iPhoneから完全にロックアウトされてしまうのはとても悩ましいことです。自分でロックアウトしてしまうことはやや稀ですが、それでも起こり得ることです。以下に、iOS 15(以前のバージョンにも対応)のパスコードを解除する必要があるかもしれない状況を列挙します。

  • パスコードを忘れてしまい、思い当たるパスワードを何度か入力し、iPhoneが無効化された場合。
  • 指紋探知が壊れてしまっているためにタッチIDが使えない場合。
  • 友達や伴侶など他の人がうっかりあなたのiPadかiPhoneのパスコードを設定し、すぐに忘れてしまったり拒否したりした場合。
  • 子供や詮索好きな人が6回以上誤ったパスコードを入力し、デバイスが無効化された場合。

ほとんどのiPhoneユーザーはこの問題の解決法を知りません。幸いこの説明文では、iPhoneのパスコードを解除し、デバイスを元の状態に戻すのを助けてくれます。無効化iPadやiPod Touchにも使えます。

どの方法を使うべきですか?

iPhoneのパスワードを忘れたり、タッチIDが機能していない場合、デバイスはロックか無効化されます。デバイスを削除するか復元することによってのみ解除することが可能です。

パスコードを使わずにiPhoneのパスコードを解除する

iPhoneのパスコードの解除法を探していますか?iPhoneにアクセスできないという悩ましい状況に遭遇したことがありますか?自分の電話を解除できないのは大変な経験です。今日の世界では、電話に依存した生活です。電話がないと、毎日の生活が回りません。予約や電話番号など、すべての情報が電話に保存されています。電話に再びアクセスできるようにするための最良の解決策が、iMyFone LockWiperを使うことです。

ロックワイパーはパスコードなしでiPhoneを解除します

  • 桁数パスコード、フェイスID、タッチIDを解除することができます。
  • クリックするだけで簡単にiPhoneのパスコードを解除することができます。
  • 最新のiOS 15、iPad、iPhoneに使えます。
  • 高い成功率をもちます。
  • 無効化、破損、ロックされた画面への最良の解決法を提供します。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

iMyFone LockWiperを使ってiOS 15のパスコードを解除する

iPhone 13であろうとiPhone 12であろうと、iMyFone LockWiperは電話を解除するのに素晴らしいツールです。

ステップ1:iMyFone LockWiperをコンピューターにインストール・起動します。「開始」をクリックします。

iPhoneの画面ロックを削除

ステップ2:次にiOSデバイスをコンピューターに接続します。

iデバイスをPCと接続

ステップ3:次にiPhoneをDFUモードにする必要があります。iPhoneがコンピューターに接続されていることを確認し、インターフェースの指示に従います。

DFUモード

ステップ4:デバイスがDFUモードになったら、ダウンロードのインターフェースになります。デバイスのモデルを確認し、「ダウンロード」をクリックして続けます。

ファームウェアをダウンロード

ステップ5:ダウンロードされたファームウェアを確認する必要があります。これは長くはかかりません。

抽出開始

ステップ6:ファームウェアのパッケージを無事確認したら、「解除開始」をクリックして開始します。

解除開始

ステップ7:「000000」と入力して解除を再度確認し、「解除」をクリックします。

解除を確認

ステップ8:しばらく待ちます。終わったら、以下のようなインターフェースが見えます。

注意:解除プロセスによりiPhone/iPadのデータも削除されます。

iPhoneのロックを削除

したがって、iMyFone LockWiperはiPhoneを解除するのに素晴らしい、簡単な方法です。ぜひダウンロードして試してみてください。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

iTunesを使ってiPhoneのパスコードを削除する

1.以前にiPhoneをiTunesと同期化したことがある場合にiPhoneのパスコードを解除する方法

以前にiTunesでiPhoneを同期化したことがあれば、iTunesを使ってデバイスを復元し、iPhoneのパスコードを解除することができます。終わったら、iTunesがデバイス上の最後のバックアップ以降のすべてのデータを、アクセスを阻止させているパスコード含めて削除します。iTunesを使うには以下の簡単な手順にしたがってください。

ステップ1:USBケーブルを使って同期化したことのあるMacかPCにデバイスを接続します。

ステップ2:iTunesのアプリケーションを起動し、パスコードの入力かコンピューターを信用するか聞かれたら、アイクラウドの「iPhoneを探す」に行くか、同期化したことのある他のPCで試してみるか、復元モードを使います。

ステップ3:iTunesとデバイスを同期化し、バックアップをし、終わったら「iPhoneを復元」をクリックすると、設定画面に導かれます。

iTunesでアンロック

ステップ4:設定画面で、iTunesのバックアップから復元をタップ>デバイスを選択>復元する最近のバックアップを選択します。


2.iPhoneをiTunesと同期化したことがない場合にiPhoneのパスコードを解除する方法

iTunesでiPhoneを同期化したことがなければ、復元モードを使ってiPhoneのパスコードを解除することができます。iPhone上のすべての中身と、アクセスを阻止させているパスコードを削除します。

パスコードを削除するために復元モードを使ってデバイスを削除する

以下のステップに従って、デバイスを復元モードに強制します。

ステップ1:iPhoneをPCかMacに接続し、iTunesのアプリケーションを起動します。

ステップ2:デバイスを強制再起動します―アップルロゴが表示されるまで、iPhone6・6プラス以下ではスリープ/ウェイクボタンとホームボタンを押さえる、iPhone7と7プラスでは音量ダウンと同時に押さえます。iPhone8、iPhone8プラス、iPhoneXでは少し手順が違うかもしれません。

ステップ3:アップルロゴが現れたら、復元モード画面と、iTunesで復元と更新の選択のポップアップ画面が現れるまでボタンを同時に押さえ続けます。

ステップ4:復元オプションを選ぶと、iTunesが自動的にデバイスにソフトウェアをダウンロードし、復元をします。その後、好きなパスコードでデバイスを設定することができます。

リカバリーモードでアンロック

iPhoneがロックされました

iPhoneかiPadがロックされたとはどういうことでしょうか?iPhoneかiPadで誤ったパスコードを6回連続入力した場合、iPhoneはロックされます。10回以上になると、「iPhoneは無効化されました、iTunesに接続してください。」というメッセージがデバイスに表示されます。これが起きたら、完全にロックアウトされ、音楽、動画、カレンダー、連絡先、メッセージ、アイクラウド、その他iPhoneで使うサービスなどに、デバイスからアクセスができなくなります。iPhoneのパスコードを解除する方法を見つけなければ、使い道のない高い機器をもっているだけになります。

幸いなことに、デバイスが無効化された場合、上記の方法のどれかに従って進めば、デバイスを削除し、iPhoneが無効化される前の最後のバックアップから復元することができます。

幸いなことに、デバイスが無効化された場合、上記の方法のどれかに従って進めば、デバイスを削除し、iPhoneが無効化される前の最後のバックアップから復元することができます。