アイフォンが無効化されたりロックされたりするのは悩ましいことです。いろんな状況でこれは起こり得ります。たとえば、パスワードを忘れたとき、画面が壊れたとき、あるいは「アイフォンは無効化されました」というエラーメッセージを受けたとき。この問題に面した場合、アイチューンを通してデバイスを復元する必要がありますが、アイチューンのファイルをバックアップしていなければデータをすべて失ってしまうし、時々アイチューンでは問題は解決されません。したがって、この記事では、無効化されたアイフォンをアイチューンを使わずに直す3つの方法を紹介します。

無効化されたアイフォンをアイチューンを使わずに直す方法

アイフォンが無効化された問題を直面し、アイチューンを使いたくないという場合、以下のいずれかの方法を使って無効化されたアイフォンを直すことができます。

1. 無効化されたアイフォンを「アイフォンを探す」機能で解除する

無効化されたアイフォンをアイチューンを使わずに他の方法で直すことができることを知ってる人はあまりいません。この問題を解決するのに便利なのが、アップルの「アイフォンを探す」機能を使う方法です。これを使うと、アイ・デバイスを遠隔操作で解除、探知、リセットすることができます。以下の手順に従ってください。

ステップ 1: アイクラウドのアカウントにログインし、「アイフォンを探す」機能に行き、「デバイス」オプションをクリックします。

ステップ 2: 無効化されたアイ・デバイスを選びます。

ステップ 3: 次に、アイフォンを探し、音を鳴らしてロックします。無効化されたアイフォン6をアイチューンを使わずに直した場合、デバイスを削除する必要があります。

テップ 4: 「デバイス削除」オプションをタップし、確認します。「アイフォンを探す」機能は、遠隔操作でアイフォンを削除します。find my iPhone

2. 無効化されたアイフォンをアイマイフォン・ロックワイパーを使って解除する

アイフォンユーザーが自分のiOSデバイスに問題が起きたとき、まっさきにアイチューンのソフトウェアに頼るのは普通です。それでは、「アイチューンは何度問題を解決してくれたことがありますか?」とお聞きしたいです。アイチューンは公式のiOSデータ管理・転送ツールでしょうが、iOSデバイスのユーザーにとっては欠陥や不便な面があり、無効化されたiOSデバイスを解除しようとするときに避けたいと思うことがあります。 

無効化されたアイフォンをアイチューンを使わずに、iMyFone LockWiperを使うことで直すことができます。これは、いろんなiOSデバイスのロック画面をパスワードなしで解除するためにソフトウェアです。したがって、アイフォンが無効化されたとき、iMyFone LockWiperを使えば、アイチューンを使わず簡単に直すことができます。

lockwiper unlock iphone passcode

100万以上のダウンロード

LockWiperは、無効化されたアイフォンをパスワードなしで解除する

  • iMyFone LockWiperは、数クリックするだけで無効化されたアイフォンを解除することができます。

  • iMyFone LockWiperは、ロック、無効化、画面の破損したアイフォンも簡単に直し、解除することができます。

  • LockWiperを使って、4桁、6桁パスコード、タッチIDとフェイスIDなどすべてのiOSロックを解除することができます。

  • 最新のアイパッドやアイフォンと互換性がある解除ツールが必要であれば、ロックワイパーを選んでください。

  • LockWiperは100万人以上のiOSデバイスユーザーに満足されていることを誇っています。

無料で試す無料で試す

無効化されたアイフォンをLockWiperを使って解除する手順

ステップ1:まずiMyFone LockWiperをPCにダウンロード、インストール、起動します。「開始」を選択します。

remove iphone screen lock

ステップ2:アイフォンをコンピューターに接続します。

connect idevice to pc

ステップ3:アイフォンをDFUモードに起動します。インターフェースの手順に従います。

dfu mode

ステップ4:アイフォンのデバイス情報を確認します。情報が正しくなければ、正しいものをドロップダウンメニューから選択できます。次に「ダウンロード」ボタンをクリックします。

download firmware package

ステップ5:ダウンロードが終わったら「確認開始」をクリックし、ファームウェアを確認します。

verify firmware package

ステップ6:次に、「解除開始」タブをクリックします。

verification success

ステップ7:ポップアップ画面で「000000」を入力し、解除を再度確認し、「解除」をクリックします。

confirm unlock

ステップ8:数分のうちに無効化されたアイフォンが解除されます。

removing screen lock

無料で試す無料で試す

3. 無効化されたアイフォンをSiriを使って解除する

無効化されたアイフォンの問題を解決するのにSiriも使えるということに驚くかもしれません。しかし、この方法は、iOS 8.0からiOS 10.1を使っているiOSデバイスのみ互換性があります。無効化されたアイフォン5sをアイチューンを使わずSiriを使って直す方法を、以下の手順で説明します。

ステップ1:アイフォンの「ホーム」ボタンを押してSiriを起動し、次に「時計」のアイコンをクリックしてプロセスを開始します。

ステップ2:「世界時計」のインターフェースに行き、新しい時計を加えるという選択をします。

ステップ3:市の検索を聞かれます。何かタイプし、「すべてを選択」オプションをクリックします。

ステップ4:次に、コピー、定義、切り取りなどいくつかのオプションが表示されます。「共有」オプションをクリックします。

ステップ5:「メッセージ」アイコンをクリックし、進みます。

ステップ6:「宛先」欄が現れるので、何かタイプし、「戻る」ボタンを押します。

ステップ7:テキストが緑色で表示されます。それをクリックし、プラスアイコンをクリックします。

ステップ8:新しいウィンドーが現れます。「新しい連絡先作成」ボタンをクリックします。

ステップ9:その後、写真の追加を選択するので、「写真を追加」オプションをクリックします。

ステップ10:写真ライブラリーが現れたら、写真アルバムに行きます。

ステップ11:写真を選択する代わりに、「ホーム」ボタンを押してインターフェースを閉じます。これでデバイスのホーム画面が立ち上がります。

restart iPhone

今後、無効化されたアイフォン/アイパッドをアイチューンを使わず直すことを避ける方法

  • 最も簡単な方法は、誤ったパスコードを何度も入力するのを避けることです。そうすれば、アイ・デバイスが無効化されたり自動的にロックされたりするのを防げます。

  • 複雑なパスコードを設定します。拒否されるまで長い文字列を要求するからです。

  • 誤ってあるいは意図的にパスコードを入力するかもしれない人の手にアイフォンが届かないようにしておきます。

  • デバイスを復元する必要があってもまだアクセスできるように、定期的にアイフォンのファイルやデータをバックアップしておきます。