様々なシナリオからApple IDが非アクティブ化又は無効化にされる時、セキュリティー的には問題ないでしょうかという心配がありましょう。apple IDに関する問題が起こったら、早めに問題解決とセキュリティ保証にたどり着くのが最優先事項です。この記事では、セキュリティーの理由からお使いのApple IDが無効化にされた際、効率的な対応策をいくつかご紹介します。

貴方のアカウントを再び有効にするためにできることはいくつかあり、問題を解決することは必要不可欠である一方で、原因、兆候、そして最終的に、解決策(iOS 15にも対応)を知ることは良いことです。

「Apple IDはセキュリティーの問題で使えません」が表示される理由は?

携帯電話にアクセスを試みても、セキュリティーの理由からApple IDが無効化の表示が続く場合は、それを引き起こした雄一の要因は、誰かが貴方のapple account idを用いてログインしようとしたということです。多くのハッカーはこの手続きを利用し、appleが貴方のプライバシーを保護するために行っていることは、元々のユーザーがセキュリティーのプロトコールに従うまでの間、自動的に貴方のデバイスをロックすることです。

そしてまた、貴方の近くの誰かが、間違ったパスワードを使って貴方のapple accountにアクセルしようとした場合の結果でもあり得ます。さらなるログイン試行と、パスワードの度重なる「リトライ」は、本当のオーナーによって正しいプロセスで有効化されるまで、自動的に無効化されます。完全に無効化される前に、入力されるべきセキュリティーの質問があり、そのような、貴方のアカウントにアクセスしようとした人は誤って回答したに違いなく、それがセキュリティーの懸念から、appleによって無効化させてしまうのです。

セキュリティーの理由でApple IDが無効化した場合はどうすれば良いでしょうか

何をすれば良いか分からない場合、貴方のアカウントを再び有効化するために取り得る3つのオプションがあります。

1アカウントのセキュリティーを一切持っていない場合

この選択肢は、使用済み又は中古のiPhoneを持っている人に対してのみ機能します。この点に関して、以前の所有者がデバイスのアカウントを持っていて、ログインしようと試みたか、アカウントを作成しようとした所、セキュリティーの問題で無効化したか、ということが考えられます。しかし、個人のアカウントが一切無い際にapple idが無効化した時は、有用で超一流の性能を誇る、iMyFone LockWiper と呼ばれるロックツールを用いることができます。これは以前の所有者情報を永久的に削除するので、新しいユーザーは新規にサインアップすることができ、制限なく機能にアクセスすることができます。

iMyFone LockWiperにおいて貴方ができること

lockwiper unlock iphone passcode

100万以上のダウンロード

  • 古いApple IDアカウントを、パスワード無しに簡単に削除できます。
  • 削除後、貴方のApple ID/iCloud accountにアクセスできます。
  • 削除後、ユーザーがデバイスを完全にコントロールすることができます。
  • iPhone、iPad、iPod Touchの全てのiOSバージョンにおいて機能します。

無料で試す無料で試す

セキュリティーの問題により無効化したapple idを有効化させる方法

ステップ1.ステップ1.ロックツール(iMyFone LockWiper)をダウンロード、インストール、起動させ開始してください。

ステップ2.メニューオプションより、「Apple IDを解除する」を選び「解除を開始する」を選択してください。

解除開始

ステップ3.ツールは直ちにApple IDの解除を開始します。

Apple ID解除中

注意:iPhoneを探すが未だに有効化されていた場合、設定から全てをリセットする必要があります。それを行うには、設定>一般>全ての設定をリセット、を選択してください。全ての設定をリセットを承認してください。

ステップ4.処理は完了し、iCloudとApple IDの両方は首尾よく削除されます。

Apple IDが解除されました

注意:上記で示した通り、貴方のデバイスからApple IDを削除するステップは非常に簡単です。しかし、これは既にアクチベートしたデバイスのみをサポートすることに留意してください。

無料で試す無料で試す

注意:

  • ①「iMyFone LockWiper」はアクティベーション・ロックに対応いたしません。
  • ②「iMyFone LockWiper」をいかなる場合で行われた不正行為を一切認めません。

2 2ファクタ認証を行っている場合

しかし、セキュリティープロトコールにおいてまた考えなくていけない重要なことがあり、その1つは2ファクタ認証です。2ファクタ認証セットアップをした場合、信頼できるデバイスを選ぶか、信頼できる携帯電話番号を選んで、貴方のApple IDを解除できます。

iPhone又はiPadに対して

ステップ1:貴方のデバイスから設定へ進み、貴方のAppleプロファイルをタップしてください。

ステップ2:パスワード&セキュリティをタップし、そしてパスワード変更をタップしてください。

ステップ3:スクリーン上のステップに従って、貴方のパスワードをアップデートしてください。

Macに対して

ステップ1:Appleメニューに進み、システム環境設定をクリックしてください。

ステップ2:iCloudを選択し、アカウント詳細を選んでください。

ステップ3:セキュリティをクリックし、パスワードをリセットをクリックしてください。

ステップ4:貴方が使用しているMacを解除してApple IDをリセットしてください。

32ステップ認証をしている場合

また、2番目に考えるべきことは、2ステップ認証機能です。これにより、貴方のapple accountを再び使用できるようになります。貴方が有効化させた2ステップ認証を用いて、Apple IDを取り戻す方法はこちらです。

ステップ1:iforgot.apple.comに進み、貴方のリカバリーキーを入力してください。続けるをタップしてください。

ステップ2:認証コードを受け取る信頼出来るデバイスを選んでください。

ステップ3:受け取り後に認証コードを入力してください。

ステップ4:パスワードをリセットするをクリックして終了してください。

両者ともに良く、高度で簡単ですが、追加のセキュリティーの層があり、ユーザーにとって「セキュリティーの理由でappleが無効化した場合」の回避を助けます。このことにより、貴方は簡単に、アカウントを2ステップ認証から2ファクタ認証へと手動で変換することができます。


結論として、私たちは何故Apple IDが無効化してしまうのか、またセキュリティーの問題でApple IDが無効化したら、そのシチュエーションを解決するより優れた方法があり、その1つは iMyFone LockWiperを使用することであることが分かりました。これらのステップに注意深く従い、性能を制限し得る要因についてよく理解しておきましょう。