他の権限のない人からのアクセスを防ぐために、iPhoneにパスコードを設定しているユーザーは多いです。残念ながら、日常生活で、パスコードを忘れることは多くの人によくあることです。パスコードを忘れたときは、ほとんどの人は、パスコードを繰り返し推測しようとするでしょう。間違ったパスコードを6回、iPhoneに入力すると、無効化し、解除するまではiPhoneを使えなくなります。幸いにも、無効化したiPhone XR/XS/XS Max/X/8/7/6/SE/5/4を回復する方法をここから学ぶ手助けができます。

無効化したiPhoneを回復する正しい方法を選んでください

無効化したiPhoneを回復するには4つの方法があります。それぞれの方法は、独自の手順と有益な点があります。

  1. 簡単な方法が良いのであれば、iPhoneのパスワードロック解除を使ってどのような無効化又は解除した状況においても、無効化したiPhoneからiPhoneを救出します。最新の

  2. 以前にiPhoneをiTunesに同期したことがあれば、 iTunesのようなものを使って iPhoneをバックアップし、回復することができます。

  3. iPhoneを探す」がiPhoneで有効化し、Apple IDとパスワードを知っているのであれば、iCloudを使って iPhoneとそのパスコードを遠隔操作で消去することもできます。

  4. 以前にiPhoneを同期したことがあるか、又は「iPhoneを探す」を有効化できなければ、リカバリーモードを使って無効化したiPhoneを回復することができます。これが一度にうまくいかないことが時々あり、うまくいくまでこのステップを何回も繰り返す必要があるかもしれません。

無効になっているiPhone

LockWiper経由で直ちに無効化したiPhoneを回復する方法

iPhoneパスコード又はiCloudパスコードの入力の必要なく、無効化したiPhoneを回復する方法、つまり、効果的で完了までにわずか数分しかかからない方法を探しているのであれば、iMyFone LockWiper が、貴方の必要としているツールです。このツールにより、iPhone、iPadスクリーンパスコードを簡単に解除又は回復することができます。このiPhone解除ツールにより、如何なるパスコード、Touch ID、Face IDも解除することができます。

lockwiper unlock iphone passcode

100万以上のダウンロード

LockWiperの素晴らしい機能:

  • 煩わしさなく、無効化したiPhoneを回復し、パスワードを削除します。

  • デバイス設定にアクセスする際に、パスワードなしに、Apple IDを全てのiDeviceを回避することができます。

  • スクリーン画面が反応しない時でさえも、パスワード無しに、ロックされたiPhoneを解除することができます。

  • 4桁又は6桁のパスコード、FaceID、Touch IDといったどのような形式のスクリーンロックもサポートします。

  • 全てのiOSバージョン、iPhone、iPad又はiPod touchに互換性があります。iOS 12とiPhone XS (Max)も含まれています。

無料で試す無料で試す

如何なるパスワードもなしに、無効化したiPhoneを回復するステップ

ステップ1:iMyFone Lockwiperをコンピュータにダウンロード、インストールしてください。そして、ソフトウェアを起動してください。開始ボタンをクリックして解除プロセスを開始してください。

ステップ2:USBケーブルを用いて、iPhoneをコンピュータに接続してください。スクリーン上の指示に従い、デバイスをDFUモードにしてください。

ステップ3:ファームウェアパッケージをデバイスにダウンロードしてください。ファームウェアがダウンロードされたら、認証を開始するボタンをクリックしてください。これにより、ファームウェアの、貴方のデバイスとの互換性を確保します。

ステップ4:ツール上の認証を開始するボタンをクリックしてパスコードの削除を開始してください。000000を入力して、解除をクリックして、このツールを使ってiPhoneを解除することを承認してください。

iPhoneが解除されるまでしばらくお待ちください。時間はかかりません。その後、iPhoneを新しいパスコードでセットアップして下さい。

同期されたiTunesを用いて無効化したiPhoneを回復する方法

もし貴方が最近、このサービスを用いてコンピュータにデバイスを同期したのであれば、iTunes経由でiPhoneを回復することができます。iTunesにより、パスコードを消去し、再度iPhoneへアクセスすることができます。

ステップ1:iPhoneを同期するのに用いたコンピュータとiPhoneを接続してください。

ステップ2:iTunesをコンピュータ上で起動してください。iTunesは自動的にデバイスを検出し、同期を開始し、データをバックアップします(パスコードを聞かれたら、以前に同期したことのある他のiTunesに変更してください。)。

ステップ3:同期とデータのバックアップが完了したら、iPhoneを回復するボタンをクリックしてください。

iTunesを使ってiPhoneを復元する

ステップ4:完了したら、「iTunesバックアップから回復する」より、iPhoneをセットアップできます。最も最近又は関連のあるバックアップファイルを選択して、回復プロセスを開始してください。

iTunesのバックアップから復元

この方法が機能する条件:

  • そのiTunesとiPhoneを信頼し同期したことがあること。

  • この方法は、iPhoneが無効化してから1日以内に限って有効です。

  • iPhoneのバージョンがiOS11又は12であれば、「USB アクセサリー」(「設定>Touch ID &パスコード」から見つかります)を有効化しなければなりません。

  • 「USBアクセサリー」が無効化されていたら、この方法は、iPhoneが無効化してから1時間以内に限り有効です。

iCloud経由で無効化したiPhoneを回復する方法

iCloudサービスを使って、ブロックされたiPhoneを回復することもできます。このサービスにより、iPhoneを遠隔操作で消去し、アクセスを得ることができます。

ステップ1:icloud.comをコンピュータのブラウザーで開き、Apple IDとパスワードを用いて、アカウントにサインインしてください。

ステップ2:iPhoneを探すオプションをクリックしてください。

ステップ3:ディスプレイスクリーン上部の全てのデバイスをタップしてください。

ステップ4:一覧から無効化したデバイスを選択してください。

ステップ5:iPhoneを消去するボタンをクリックして、消去プロセスの開始を承認してください。

iPhoneを消去します。

この方法が機能する条件:

  • 携帯通信であれWi-Fiであれ、iPhoneがインターネットに接続されていなければなりません。

  • デバイスにiPhoneを探す機能をセットアップしなければなりません。

  • iPhoneがサインインしたApple IDとパスワードがなければなりません。

リカバリーモードで無効化したiPhoneを回復する方法

これは、貴方の無効化したiPhoneを回復するより劇的な方法です。iPhoneとパスコードを削除します。

ステップ1:iPhone又はiPadをコンピュータに接続し、iTunesを起動してください。コンピュータを持っていない場合は、友人から借りてください。

ステップ2:接続されている間、強制的にiPhoneを再起動してください。

  • iPhone 8及びそれ以降のバージョン:ボリュームアップボタンを素早く押して離し、ボリュームダウンボタンを素早く押して離し、iTunesロゴが見えるようになるまで、サイドボタンを押し続けて下さい。

  • iPhone 7/7 Plus:iTunesロゴが見えるようになるまで、ボリュームダウンボタンとサイドボタンを押し続けて下さい。

  • iPhone 6s及びそれ以前のバージョン、iPad又はiPod:iTunesロゴが見えるようになるまで、ホームボタンと再度ボタン(又はトップボタン)を同時に押し続けて下さい。

ステップ3:コンピュータに、回復する又は更新するのオプションが出てきます。回復するをここでは選択してください。

iPhoneを復元する

iTunesは最新のiOSファームウェアをiPhoneにダウンロードします。しかし、15分以上経過すると、iPhoneは回復モードを終了することに気を付けてください。その際には、最終的にうまくいくまで、このステップを再び繰り返す必要があります。


端的に言うと、iPhoneが無効化されたら、修正する方法は回復することしかありません。回復なしに、無効化したiPhoneを修正することはできません。データを一切消失したくなければ、同期したiTunesを用いて、まずバックアップすることができます。簡単にしたいのであれば、iMyFone LockWiper が最良の選択となるでしょう。無効化されたiPhoneを解除するのに、数回のクリックと数分しかかかりません。

無料で試す無料で試す