通常、ロックされたiPhoneのロックを解除するには、パスワードを再入力するだけで解決します。 パスワードを誤って入力したとしても、数秒待ち正しいパスワードを再入力するだけでデバイスのロックが解除されます。 ただし、パスワードがわからない場合は、別の方法が必要です。 パスワードを入力しなくても、無効のiPhoneを有効にすることができます。

パート1. iTunesを使用せず無効のiPhoneをリセットする

方法 1. LockWiperを使用する

iPhoneは非常に高度なデバイスですが、時に使用中に複雑な事態を引き起こすことがあります。したがって、使用には、特に初めてお使いになる場合には、注意する必要があります。パスワードを覚えておらず、間違ったパスワードを何度か入力すると、iPhoneが無効になることがあります。このような状況は、パニックや苛立ちなどを引き起こす可能性があります。しかし、この混乱から簡単に抜け出す方法があります。 iMyFone LockWiper - 優れたソフトウェアで、iTunesを使用せず無効なiPhoneを永久にリセットすることができます。

lockwiper unlock iphone passcode

100万以上のダウンロード

LockWiper 無効なiPhoneをリセットします

  • 無効なiPhoneを工場出荷時リセットする: 数回クリックするだけで、リセットプロセス中に無効なiPhone上のすべてのデータを簡単に削除できます。

  • 異なるロックオプションをサポート: デバイスの4桁、6桁のパスコード、タッチID、さらには顔IDセキュリティを回避します。

  • 不具合のある、壊れたiPhone画面をサポート: iMyFone LockWiperは、不具合または壊れた画面を完全にリセットできます。

  • 高い成功率: iMyFone LockWiperは数回のテストにより、ほとんどのアイデバイスのロック解除/リセットの成功を証明しています。

無料で試す無料で試す

iTunesなしで無効のiPhoneをリセットする手順:ステップ 1: LockWiperをパソコンにインストールするには、上記のダウンロードボタンをクリックし起動します。 メインインターフェイスで、「開始」をクリックします。

remove iphone screen lock

ステップ 2: パソコンにiPhoneを接続します。

connect idevice to pc

ステップ 3: iPhoneが認識されると、iPhoneをDFUモードで起動するためのガイドが表示されます。 または、ご自分でリカバリーモードに切り替えることもできます。

dfu mode

ステップ 4: デバイスがDFUモードになりましたら、“Download”「ダウンロード」をクリックしてfirmware package(ファームウェアパッケージ)をダウンロードできるインターフェイスを表示します。

download firmware package

ステップ 5: ダウンロード後、 "Start to Verify"「照合開始」をクリックしてファームウェアを確認してください。

verify firmware package

ステップ 6: 完了したら“Start Unlock”「ロック解除開始」をクリックして、無効のiPhoneのロックを解除します。

verification success

ステップ 7: また、プロセスを二重に確認するには、 "000000"を入力する必要があります。 注意書きをよくお読みください。

confirm unlock

ステップ 8: 最後に、無効になったiPhoneをすぐにリセットすることができます。直ちにこれをダウンロードし、お試しください。

removing screen lock

無料で試す無料で試す

方法 2. iCloudを使用する

iTunesを使用せずにアクセスできない無効のiPhoneをリセットする方法を紹介します。ダウンロードできる市販されているソフトウェアは多くありますが、iPhoneをリセットする最も安全な方法はiCloudを使用する方法です。iCloudバックアップを使用すると、iPhoneの無効化またはiOSクラッシュによって失われたデータを回復できます。 以下の所定の手順に従います:

ステップ 1: iCloudホームページにアクセスして、アカウントにログインします。「iPhone探す」を使用してデバイスが見つかると、設定が表示されます。

restore-from-icloud-backup

ステップ 2: 設定に進みます。

ステップ 3: リストアをクリックし、iCloudを使用して最後に作成したバックアップを選択します。

Restore-iCloud-Backup

ステップ 4: バックアップに従ってiPhoneが復元されます。

最後のバックアップが完了した後のiPhoneに保存された画面パスワード、ダウンロードされたアプリ、写真、ビデオ、メッセージ、およびメモは削除され、携帯電話は新品同様となります。しかし、ほとんどのデータはiCloudバックアップを使用して復元されます。

方法 3. 「iPhoneを探す」を使用する

「iPhoneを探す」は素晴らしい機能です。ご自身の携帯電話を見つける、ロックする、または遠隔でリセットするのに役立ちます。 この機能は携帯電話を紛失した時にとても役立ちます。 携帯電話を見つけることができない場合でも、電話の内容を消し去ることができます。誰もデータにアクセスすることはできません。  

1. まず、WebブラウザからiCloudアカウントにログインします。 Apple IDとパスワードが必要です。 「iPhoneを探す」セクションを見つけて、「デバイス」セクションをクリックします。 Apple IDにリンクしているすべてのデバイスのリストが表示されます。 無効になっているiOSデバイスを選択します。

find my iphone

2.ここまでくれば、デバイスの位置を特定したり、デバイスでサウンドを再生したり、ロックしたり、完全にデータを消去したりすることができます。 iTunesを使用していない場合は、消去オプションを選択する必要があります。 「消去」を選択して確認します。 お使いのデバイスが遠隔で消去されるまでお待ちください。 これにより、デバイスのロックも無効になります。

find my iphone

方法 4. Siriを使用する (iOS 8.0 – iOS 11)

無効なiPhoneはSiriを通して解決することもできます。 この方法は、iOS 8.0からiOS 11でのみ利用できます。もともとiOSでは抜け穴があると想定されていたため、電話を修復するには多くの労力が必要になることがあります。 こちらの方法ではデバイスのデータは消去されず、最初にパスワードを入れる必要がなくなります。  

1.まず、[ホーム]ボタンを使用してSiriを有効にします。 現在の時間を聞いててください。 「Siri、何時ですか?」Siriは現在の時間と時計を表示します。 次に、時計のアイコンをタップします。

hi siri

2.すぐに世界の時計インターフェイスに移動します。 別の時計を追加するので+記号をクリックしてください。 必要な都市を検索し、[すべて選択]をクリックします。

hi siri

3. 次に、「切り取り」、「コピー」、「調べる」、「共有」などのオプションメニューが表示されますので「共有」を選択します。

hi siri

4. メッセージアイコンをタップします。

hi siri

5.「To」フィールドには何も入力しないでください。 その後、キーボードの「戻る」ボタンを押します。 これは、 "To"フィールドのテキストを強調表示します。 強調表示されたテキストを選択して +をタップします。

hi siri

6. 新しいウィンドウが開きますので 「新しい連絡先を作成」を選択します。

hi siri

7.「新しい連絡先」画面で、「写真を追加」をクリックして写真を追加します。 「写真を撮る」または「写真を選択する」というメッセージが表示されたら、「写真を選択」を選択します。

hi siri

8.フォトライブラリ画面に移動されます。

hi siri

9. 画像を選択せず、ホームボタンを押してください。 携帯電話のホーム画面に移動します。

hi siri

無効のiPhoneを iTunesでリセットする

方法 1. 無効のiPhoneをリカバリーモードでリセットする

iTunesを使用してご自身のiPhoneを回復する基本的な方法をご紹介します。 この方法は適用力が高いだけでなく、安全性も高いです。 iTunesを使用してリセットした場合、無効になったiPhoneを工場出荷時の状態にリセットできます。 問題の解決策として、次の手順を実行します。

ステップ 1: iPhoneの電源を切ります。

ステップ 2: iTunesを動作させたパソコンに接続します。

ステップ 3: ホームボタンと電源ボタンを同時に押し続けます。これにより、デバイスがリカバリーモードになり、iTunesのアイコンが電話の画面に表示されます。

ステップ 4: iDeviceのソフトウェアがダウンロードされます。 ダウンロードが完了したら、iPhoneの復元をクリックします。

iphone-recovery-mode-itunes

方法 2. 無効のiPhone をiTunes でバックアップしてリセットする

iPhoneのバックアップを時々作成していれば、これらのバックアップがiTunesに保存されているため、任意のデータを失うことなく簡単にご自身のiPhoneをリセットすることができます。iTunesのバックアップを使用して無効なiPhoneをリセットする方法は、次の手順に従ってください

ステップ 1: パソコンまたはMacでiTunesを開きます。

ステップ 2: デバイスをコンピュータに接続します。

ステップ 3: このコンピュータを信頼するをクリックすると、iTunesに電話アイコンが表示されます。

ステップ 4: そちらを選択し、このデバイスのiTunesで作成した最後のバックアップを選択します。

ステップ 5: 復元をクリックすると、選択したバックアップに従ってiPhoneが復元されます。 最新のバックアップを選択した場合、データの損失は発生しません。

itunes-backup-and-restore