app_store
無料で試す
  • Win
  • Mac
  • iOS

「iPhone 8 は使用できません iTunesに接続」問題を回復なしに解決する

iPhone上で「iPhoneは使えませんiTunesに接続」は、iPhone XR/XS/Xで起こるかもしれませんし、iPhone8では言うまでもありません。もし貴方のiPhone8が無効化してしまったとしたら、それを使うことはできません。電話をかけることも、メールを書くことも、今晩行われる重要な打ち合わせを忘れないように、友人にリマインドのテキストを送ることすらできないのです。このデバイスを再び使えるようにするためには、この無効化したデバイスを修正する方法を見つけなければなりません。この記事では、「iPhone8は無効化されましたiTunesに接続」問題の修正を手助けすることに焦点をあてます。しかし、この問題を修正する前に、貴方のiPhone8又は8 plusが、どうして無効化してしまったかを学びましょう。

回復なしに「iPhone 8は使えませんiTunesに接続する方法」を修正する方法

実は、バックアップをとっている場合を除いて、回復なしにiPhone8の無効化を解決する方法は他にはないのです。ええ、無効化したiPhone8/8 Plusをバックアップできます。注意して欲しいのは、以前に同期したことのあるiTunesでしか、無効化したiPhoneをバックアップできないことです。過去に同期したことのあるiTunesがある場合には、以下のステップに従ってください:

ステップ1:過去に同期したコンピュータに、無効化したiPhone 8/8 Plusを接続して、iTunesを起動して下さい。

ステップ2:iTunesがデバイスと同期するまでに数分間待ち、バックアップを作ってください。

ステップ3:同期とバックアップ作成の完了後、iTunesでiPhoneを回復するをタップしてください。

iPhoneを復元する

ステップ4:スクリーン上の手順に従って、セットアップスクリーンへと進んで下さい。iTunesバックアップから回復するを選択して下さい。iTunesで貴方のデバイスを選択して下さい。最も関連のあるバックアップを探して、それを用いてiPhoneバックアップを回復して下さい。

iTunesのバックアップから復元する

注意:

このプロセス全体を通じて、パスコードは一切聞かれません。しかし、もしパスコードを聞かれたとしたら、以前同期したことのある他のiTunesに変更する必要があります。

貴方のiPhone 8がiPS 11.4又はそれ以降であれば、USBアクセサリーが「設定 > Touch ID & パスコード」で有効化していることを確認して下さい。さもなければ、この方法が機能しない可能性があります。

 

iTunesなしに「iPhone 8は使えませんiTunesに接続」を修正する方法

無効化したデバイスを以前にiTunesと同期していなかったとしても、「iPhone 8 plusは使えませんiTunesに接続」問題を修正できないというわけではありません。この問題は、iMyFone LockWiperとして知られるサードパーティーのツールを使うことで、非常に簡単に解決できます。このツールによって得られるベネフィットには以下のものがあります:

iMyFone LockWiperの機能

lockwiper iphoneのパスコードのロックを解除

100万以上のダウンロード

  • パスコードを要求されることなく、無効化したスクリーンを直ちに回避できます。

  • 全ての種類のロック:Face ID、YTouch ID、4又は6桁のパスコード、そして他のどのようなロックをも削除することができます。

  • 又は使用済み又は中古品の解除 でさえも、98%の成功率を約束します。

  • iPhoneスクリーンが故障又は無反応になった時に、ロックを削除できます。

  • iPhone 8、 iPhone X/XS/XRとそれ以前のバージョンのiPhoneと完全に互換性があります。

無料で試す無料で試す

LockWiperを使って「iPhone 8 は使えませんiTunesに接続」を修正するステップ

LockWiperの使用は難しくありません。デバイスを有効化させるための、以下の簡単なステップに従うだけです:

ステップ1:パソコンにLockWiperをダウンロード、インストール、起動して、開始をタップしてください。無効化したデバイスをコンピュータに接続して下さい。

ステップ2:デバイスをDFUモードにして下さい:「iPhone 8又はそれ以降」を選択して、スクリーン上に表示される指示に従ってください。

DFUモード

ステップ3:次のステップでは、デバイスのファームウェアをダウンロードします。正しいデバイスが自動検出されていることを確認して下さい。自動検出されなければ、正しいデバイスを手動で選択し、ダウンロードをタップしてください。

ファームウェアパッケージをダウンロードする

ステップ4:ファームウェアのダウンロード後に、認証を開始するをタップして下さい。認証後、解除を開始するをクリックして下さい。

解除開始

ステップ5:000000を入力し、解除をタップして下さい。デバイスが解除するまでお待ちください。

解除を確認

無料のiMyFone LockWiper公式認証コードはありますか? [解答済み] >>

無効化したiPhone 8/8 PlusをiCloud経由で消去する方法

デバイスのパスコードを思い出せないのであれば、iCloudを用いて、遠隔操作でデバイスを消去できます。デバイスを消去することにより、パスコードを削除し、それにより「iPhone8は使えませんiTunesに接続する」問題を無くします。以下に、従うべきステップを示しました:

ステップ1:コンピュータのウェブブラウザ―で、icloud.comを開きます。

ステップ2:指示に従い、Apple IDとパスコードを使ってサインインして下さい。

ステップ3:iPhoneを探すを見つけ、クリックして下さい。

iPhoneを探す

ステップ4:ブラウザーウインドウの上部に、全てのデバイスオプションが表示されているはずです。このオプションをタップしてください。

iPhoneを消去します

ステップ5:消去したいデバイスを選んでください。[デバイスの名前]を消去するをタップしてください。これにより、デバイスは消去され、それにより解除されます。

iPhoneを探す

この方法が機能する必要条件はこちら:

  • 無効化したいPhone8は、iCloud accountでサインインされており、iPhoneを探すが有効化されていなければなりません。

  • iPhone8/8 Plusは、遠隔消去できるように、インターネットに繋がっていなければなりません。

貴方のiPhone 8/8 Plusが無効化した理由

間違ったパスワードを数回連続して入力すると、iPhoneは無効化します。間違ったパスワードを5回入力しても、デバイスには影響しないでしょう。しかし、パスコードを6回から9回連続して入力すると、iPhoneが使えなくなる時間はそれに応じて長くなります。間違ったパスワードを10回入力すると、iPhoneは完全に使えなくなります。以下では、間違ったパスワードの入力回数に応じた、iPhoneが使えなくなる時間を示しました。

  • 間違ったパスコードを6回入力すると、iPhoneは1分間使えなくなります。

  • 間違ったパスコードを7回入力すると、iPhoneは5分間使えなくなります。

  • 間違ったパスコードを8回入力すると、iPhoneは15分間使えなくなります。

  • 間違ったパスコードを9回入力すると、パスコードを再び入力するのに60分間待たなければなりません。

  • 間違ったパスコードを10回入力すると、iPhoneを使うことはできません。デバイスには、無効化した旨が表示され、iTunesに接続しなければなりません。

間違ったパスコードを10回以上連続して入力しない限り、iPhoneが無効化することはないことは知るに値することです。

結論

「iPhone8は使用できませんiTunesに接続」問題に直面しているのであれば、簡単に修正できます。この記事により、使用可能な主な解決方法が分かります。上記のiTunesを用いた方法は、iPhoneはiTunesに同期した時に限り適用可能です。私たちが述べた3つの方法のうち、最良の方法はiMyFone LockWiperです。LockWiperには制限が一切ありません。このツールは、購入前に試すことができます。

無料で試す無料で試す