iPhone6に6回連続誤ったパスコードを入力すると、ロックアウトされてしまいます。iPhoneが無効化されましたというメッセージがお使いのiPhone6の画面に出てきます。どのようにそれを直すのかを学びましょう。 以下の方法によりお使いのiPhone6をリセットしてパスワードを削除することができます。事前にバックアップをしていないとiPhoneのデータは消えてしまいます。

iPhone6がロックされたときにリセットする4つの方法

locked iphone

1. ロックされたiPhone6を永久リセットする

iPhone6のデバイスに6回以上連続で誤ったパスコードを入力すると自動的にロックアウトされてしまうことはすでにご承知でしょう。iPhoneが無効化されましたというポップアップメッセージが出たままの困った状況で立ち往生はしたくないでしょう。ロックされたときにiPhone6をリセットして直す方法はいくつもありますが、iMyFone LockWiperの解除ソフトウェアを使うのが最良の選択です。この方法は、一番の安全策であるだけでなく、お使いのiPhone6のリセットプロセスの前後最中常に安全な状況を保ちます。

lockwiper unlock iphone passcode

100万以上のダウンロード

ロックされたiPhone6をロックワイパーでリセットする

  • すぐに解除: いくつかクリックするだけで、お使いのiPhone4/5/6/7等をパスコードなしで瞬間的に解除することができます。

  • 出荷時設定リセットオプション: 出荷時設定リセットを使ってiPhoneを解除する機会を提供します。このプロセスは安全なので、ご安心ください。

  • 複数の解除機能をサポート: お使いのiPhoneの4桁解除、6桁パスコード、タッチID、フェイスIDにも使えます。

  • ロック、無効化、壊れたiOSスクリーンもサポート: iMyFone LockWiperは、ロック、無効化、あるいは壊れたiOSスクリーンにも問題なく機能します。

無料で試す無料で試す

iMyFone LockWiperを使ってロックされたiPhone6をリセットする:ステップ1:お使いのPCでiMyFone LockWiperのソフトウェアを開き、「開始」をクリックします。お使いのiOSデバイスをコンピューターに接続します。

remove iphone screen lock

ステップ2:インタフェースのステップに従ってiPhone/アイパッドをDFUモード復旧モードに起動します。

dfu mode

ステップ3:デバイスがDFU/復旧モードになったら、iMyFone LockWiperがデバイス情報を表示します。次にファームウェアをダウンロードします。

download firmware package

ステップ4:ダウンロードが終わったら、ファームウェアを確認します。「確認開始」をクリックします。

verify firmware package

ステップ5:その後、「解除開始」をクリックして解除プロセスを開始します。解除プロセスも確認する必要があります。このプロセスはすぐに終わり、iPhoneは無事解除されます。

removing screen lock

このようにしてロックされたiPhone6を無事リセットすることができました。

無料で試す無料で試す

2. iCloudを使ってパスワードを削除することでロックされたiPhone6を出荷時設定にリセットする

お使いのiPhone6に「iPhoneを探す」設定をしてあれば、この方法をお使いください。
  1. 他のデバイス(コンピューターや他のアイ・デバイス)でicloud.com/findに行きます。

  2. AppleIDを使ってサインインします。

  3. トップバーから「すべてのデバイス」をタップします。

  4. ロックされたiPhone6を選択し、「iPhoneを削除する」をクリックします。

そうすると、ロックされたパスワードを含めてすべてのデータと設定がロックされたiPhoneから削除されます。
use iCloud

3. iTunesを使ってパスワードを削除することでロックされたiPhone6を修復する

最近iTunesをを使ってiPhoneを同期化したならば、iTunesを使ってロックされたiPhone6を修復することができます。

  1. まず最初に、普段同期化するPCかMacにiPhoneを接続しiTunesを開きます。

  2. iTunesがパスコードの入力を求めてきたら、以前同期化したことのある他のコンピューターを使うか、recovery modeを使う。

  3. iTunesがiPhone6と同期化し、バックアップを作成します。もしそうならなければ、iTunesのデバイスタブをクリックし、下の右端の同期化ボタンを押します。

  4. 同期化のプロセスが終わったら、「iPhoneを修復する」をクリックします。お使いのiPhone6で「iTunesのバックアップから復旧する」をクリックします。

  5. iTunesで「iTunesのバックアップ」を選択します。

4. 復旧モードを使ってパスワードを削除することでロックされたiPhone6をリセットする

この方法は、iPhone6をiTunesと同期化してなかったり、「iPhoneを探す」機能を有効化していない場合に使えます。
  1. まずお使いのiPhone6をコンピューターに接続し、iTunesを開きます。

  2. iPhone6が接続されたら、復旧モード画面が出てくるまでスリープ/ウェイクボタンとホームボタンを同時に押さえることで強制再起動をします。

  3. 修復かアップデートを聞かれたら、修復を選びます。

Recovery Mode