iPadが無効になるということは、よくある話です。持ち主が近くにいない間に好奇心旺盛な子供たちがiPadに間違ったパスワードを何度も入力したのかもしれません。 Appleは、間違ったパスワードを何度も続けて入力したときに無効化することで、iOSデバイスを保護しています。

これは、パスワードを忘れたため、または子供がiOSデバイスにいたずらをしたために、無効のiPadは諦めて新しいものを購入する必要があるという意味でしょうか?この質問に対する答えはノーです。この記事では、iPadが無効化されている問題の解決法をご紹介します。

方法1: LockWiperで無効になっているiPadのロックを解除する

iMyFone LockWiperは、無効になっているiPadから問題を排除し、iPadへのアクセスを取り戻すために作られたツールです。このツールはiPadのロックを解除するだけではなくiPhoneのロック解除にもご利用いただけます。 LockWiperは、ほぼすべてのiOSバージョンをサポートしています。iOS 11.4、iPhone 8/8 Plus、およびiPhone Xで動作しているすべてのデバイスのロックを解除できます。また、このツールは、壊れた画面のiPad / iPhoneもサポートしています。LockWiperに搭載される機能は次のとおりです。

iMyFone LockWiperの主な機能

lockwiper unlock iphone passcode

  • LockWiperは、パスワードを入力せずに画面ロックを解除します。

  • 6桁、4桁のパスワードにかかわらず、iOSデバイスのロックを解除します。

  • 顔認証または指紋認証が認識されない場合でも、顔認証または指紋認証のロックを解除できます。

  • このツールは、無効になっているiPadの問題も解決します。

無料で試す無料で試す

LockWiperを使用して、無効なiPadを手間なく簡単に有効化できるとお伝えしています。本当に無効のiPadのロックを簡単に解除できるのか、手順の概要をご紹介します。

  1. パソコンでiMyFone LockWiperを起動し、無効になっているiOSデバイスをパソコンに接続します。Start「開始」をクリックしてロック解除プロセスを開始します。

  2. 次に、iOSデバイスをリカバリモードまたはDFUモードにします。

  3. 次に、ファームウェアパッケージをダウンロードしてください。

  4. ダウンロードが完了したら、Start to Verify 「確認開始」をタップし、Start Unlock「ロック解除開始」をクリックします。iPadのロックが解除されるまで数分お待ちください。

方法2: iTunesで無効になっているiPadのロックを解除する

  • 以前、同期に使用したパソコンにiPadを接続します。

  • iTunesを開きます。パスワードの入力を求められた場合は、同期した別のパソコンを試すか、リカバリモードを使用することもできます。

  • iTunesがiPhoneと同期をしてバックアップを作成するまで数分お待ちください。

  • iTunesがデバイスの同期とバックアップを完了したら、「デバイスの復元」をタップします。

  • デバイスの復元中に「設定」画面で「iTunesバックアップから復元」をクリックします。iTunesでデバイスを選択し、バックアップを選択しデバイスを復元します。

方法3: iCloudで無効になったiPhoneのロックを解除する

  • パソコンでiCloud.comを開きApple IDとパスワードを使ってサインインします。

  • ページ上部の「すべてのデバイス」をタップして、ロックを解除するために消去するデバイスを選択します。

  • iPhoneをネットワークに接続してから、iCloudで「iPhoneを消去」をタップします。消去後、iPadの無効化は解除されます。