Apple社は、パスコードを持っていない人がiPhoneのデータやファイルに極力アクセスしにくくしています。しかし、この安全措置はアイファンのパスコードを知らない人だけでなく、パスコードを忘れた所有者をも阻止してしまいます。したがって、iPhoneがロックか無効化された場合、iPhone、iPadやiPod touchに再びアクセスできるようにするためにデータを削除・復元する方法の手順を以下に紹介します。

ロックされたiPhoneを永久削除する方法

いろんな理由によりロックされたiPhoneを削除する必要があるかもしれません。たとえば、パスコードを忘れてしまったけれど新しいiPhoneをアップグレードしたい、iPhoneが無効化されて出荷時設定リセットしたい、古いiPhoneを売りたいのでまずすべてのファイルを消したいけれどパスコードを忘れてしまった、などがあります。ロックされたiPhoneを削除する方法はたくさんあります。しかし、使いやすいインターフェースをもつiMyFone LockWiperを使ってiPhoneから全データを削除してみることをお勧めします。

lockwiper unlock iphone passcode

100万以上のダウンロード

LockWiperはパスコードなしでiPhoneを解除します

  • iMyFone LockWiperを使うと、簡単なプロセスでパスコードなしでiPhoneを解除できます。
  • 煩雑なプロセスを使わずにロックされたiPhoneをリセットか削除します。
  • 無効化、ロック、破損されたiOS画面にも使えます。
  • タッチID、フェイスID、4桁パスコードか6桁パスコードでロックされたiPhoneを簡単に解除し削除できます。
  • ロックされたiPhoneをiMyFone LockWiperを使って削除する成功率は非常に高いです。

無料で試す無料で試す

ロックされたiPhoneをiMyFone LockWiperを通して削除する手順

ステップ1:iMyFone LockWiperをPCにインストールし起動します。iMyFone LockWiper画面で「開始」を選びます。

remove iphone screen lock

ステップ2:Appleのライトニングケーブルを使ってアイデバイスをPCに接続します。

connect idevice to pc

ステップ3:ソフトウェアがデバイスをDFUモードで起動するように求めてきます。アイデバイスのモデルによって画面上の指示に従います。

dfu mode

ステップ4:アイデバイスモデルと情報を選択し、「ダウンロード」をクリックしてファームウェアをインストールします。

download firmware package

ステップ5:ダウンロードに成功したら、「確認開始」をクリックします。

verify firmware package

ステップ6:確認に成功したら、「解除開始」をクリックします。

verification success

ステップ7:このプロセスでアイデバイスから全データが削除されるため、実行の確認を聞かれます。「000000」と入力することで確認します。まもなくiPhoneが削除されます。

confirm unlock

ロックされたiPhoneをこの手順を使って簡単に削除できることを願っています。

無料で試す無料で試す

ロックされたiPhoneをiTunesを使って削除する方法

ロックされたiPhoneをiTunesを使って復元することで簡単に削除できます。ロックされたiPhoneをiTunesを使って削除することは、ファイルの喪失や様々なiTunesの規制により通常あまり推奨されていません。この方法は、以前にiPhoneをiTunesに同期化したことある場合にのみ使えます。

  • ステップ1:iPhoneをコンピューターに接続し、iTunesを起動します。使っているPCで以前にiPhoneを同期化したことがあることを確認します。
  • ステップ2:iTunesの左上にあるデバイスのアイコンをクリックします。
  • ステップ3:右のパネルから「iPhoneを復元する」をクリックします。
Restore iPhone

これらの手順が終わると、ホーム画面のロックが解除され開かれることに気づくでしょう。しかし、iPhoneを削除したので、デフォルトの出荷時設定に戻されています。iOSシステムも最新版にアップデートされています。

ロックされたiPhoneをiCloudを通して削除する方法

「iPhoneを探す」機能が有効化されている場合にのみ、ロックされたiPhoneをiCloudを通して解除することができます。無効化・ロックされる前に、iPhone、iPadかiPad・タッチの「電話を探す」機能が有効化されていれば、以下の手順に従ってパスワードを使わずにiPhoneを削除することができます。

  • ステップ1:友達のデバイスかコンピューターからwww.iCloud.comに行きます。
  • ステップ2:自分のAppleIDとパスワードでサインインします。
  • ステップ3:削除したいロックされたデバイスを選び、「iPhoneを削除」をクリックして、遠隔でiPhoneを削除します。
Erase All Data

この手順が完了したら、iPhoneが完全に削除され、ロック画面が開きます。

ロックされたiPhoneを復元モードで削除する方法

iPhoneをiTunesと同期化したことがなかったり、「iPhoneを探す」機能が無効化されている場合、復元モードを使うことがロックされたiPhoneの最も一般的な解決法です。これに当てはまる場合は、以下のステップに従ってロックされたiPhoneを削除します。

ステップ1:iPhoneをPCに繋ぎ、iTunesを開きます。

ステップ2:PCに繋いでいる間にiPhoneを強制再起動します。

  • iPhoneX、8、8プラスの場合:音量アップボタンを押してすぐに離し、音量ダウンボタンを押してすぐに離し、サイドボタンを復元画面が現れるまで押さえます。
  • iPhone7か7プラスの場合:サイドと音量ダウンボタンを両方同時に押さえます。復元モード画面が現れるまで押さえ続けます。
  • iPhone6以前のバージョンの場合:ホームとトップボタンを両方同時に押さえ、復元モード画面が現れるまで押さえ続けます。
Erase All Data

ステップ3:iPhoneを復元か更新する選択が現れたら、復元のタブをクリックします。この時点でiTunesがデバイスにソフトウェアをダウンロード・インストールします。15分くらいかかりますが、これ以上かかったら、ステップ2と3を繰り返します。

ステップ4:プロセスが完了するまで待ち、終わったらiPhoneを設定します。ロック画面が開き、iOSシステムが最新版にアップデートされます。もちろん、iPhoneから全データが削除されています。

ロックされたiPhoneをデータを失わずに解除できますか?

はい、ロックされたiPhoneをデータを失わずに解除することができます。しかし、ロックされたiPhoneを削除せずに解除することはできません。したがって、解除する前にiPhoneをバックアップする必要があります。以前に同期化したことがあるコンピューターにiPhoneを接続することでこれができます。

ロックされたiPhoneをiTunesを使って手動でバックアップする手順

ステップ1:iTunesを起動し、USBケーブルを使ってiPhoneをiTunesに接続します。

ステップ2:サイドバーの下のiPhoneのアイコンをクリックし、「概要>今すぐバックアップ」を選択します。

ステップ3:バックアップが完了したら「終了」をクリックします。

Backup Now