概要

MP4動画を編集する際に、長いクリップをカットして細かく調整したい場合はよくあるでしょう?YouTubeやTwitterなどにMP4を投稿する時にビデオの長さを短くすることも必要ですが、MP4ファイルをカットして不要の部分を削除するのは普通です。本記事では、初心者でも簡単にこれを実行できる方法を紹介します。

皆さんもご存知だと思いますが、MP4ファイルをカットするには信頼性の高いソフトが必要です。ここでは、動画編集ソフト「iMyFone Filme」をお勧めしたいです。

Filmeを推薦する理由:

  • WindowsとMacの両方とも使え、各種のフォーマットの動画、写真、音楽が一括に編集できる優秀なソフトです。
  • トリム、カット、切り抜き、回転、速度調整などの基本的な編集タスクはもちろん、トランジションエフェクトの追加文字入れなど、動画をより魅力的なものにすることも可能です。
  • 編集された動画はiPhoneやApple TVなどのデバイスに最適な形式として出力でき、また直接的にYouTubeやTwitter、Vimeoにエクスポートすることも可能ですが、動画の再生は快適で楽です。

このソフトで、MP4ファイルを元のビデオ品質を保持するまま、任意の長さにカットできます。後はその手順を詳しく紹介しますが、まずこれをダウンロードして下の動画マニュアルに従ってやってみよう!

Filme カット編集 動画マニュアル

文字版の説明は次で確認しましょう!

ステップ1:MP4ファイルをFilmeにインポートする

MP4ファイルをコンピューターからFilmeのアルバムにインポートする方法は二つあります。

  • 一つは「ファイル」をクリックしてMP4ファイルを追加する方法です。
  • もう一つはMP4ファイルを直接にアルバムにドラッグ&ドロップする方法です。

そしてそれらの編集したいMP4ファイルを下部のタイムラインにドラッグしてください。

MP4ファイルのインポート

ステップ2:MP4ファイルをカットする

青い枠線をドラッグして、クリップをカットしたい箇所に移動します。そして上部のツールバーにある「はさみ」アイコンをクリックすると、1つのMP4クリップは2つに分けます。

MP4をカットする

不要なMP4クリップを削除したいなら、右クリックして「削除」を選択すればいいです。上部の「ゴミ箱」をクリックしても取り除けます。

また、必要に応じて、ドラッグ&ドロップでそれらのMP4クリップを並べ直すことができます。しかし、ファイルの位置を重ねないように注意してください。そうでなければ、元のファイルが分割されます。

カットしたMP4クリップを削除

ステップ3:カットされたMP4ビデオをエクスポートする

「出力」をクリックして出力ウィンドウをポップアップします。そこで、「ローカル」や「デバイス」、「YouTube」などのプラットフォームに編集した動画を出力できます。必要に応じて適切なものを選択すればいいです。

さらに、「フィアル」アイコンで保存先が変更でき、「(歯車)設定」アイコンで動画の解像度などを細かく設定できます。

動画をエクスポート


まとめ

MP4ファイルをカットしたいなら、操作しやすい動画編集ソフト「iMyFone Filme」をお勧めします。ドラッグ&ドロップだけでパソコンから簡単にビデオをインポートできます。カット編集する時、スライダーでたやすく操作でき、各種の操作ともワンクリックで完了ですです。さらに重要なことはMP4をカットした後、エクスポートされたビデオ画質は無劣化ですので、MP4編集需要がある方はぜひ試みてください!