知人や親戚からiPhoneを譲り受けたとき(もしくは中古品を購入)、Apple IDの入力を要求され、対処方法がわからない。この場合、別の方法で端末に入る必要があります。 

Siriをうまく使ってiPhone 6のパスワードを解除する方法は良く知られています。この方法は、指紋認証に関連付けられていない指でホームボタンを押し、Siriを呼び出します。その後、「モバイルデータ通信」と言うと、モバイルデータをオフにするデータ設定に入れます。 

iPhoneのパスワードを覚えていない人でも、これ以外の別の方法が知りたいと思いませんか? Siriを使わずにiPhone 6のパスワードを解除できる、とても便利なツールをご紹介します。

1 Siriを使わずにLockWiper経由でiPhone 6パスコードを解除する

Siriの使用を避けるには、 iMyFone LockWiperというソフトウェアを使用します。これにより、4桁および6桁のパスコードなしでiPhone 6のロックを解除できるだけでなく、指紋認証、および顔認証のロックを解除することができます。  

時として、6回間違ったパスワードを入力するとiPhoneに「iPhoneが無効です。1、5、15、60分後にもう一度お試しください。」というメッセージが表示されます。この場合でもiMyfone LockWiperで解決できます。このツールは、ロックされたIOSをサポートするのに役立つだけでなく、無効または壊れたIOS画面でも非常に高い成功率でロックを解除します。

lockwiper unlock iphone passcode

100万以上のダウンロード

LockWiperはSiriを使用せずiPhoneのパスコードロックを解除します

  • iPad、iPhone、iPod Touchのすべてのモデルに最適です。

  • 最新のiOS 11と互換性があります。

  • 破損画面、無効画面、ロック画面をサポートしています。

  • 数回のクリックでiPhoneの画面のパスコードを解除します。

無料で試す無料で試す

iPhone 6パスコードを解除する手順

初めにiMyfone LockWiperをダウンロードしてください。このガイドでは端末のロックを解除するステップを紹介します。

ステップ1:パソコン上でソフトウェアを起動し、“Start”「開始」をクリックします。

remove iphone screen lock

ステップ2:ライトニングケーブルを使用してiPhoneをパソコンに接続します。

connect idevice to pc

ステップ3:iPhoneをDFUモードで起動します。画面がロックされているときは、iPhoneの電源を切って、音量を下げるボタンと電源ボタンを10秒以上押してDFUモードで起動する必要があります。その後、電源ボタンは離しますが、DFUモードになるまで音量を下げるボタンを押し続けます。

dfu mode

ステップ4:携帯電話がDFUモードになったら、iMyfone LockWiperはiPhoneの世代、iOSのバージョンなどのデバイスの情報を確認します。正しい情報を選択して[ダウンロード]をクリックします。

download firmware package

ステップ5:ファームウェアパッケージをダウンロードした後、“Start to Verify”「確認開始」をクリックします。

verify firmware package

ステップ6:終了したら、“Start Unlock”「ロック解除開始」をクリックします。

verification success

ステップ7:ポップアップウィンドウで 「000000」と入力し、“Unlock”「ロック解除」をクリックします。

confirm unlock

ステップ8:iPhoneのロックが解除されます。

removing screen lock

無料で試す無料で試す

2 Siriを使わずにiPhone 6パスコードを回避するその他の方法

この技術サポートの暗い側面は、パスコードを入力せずにiPhoneのロックを解除することが法的に疑わしいと考えられることです。しかし、ユーザーのニーズを見ると、大半の人はパスコードを忘れてしまっているだけです。他人の端末に入るのは正当ではないと認識することは重要です。許可なく第三者によってあなたの端末にアクセスされたいですか?そうは思いません。 

 落ち着いて指示に従いiPhoneのロックを解除しましょう。

#1. iTunesでiPhone 6パスコードを回避する

iPhoneをUSBケーブルでパソコン接続します。端末とパソコンの両方に適合することを確認します。その後iTunesが開きます。開かない場合は、iTunesソフトウェアのアイコンをダブルクリックして開いてください。 

 iTunesを開いたら、

ステップ1. 「アカウント」タブにある、iPhoneと同じ形状の「デバイス」アイコンをクリックします。

ステップ2.「バックアップ」セクションの「今すぐバックアップする」をクリックします。

ステップ3. 最新のバックアップの日付をチェックして、iPhoneのデータがバックアップされていることを確認します。

ステップ4. 「iPhoneを探す」を無効にして、iTunesページの一番上にある「iPhoneの復元」をクリックします。

restore-iphone

プロセスが終了したら、iPhoneに入るためのパスコードは必要ありません。ロックを解除すると、Apple IDのパスワードを入力する必要があります。以前にバックアップしてあるので、データは復元されます。プロセスが少し遅いので、気長に取り組みましょう。

#2. Recovery ModeでiPhone 6パスコードを回避する

ステップ1. お使いのパソコンで最新バージョンのiTunesを起動します。

ステップ2. 以下の手順でiPhoneをリカバリモードにします。

  • 電源ボタンとホームボタンを同時に押します。

  • ボタンを10秒以上押し続けます。画面にAppleロゴが表示されます。

  • ホームボタンを押したまま電源ボタンを離します。

ステップ3. iPhoneをパソコンに接続すると、iTunesのシンボルが表示され、iPhoneがリカバリモードになっていることがわかります。

ステップ4. iPhoneがリカバリモードで検出されたことを知らせるメッセージが表示されます。「OK」をクリックすると、自動的に復元されます。

itunes-detect-recovery-mode

端末のロックを解除する長いプロセスの中で、削除された情報が端末に残る可能性があります。使用する方法の契約条件が何であるかをよく読み、結果を推測することが重要です。 

忘れにくいパスコードにすることは、非常に重要です。パスコードを書き留めて、どこに置いたのか覚えておきましょう。生活に基づいた単純な数字の組み合わせのパスコードを作成することができます。ID、生年月日(または親の生年月日)、またはペットの名前などでパスコードを作成しないよう気を付けましょう。