壊れた画面のiPhoneを処分するときは、「壊れた画面の電話機を工場出荷時の状態に戻す方法」を常に心に留めておく必要があります。壊れた画面のiPhoneをリセットしなかった多くの人々は、次のデータセキュリティの問題に直面します。

  1. 公的または私的情報の不正侵害、共有、または譲渡。
  2. なりすまし、個人情報の盗難、中傷。
  3. クレジットカード/デビットカードの詳細、生年月日、社会保障番号、氏名などの個人情報の不正使用。

これら上記の懸念事項はすべて予防可能であり、予防手段は以下のパラグラフをお読みください。

画面が壊れたiPhoneを工場出荷時設定に リセットする2つの解決策

「壊れた画面のiPhoneを工場出荷時の状態に戻す方法」は、問題を解決するためのヒント/解決策を提示することなく議論することはできません。 次のパラグラフでは、壊れた画面のiPhoneを工場出荷時の状態に戻す2つの方法について説明します。

解決策 1: iMyFone LockWiper を使用して壊れた画面のiPhoneを工場出荷時の状態に戻す

画面が壊れた状態のiPhoneを工場出荷時リセットすることはほとんど不可能ですが、壊れた画面のiPhoneをリセットする手段はあります。iPhoneを売却したり、修理のために技術者に手渡したりする前に、私的情報や個人情報をデバイスに残したくない時、壊れた画面のiPhoneをリセットする必要が生じます。 iMyFone LockWiperは壊れた画面のiPhoneをリセットするための便利なツールです。 LockWiperは、無効またはロックされたiPhoneとiPadを簡単にリセットします。 iPhoneの画面が悪く、アクセスできない場合は、iMyFone LockWiperを使用して、ロック画面とiOS情報を簡単に削除することができます。 壊れた画面のiPhoneをリセットするには、このツールをお勧めします。

lockwiper unlock iphone passcode

100万以上のダウンロード

LockWiper は壊れた画面のiPhoneを工場出荷状態にリセットします

  • iMyFone LockWiperは、数回のクリックで画面が壊れた状態のiPhoneを工場出荷時の状態に戻します。
  • LockWiperは、無効、ロックされた、破損した画面のiOSデバイスを完全にサポートしています。
  • LockWiperは、4桁と6桁のパスワード、指紋認証または顔認証でロックされたiPhone / iPadを簡単にロック解除します。
  • 最新のiPadまたはiPhoneを使用している場合、問題はありません。LockWiperは、壊れた画面のiPhoneを面倒なく簡単にリセットします。

無料で試す無料で試す

LockWiperで壊れた画面のiPhoneをリセットする手順

ステップ 1: iMyFone LockWiperをパソコンにダウンロードしてインストールします。 それを起動します。

ステップ 2:“Start”「スタート」を選択し、iPhoneとパソコンを接続します。

remove iphone screen lock

ステップ 3: LockWiperはDFUモードでiPhoneを起動するためのガイドを表示します。 DFUモードに入るためにご使用中のiPhoneモデルと一致するガイドに従ってください。

dfu mode

ステップ 4:ファームウェアパッケージをダウンロードする前に、お使いのデバイスモデルを確認し、異なっている場合は手動で修正してください。 次に、“Download”「ダウンロード」をクリックします。

download firmware package

ステップ 5: ファームウェアパッケージがダウンロードされたら、 "Start to Verify"「確認開始」をクリックします。

verify firmware package

ステップ 6: 確認に成功した場合は、“Start Unlock”「ロック解除開始」をクリックしてロック解除プロセスを開始します。

verification success

ステップ 7:通知を慎重に読み、 "000000"と入力してデバイスのロック解除に同意したことを確認し、“Unlock”「ロックを解除」をクリックしてください。 後は、ロック解除プロセスが完了するまで待つだけです。

confirm unlock

ご覧のとおり、LockWiperを使用すれば、壊れた画面のiPhoneを簡単にリセットできます。リセットしたいけど画面が壊れている場合、是非ダウンロードして試してみてください。

無料で試す無料で試す

解決策 2: iCloudを使用して壊れた画面のiPhoneを工場出荷時の状態に戻す

iCloudの「iPhoneを探す」機能を使用してiPhoneを工場出荷時の状態に戻すサービスは、iPhoneの紛失や盗難に対するデータの破損を防ぐ良い方法です。 これは、壊れた画面のiPhoneの消去にも適しています。 しかし、このサービスを受けるには、画面が破損する前に、iPhone上で「iPhoneを探す」 iCloud機能を有効にしておく必要があります。

したがって、「iPhoneを探す」が有効になっている場合のみ、次の手順に従って工場出荷時の状態にリセットできます。

ステップ 1:www.iCloud.comにアクセスし、Apple IDでログインしてください。

ステップ 2:「iPhoneを探す」> 「全てのデバイス」をクリックします。

ステップ 3:画面が壊れているiPhoneを選択し、「iPhoneを消去」を選択します。 これにより、デバイスの工場出荷時のリセットが実行されます。

工場出荷時設定にリセットする前に iosデータをバックアップする2つの方法

壊れた画面のiPhoneを工場出荷時の状態にリセットすると決めたら、電話機のストレージメモリを消去する前に最近のファイルをバックアップすることが適切です。iPhoneをバックアップするには、iTunesとiMyFone TunesMateという2つの方法があります。

#1. iTunesで壊れた画面のiPhoneをバックアップする方法

壊れた画面のiPhoneのバックアップ方法としてiTunesを選択した場合は、次の手順を実行する必要があります。

ステップ 1:パソコン / MacでiTunesを起動し、iPhone をパソコンに/Macに接続し、iPhone上でパソコンを信頼してください。

ステップ 2:iTunesウインドウのトップバーからご使用中のiPhoneを選択してください。

ステップ 3:「今すぐバックアップ」をクリック。

ステップ 4:iTunesバックアップが正常に完了したかどうかを確認するには、「概要」をクリックします 最新バックアップの下にある日付と時刻を確認します。

itunes-backup-iphone

#2. iMyFone TunesMateで壊れた画面のiPhoneをバックアップする方法

iMyFone TunesMateを使用してiTunesを使用せず画面が壊れたiPhoneをバックアップする、より良い方法があります。 このコンピュータベースのソフトウェアを使用し、画面の壊れたiPhoneやMacまたはWindowsパソコンにメディアファイルを自由に転送できます。

TunesMateはiOSのデータ転送に関した以下の重要な機能を提供します。

tunesmate iphone transfer

100万以上のダウンロード

  1. 双方向データバックアップ:iPhoneからパソコンまたはパソコンからiPhoneにデータをバックアップします。
  2. 復元可能なiTunesライブラリ:以前に破損または紛失したiTunesライブラリを復元します。
  3. すべてのデータタイプのバックアップをサポート:音楽プレイリスト、ポッドキャスト、オーディオブック、写真、ビデオなど、あらゆる種類のiOSデータまたはメディアファイルをバックアップします。

無料で試す無料で試す

iMyFone TunesMateで画面が壊れたiPhoneのバックアップに関するガイド

ステップ 1:お使いのコンピュータにTunesMateをダウンロードしてインストールし、USBケーブルを使用してiPhoneをパソコンに接続します。

connect-iphone-to-computer

ステップ 2: "Transfer iDevice Media to iTunes" 「アイデバイスメディアをiTunesに転送」タブをクリックして、デバイスをスキャンします。

transfer-idevice-media-to-itunes

ステップ 3:"Start"「スタート」タブをクリックして、メディアファイルをパソコンに転送します。

start-to-back-up-iphone