どうして iPhoneは無効になるのですか?

iPhoneは、パスワードの試行が6回失敗した後で初めて無効になります。 つまり、最大5回まで異なったパスワードを試せるという事です。 6回目の試行が終わると、iPhoneは1分間無効になります。7回目の試行では、5分間iPhoneにアクセスできない状態になります。

iTunesを使わずにiPhoneの無効化を解除する最も簡単な方法

この問題を解決するためのさまざまな方法がありますが、その中でもこの目的のために作成されたプラットフォームがiMyFone LockWiperです。パスワードを忘れた、iPhoneが無効になった、ロックがかかった中古iPhoneに入れないなど、iPhoneの画面ロックに関する問題を簡単に解決するために開発されました。

lockwiper unlock iphone passcode

100万以上のダウンロード

LockWiper - 無効化解除の最良の方法

  • 数分間、または永久に無効化されたiPhoneをすぐに使用できます。

  • iPhoneはロックされたままですか?指紋認証、顔認証、4、6桁のパスワードなど、あらゆる種類のロックを削除できます。

  • iPhoneの画面が壊れていたり、反応しなくなった場合でも、100%安全で高い成功率を約束します。

  • パスワードなしでiPhoneをリセットします。これは、デバイスを中古品として販売するときに便利です。

  • 非常に使いやすく、数回のクリック、数分で終わります。

無料で試す無料で試す

LockWiperを使用してiPhoneの無効画面をリセットする

iMyFone LockWiperは、とても簡単でご家庭でも、必要であればどこからでも使用可能なDIYプログラムです。まずは、ソフトウェアをパソコンにインストールしましょう。LockWiperをインストールした後、デバイスのロックを解除するには、以下の手順にお進みください。

Windows用ダウンロード & Mac用ダウンロード

ステップ1. パソコンでiMyFone LockWiperソフトウェアを開き、 Start「スタート」をクリックします。iPhoneをパソコンに接続してください。iMyFone LockWiper screenshot

ステップ2. 画面上の指示に従ってiPhoneをDFUモードで起動します。

iMyFone LockWiper screenshot

ステップ3. iOSデバイス情報を確認してください。自動的にデバイスの情報を検出して表示します。確認してDownload「ダウンロード」をクリックします。

iMyFone LockWiper screenshot

ステップ4. ファームウェアパッケージを確認するためにStart to Verify「確認開始」をクリックします。

iMyFone LockWiper screenshot

ステップ5. 確認に成功したら、Start Unlock「ロック解除開始」をクリックします。このプロセスは非常に迅速で、iPhoneのロックが解除されるまでに数分しかかかりません。

iMyFone LockWiper screenshot

iMyFone LockWiperは、何千人ものユーザーと有名なメディアによってテストされており、高い評価を得ています。このソフトウェアはとてもお勧めです。是非ダウンロードしてお試しください。

無料で試す無料で試す

iMyFone LockWiper review

同期していたiTunesでiPhoneの無効化を解除する

iTunesを使ってこの問題を修正することもできます。 iTunesの復元機能により、iPhoneが消去され、無効になっている画面が削除されます。 この方法は、以前iPhoneと同期していたiTunesでしか利用できません。

ステップ1: iPhoneをパソコンに接続します。

ステップ2:iTunesを開くと、iPhoneの同期とバックアップが開始されます。

ステップ3:完了したら、iPhoneのタブをクリックします。右側のパネルに、「iPhoneの復元」というオプションがありますのでクリックします。restore iPhone

ステップ4:画面上の指示に従って復元を完了します。

ステップ5:iOS設定アシスタントがiPhoneの設定を要求した場合、「iTunesバックアップから復元」を選択します。

restore form iTunes backup

ステップ6:iTunesでデバイスを選択し、iPhoneの最新のバックアップを選択してください。

select iTunes backup

この方法の利用条件

  • iTunesは、以前iPhoneと同期していたものでなければなりません。プロセス中にもしパスワードを尋ねられた場合には、この方法は使えません。

  • iPhoneがiOS 11.4.1以降を実行している場合は、iPhoneの[設定]> [指紋認証とパスワード]にある[USBアクセサリ]を有効にします。(この設定はデフォルトで無効になっています。)

iCloudでiPhoneの無効化を遠隔解除する

iPhoneがiCloudアカウントにリンクされている場合は、次の手順に従って、iCloudからiPhoneを消去できます。

ステップ1:Webブラウザからicloud.comにアクセスしてください。Apple IDとパスワードを使ってログインします。

ステップ2:「iPhoneを探す」をクリックする。

Find iPhone

ステップ3:携帯電話の位置を示す地図画面に変わります。画面上部の「すべてのデバイス」をクリックし、消去するiPhoneを選択してください。

ステップ4:「iPhoneの消去」をクリックして、消去開始の確認をします。

Erase iPhone

いったん消去すると、新しいiPhoneのように起動します。

この方法の利用条件

  • iPhoneを事前にiCloudアカウントにリンクし、「iPhoneを探す」の設定をします。

  • iPhoneがリンクされているApple IDとパスワードを覚えてなければなりません。

  • 無効のiPhoneを遠隔で消去するには、インターネットに接続する必要があります。

誤ったパスワード入力でiPhoneが無効化されないようにする方法

iPhoneが無効になってしまうのを防ぐ方法。

  • 複雑で長いパスワードを設定し、パスワードが拒否されるまでに長い文字列を入力する必要を作ります。

  • iPhoneをポケットに入れていて無効になるのが驚くほど一般的なので、iPhoneを別のポケットに入れてください。

  • 意図的にまたは誤ってパスワードを入力している人の、手が届かない場所で管理してください。

  • iPhone X / XS(Max)/ XRを使用している場合は、指紋認証または顔認証システムを使用してください。

最後に、iPhoneを復元する必要がある場合に備えて、常にiPhoneをバックアップすることをお勧めします。