iPhoneのパスコードを忘れたことがありますか?それとも、中古のiPhoneを買って、パスコードを持っていませんか?このような状況に当てはまった場合、技術者に直しに持って行く必要はありません。 iPhoneの安全措置はよく知られており、それによって現在最も人気の携帯電話となっています。

しかし、このために、パスコードを忘れたりパスコードの問題に遭ったときにファイルにアクセスできなかったりiPhoneを使えなくなったりするわけではありません。実際、専門家の助けなしでiPhoneに入りこむことができます。そのやり方を知りたければ、読み続けてください。

LockWiperを使ってiPhone/iPadに入り込む方法

この方法は、最新のiOS 12とiPhoneX/8/8プラス、それ以前のバージョンに有効です。パスワード解除ツールである革新的なiMyFone LockWiperを使って、簡単にiPhoneの画面パスワードを破り、以前と同様に電話を使い続けることができます。専門家の助けなしにiPhoneに入り込む最も簡単で便利な方法の一つです。すべてのiPhone、iPad、アイポッドタッチのモデルに対応しています。

LockWiperはプロのように画面ロックをコントロールします:

  • ロック、無効化、破損であろうとパスワードを使わずにiPhoneに入り込む

  • すべての種類の画面ロックを取り除く:フェイスID、タッチID、4桁/6桁パスコード

  • 中古や盗難されたiPhoneに自分で入り込むプログラム

  • たった数クリックでiPhoneの画面ロックをバイパス、専門技術不要

  • 100パーセント成功率と100パーセント安全性保障

iPhoneに入り込むためにLockWiperを今すぐダウンロード

ステップ1:iMyFone LockWiperをコンピューターにダウンロード・インストールします。iPhoneかiPadを接続します。

無料で試す無料で試す

ステップ2:LockWiperを開始し、開始をタップしてプロセスを始めます。

iMyFone LockWiper screenshot

ステップ3:次のページで、トップバーからデバイスのモデルを選び、指示に従ってiPhoneをDFUモードにします。

iMyFone LockWiper screenshot

ステップ4:次のページで、デバイス情報を確認か訂正し、「ダウンロード」をクリックします。

iMyFone LockWiper screenshot

ステップ5:終わったら、「確認開始」をクリックしプロセスを開始します。確認されたら「解除開始」をクリックします。

iMyFone LockWiper screenshot

ステップ6:「000000」と入力し、「解除」をクリックしてiPhoneから画面ロックを取り除きたいことを確認します。

iMyFone LockWiper screenshot

特徴:

  • アップルIDとパスワードを知っている必要がありません。

  • iPhoneがインターネットに接続していてもいなくても使用できます。

  • すべてのiOSバージョン(iOS 12含め)と全iPhone、iPad、アイポッドタッチモデルを完全サポートしています。

Siriを使ってiPhone/iPadに入り込む方法(iOS 8.0からiOS 10.1のみ)

この方法は多くのユーザーにとっては複雑なやり方です。必ずしも簡単にはいきません。辛抱強くこの方法を試してみる必要があります。

ステップ1:ホームブタンをタップし押さえ、iPhoneを起こします。コントロールセンターを開き、「時計」のアイコンをタップします。

Control Center

ステップ2:下から「世界時計」をクリックします。右上隅から「+」ボタンをタップします。

World Clock

ステップ3:検索バーに何かタイプします。「すべて選択」が見えるまでテキストをタップし押さえます。それをタップします。

Select All

ステップ4:「共有」を選び、「メッセージ」アイコンをクリックします。

Share
Message

ステップ5:受取先の欄に何か文字を入力し、次にリターンキーをクリックします。これでテキストが緑色になります。

Return

ステップ6:「+」アイコンをクリックし新しいインターフェースを起動します。次に新しい連絡先作成>写真追加>写真選択をクリックします。

Create New Contact

Choose Photo

ステップ7:これでiPhoneにアクセスできます。ホームボタンを押すと、iPhoneのホーム画面にアクセスできます。欠点:

  1. やや複雑で、オプションが見つからないときがあります。

  2. iPhoneにアクセスしたいときは必ず7つのステップに従う必要があります。時間がかかります。古いパスコードを知らずにはパスワードを変えたり削除したりできないことにご注意ください。

  3. 必ずしもうまくいくとは期待できません。

「iPhoneを探す」機能を通してiPhone/iPadに入り込む方法

ステップ1:ブラウザを開き、コンピューターでicloud.comに行きます。アップルIDを使ってログインします。

ステップ2:「iPhoneを探す」をタップします。

iCloud

ステップ3:「すべてのデバイス」をタップし、表示されるリストから解除したいデバイスを選びます。

ステップ4:「iPhoneを削除する」をタップして確認し、進みます。

iCloud

欠点:

  1. アップルIDとパスワードが必要です。それがないとこの方法は使えません。

  2. iPhoneがインターネットに接続されている必要があります。そうでないと遠隔で入り込むことはできません。

iTunesを通してiPhone/iPadに入り込む方法

ステップ1:互換性のあるUSBケーブルを使って、以前にiPhoneを同期化したことのあるコンピューターにiPhoneを接続します。

ステップ2:デバイスがうまくPCに接続されたらiTunesが自動的に開きます。これが起こらない場合は、手動でiTunesを開いてください。

ステップ3:iTunesの左上隅にあるデバイスタブをクリックします。

ステップ4:次に、右側パネルから「iPhoneを復元」をクリックします。

restore iPhone

ステップ5:「復元」そして「同意」をタップすることでプロセスを確認します。その後、終わるまで待ちます。

欠点:

  1. 以前デバイスを同期化したことのあるiTunesにiPhoneを接続しなければなりません。

  2. 途中でiTunesからパスワードを聞かれたら、この方法は使えません。解除ソフトを使う方法を使ってください。

  3. iPhoneがアイクラウドのアカウントに繋がれている場合は、アイクラウドのパスワード入力を求められます。それをしなければ始められません。

判決:

iPhoneに入り込むにはいろんな方法を使うことができます。しかし、iMyFone LockWiperツールが遥かに最良で便利な方法です。簡単で、パスワードやパスコードも不要で、速くて直接的で、最新のiOSシステムにも使え、その上高い成功率をもっています。

無料で試す無料で試す