に回復

  • iTunesのバックアップロックを解除するための3つの方法を搭載、高い順応性を提供

Windows version Mac version

「iPhoneの暗号化バックアップがグレーアウト」を修正する手順

ステップ1.KeyGeniusをパソコンにダウンロードしてインストールし、起動します。iPhoneをパソコンに接続します。

ステップ2.ソフトウェアのメインインターフェイスから、「バックアップ暗号化設定の削除」をクリックしてください。

remove iphone backup encryption settings

ステップ3.デバイスがソフトウェアによって検出されていることを確認します。次に、「パスワードなしで削除」オプションをクリックします。

select removing method

iMyFone KeyGeniusはバックアップ暗号化設定の削除プロセスを開始します プロセスが完了するのを待ち、プロセスが完了したらソフトウェアインターフェイスの通知を見ます。 その後、「iPhoneのバックアップを暗号化する」がグレー表示されるという問題は解決されるでしょう。

remove backup encryption settings successfully

プロファイルを削除する

インストールされているプロファイルが原因で、この問題が発生しているので、カスタム制限を使用してプロファイルを削除することもできます。手順は次のとおりです。

  • iPhoneで設定アプリを起動します。

  • 一般>プロファイルに移動します。

  • プロフィールを削除オプションを見つけてタップします。

このステップの後、iTunesでiPhoneのバックアップを暗号化するオプションをオン/オフに設定できるようになっているはずです。

ボーナス: 暗号化バックアップについて知っておくべき情報

暗号化されたiTunesバックアップと暗号化されていないiTunesバックアップの違い

暗号化されたiTunesのバックアップと暗号化されていないiTunesのバックアップの主な違いは、暗号化されたバックアップは情報をロックして暗号化することです。さらに、暗号化バックアップには、暗号化されないバックアップには含まれない情報が含まれます。

  • 保存したパスワード

  • ウェブサイトと閲覧履歴

  • Wi-Fi設定

  • 健康データ

iTunesバックアップを暗号化する方法

iTunesのバックアップを暗号化する手順は簡単です。

  1. 互換性のあるUSBケーブルを使ってiPhoneをパソコンに接続します。 次に、iTunesを起動し、iTunesのインターフェイスの左上隅からiPhoneを選択します。

  2. 次に、「概要」>「バックアップ」セクションに移動し、「暗号化デバイスバックアップ」オプションをクリックします。

  3. 暗号化/復号化用のパスワードを設定しますので、画面の指示に従いパスワードを設定します。パスワードを確認すると、iTunesがバックアップ処理を開始します。

encrypted-iphone-backup

暗号化バックアッププロセスが完了したかどうかの確認方法

以下の手順に従い、暗号化バックアッププロセスが正常に完了したか確認します。

  • Windows PCの場合は、iTunesの「編集」>「設定」に移動します。

  • 次に「デバイス」タブをクリックします。バックアップがiTunesによって作成された日時と同様に、デバイス名の隣にロックアイコンが見えるはずです。バックアップが暗号化されていることを示しています。

itunes-preferences-device-backup-encrypted

まとめ

iTunesのバックアップ暗号化は、iPhoneのバックアップを不正アクセスから保護するための非常に便利な機能です。「暗号化されたiPhoneのバックアップがグレーアウトしている」問題に遭遇している場合、iMyFone KeyGenius の使用をお勧めします。このツールを使用すれば、ワンクリックでiTunesのバックアップ暗号化を無効にすることができます。

Windows version Mac version