ご存知の通りiPhoneを使用するにはiCloudとApple IDが必要です。iPhoneを落としたり盗まれたりすれば、簡単に追跡できます。また、パスワードシステムを備えた素晴らしいセキュリティシステムを提供していますが、パスワードを忘れてしまい、間違ったものを6回続けて入力すると、iPhoneは無効になります。 これにより、無効なiPhoneを修正する方法を選択する必要がでてきます。

無効のiPhoneを修正する方法

iTunesなしで無効のiPhoneの修正方法

iPhoneが無効になってしまいiOS情報にアクセスできない場合、通常落胆するでしょう。 この時点で、多くのiOSユーザーは混乱するか狼狽します。 iMyFone LockWiperは、使いやすさと満足の両方を提供するソリューションを提供しています。iMyFone LockWiperはワンクリックで問題あるiPhoneを修正し、ロックを解除することができます。 したがって、無効になったiPhoneのロックを解除する方法を探しているなら、iMyFone LockWiperを使ってパスワードなしでiOSデバイスにアクセスすることを検討してください。 パスワードを入力せずにiPhoneの画面をロック解除することができます。

無料で試す無料で試す

iMyFone LockWiperの主な特長:

  • LockWiperは、パスワードを入力せずに無効なiPhoneの簡単なロック解除機能を提供します。
  • LockWiperは、無効なiPhoneのパスワードだけでなく、iOSデバイスのロックされたままの画面や壊れた画面のパスワードの削除もサポートしています。
  • 4桁、6桁のパスワード、指紋認証または顔認証のロックも解除できます。
  • iMyFone LockWiperはiPhone / iPadまたはiOSの最新バージョンでも無効なiPhoneを修正できます。
  • iMyFone LockWiperは、お客様の声により高い成功率を記録しています。

LockWiperで無効のiPhoneのロックを解除する手順

注意:LockWiperを使用してiPhoneのロックを解除すると、その中にあるすべてのデータが消去されます。

ステップ 1: iMyFone LockWiperをパソコンで起動します。

ステップ 2: “Start”「スタート」を選択し、Appleオリジナルのライトニングケーブルを使用してiPhoneをパソコンに接続します。

remove iphone screen lock

ステップ 3:続行するには、iPhoneをDFUモードで起動します。

  • iPhoneをオフにします。
  • 音量ダウンボタンと電源ボタンを同時に10秒間押し続けます。
  • 電源ボタンを離し、デバイスがDFUモードになるまで音量ダウンボタンを押し続けます。

注:異なるiOSモデルでは、DFUモードにアクセスする方法が異なる場合があります。正しくはそれぞれのガイドに従ってください。

dfu mode

ステップ 4: ダウンロードインターフェイスで、“Download”「ダウンロード」をクリックして続行します。 しばらくお待ちください。

download firmware package

ステップ 5: “Start to Verify”「確認開始」をクリックするとLockWiperはファームウェアをすばやく確認します。

verify firmware package

ステップ 6: 最後に、“Start Unlock”「解除開始」タブをクリックし、ポップアップウィンドウに「000000」と入力して、ロック解除プロセスを確認します。

confirm unlock

ステップ 7: 数分でiPhoneのロックが解除されます。 iPhoneがパソコンに接続されていることを確認してください。

removing screen lock

無料で試す無料で試す

iTunesのバックアップを使用した無効のiPhoneの修正方法

このプロセスは、iPhoneをiTunesと以前同期させていた場合にのみ適しています。 すでにiTunesを使用してデバイスバックアップを作成している場合は、データを失わず、パスワードを簡単に削除できます。 ただし、バックアップを作成していない場合は、iPhoneのすべてのデータを消去して、パスワードを削除する必要があります。 このプロセスの準備ができている場合は、こちらから無効iPhoneの修正方法をご覧ください。

ステップ 1:初めに、iPhoneをiTunesの同期に使用したパソコンに接続します。

ステップ 2:そのパソコンでiTunesを開きます。 パスワードを尋ねられた場合は、iPhoneのリカバリーモードを使用する必要があります。

ステップ 3: iTunesとiPhoneを同期させてバックアップを作成し、「復元」ボタンをクリックします。

ステップ 4:これによりiPhone上のすべての既存データを消去します。

iCloudを使用した無効のiPhoneの修正方法

iPhoneをiTunesに同期させておらず、復元する必要がある場合は、iCloudを使って行うことができます。 iCloudバックアップを使用してデバイスを復元すると、選択したデバイスのすべてのデータが削除され、パスワードも削除されます。 これで、無効になったiPhoneに新しいパスワードを設定することができます。 iCloudバックアップを使用して無効になったiPhoneを修正する方法は次のとおりです。

recover-from-iCloud

ステップ 1: iCloudからiPhoneを復元するには、別のデバイスを使用する必要があります。 別のデバイスからicloud.com/findにアクセスし、現在のApple IDでサインインします。

ステップ 2:次に別の画面が表示されいくつかの指示とオプションが表示されます。 画面上部の「すべてのデバイス」オプションをクリックします。

ステップ 3:無効になったデバイスが表示されますので、それを選択し「デバイスの消去」ボタンをクリックします。

ステップ 4:これで、選択したデバイスのすべてのデータが消去され、無効になったiPhoneからパスワードが削除されます。

ステップ 5:その後、iCloudから以前のバックアップを使用してiPhoneを復元できます。

リカバリーモードを使用した無効のiPhone修正方法

iPhoneのリカバリモードは、他の方法が使えない時などのさまざまな状況で役立ちます。 たとえば、iOSアップデートをインストール中、何か誤りがありモバイルをオンにすることができない時など、iTunesに接続することもできず、モバイルのリストアやリセットも実行できません。 このような状況では、リカバリーモードが無効のiPhoneを修正するのに役立ちます。ここでは、iPhoneのリカバリモードを使用する方法をお伝えします。

get-out-of-recovery-mode

ステップ 1: 先ずiPhoneをパソコンに接続し、デバイスをオフにします。

  • iPhone 8/8 Plusの場合は、音量を上げるボタンと下げるボタンを別々に押してすばやく離し、サイドボタンを押し続けます。
  • iPhone 7/7 Plusでは、サイドボタンと音量を下げるボタンを同時に押し続けます。
  • iPhone 6s以前の場合は、ホームボタンとトップボタンの両方を押したままにします。

ステップ 2:「iTunesに接続」のロゴが表示されるまで数秒間押し続けます。

ステップ 3: これにより iPhoneはリカバリモードになります。 その後、ポップアップウィンドウに復元/更新のオプションが表示され、復元を選択します。

ステップ 4: 無効のiPhoneを修正するために使用するソフトウェアをダウンロードします。


概要

パスワードを忘れてiPhoneを開くことができない場合は、画面ロックを解除する方法を見つける必要があります。 この方法はたくさんあります。上記には iPhoneをロック解除するために実行できるいくつかの方法が言及されています。 また、iMyFone LockWiperソフトウェアを使用することもできます。これは、iPhoneで画面ロックを解除するより速い方法です。