デジタルデータリカバリーとは、デジタルデータソリューション株式会社が運営しているサービスです。パソコンやハードディスクに入っているデータを誤って削除してしまった場合に、復旧することができる方法です。

そこで、デジタルデータリカバリーに関する評価は?信用できるのか?などネット上の情報を見たら不安になるでしょう?

そもそも、ネット上の好評とも、悪評とも、人為的によってアップさせる可能性があるので、客観的に評価を求めるなら、機能面に絞ったほうがよいかと思います。

そこで今回は、デジタルデータリカバリーに依頼するメリット・デメリットについて解説していきます。これを見て自ら判断を出しましょう。

最速のソリューション⇒iMyFone AnyRecoverで即時に復元(操作方法はこちらへ)

1.デジタルデータリカバリーとは?

デジタルデータリカバリーとは、95.2%という高い技術力を誇る復旧サービスです。現在、20万件以上の実績があり、法人や官公庁の依頼も多数受けていると言われているので、信頼度が高い企業と言われています。即日対応も行っており、デジタルデータリカバリーに依頼すれば、より早く確実にデータ復旧が可能だと言われています。

2.デジタルデータリカバリーのメリット

ではまずは、デジタルデータリカバリーにデータ復旧を依頼するメリットについてご紹介していきます。


95.2%という高い実績

デジタルデータリカバリーの魅力は、95.2%という高い復旧率を誇っています。

最近はパソコンやiPhoneなど、データを保存しているものがたくさん増えてきており、データを誤って消してしまうというトラブルも多くなっています。

大切なデータを誤って消してしまうと大変ですが、デジタルデータリカバリーのサービスを利用すれば高い確率で復元することができるので、安心と考えている人も多いようです。


80%が48時間以内に完了

デジタルデータリカバリーに依頼される案件の80%は、48時間以内に復旧されると言われています。

デジタルデータのリカバリーを業者に依頼すると、かなり長い時間がかかることもあり、その期間パソコンを預けていると仕事上で不便を感じることも多くなるでしょう。そのため、早くデジタルデータをリカバリーしてくれるのは大きなメリットとなります。


トップエンジニアが復旧を行う

デジタルデータリカバリーは、最先端の技術を有したエンジニアが多数所属しています。その中には、海外出身で日本以上の技術を身に着けているという方も多いようです。

そのため、さまざまな形で紛失してしまったデジタルデータをより確実にリカバリーすることができ、安心して任せられるでしょう。実際に口コミを見てみても、他社で断られた物理障害の場合でもデジタルデータリカバリーでは復旧できたという声もあるようです。


24時間365日受付している

デジタルデータがいつ破損するかは分かりません。破損が発覚してからは、できるだけ早く修復してほしいと思うでしょう。

デジタルデータリカバリーは24時間365日受付を行っており、大半が48時間以内に復旧できるので、迅速に復旧してもらうことができます。


3.デジタルデータリカバリーのデメリット

デジタルデータリカバリーはかなりメリットがたくさんある業者ではありますが、利用するデメリットもあります。そこでここからは、デメリットをご紹介していきます。


データ復旧の金額が高い

デジタルデータリカバリーだけではありませんが、データ復旧を業者に頼むと高額な料金が必要となります。その上、データ復旧が難しい場合には高額になってしまうことがあるので、注意が必要です。事前に見積もりを出してもらってから検討するようにしましょう。


復旧できなくても費用がかかる

デジタルデータリカバリーでは、作業に取りかかる前に費用のお支払いが必須となっています。そのため、データが復旧できるかどうかに関わらず、費用が発生する仕組みとなっているのです。

データの復旧率は95.2%と掲載されているので、復旧できないということも少ないですが、万が一復旧できなくても費用は返ってこないので、それを覚悟して依頼する必要があります。


4.費用を抑えたいならAnyRecoverがおすすめ

デジタルデータリカバリーは、高い復旧率と技術力で人気のあるデータ復旧サービスです。ただ、費用が高くなってしまうため、負担が大きいと感じる人もいるでしょう。そのような方には、「AnyRecover」がおすすめです。

iMyFone AnyRecover

  • 高い復旧率:オールラウンドスキャンとディープスキャン機能の組み合わせにより、紛失したデータをすべて掘り起こし復旧します。
  • 高速スキャン:独自のアルゴリズムで高速スキャンができ、たま都合に合わせてスキャンプロセスを一時停止・再開することもできます。
  • 無料体験:失われたデータを無料でスキャン・プレビューして、さらに三つのファイル(サイズの制限なし)を無料で復元できます。
  • お得ライセンス:8000円(通常)で永久ライセンスを入手でき、復元に制限なく生涯無料でソフトのアップデート・新機能を楽しめます。

AnyRecoverとは、復旧ソフトで自分でダウンロードして使うことができます。復旧ソフトの中ではかなり復旧率が高いと言われており、高速で復元することが可能です。

また、スキャンした無料データを見てから判断することができるため、かなりコスパよく高い確率で復元することが可能となっています。

失われたデータを取り戻すには、以下の手順に従って復元してください!

ステップ1.選択

AnyRecoverを起動して、データ復旧の場所(保存された場所)を選択します。

AnyRecover 選択

ステップ2.スキャン

場所を選択したら、選んだ場所を対象にスキャンが行われます。

AnyRecover スキャン

ステップ3.プレビュー&リカバリー

ご希望のエクセルをダブルクリックしたらプレビューできます。回復するには適切な場所を選んで保存してください。

AnyRecover プレビュー&リカバリー

まとめ

いかがでしたか?デジタルデータをより早くリカバリーできるかどうかは、今の時代ではとても大切なことです。

デジタルデータリカバリーを利用すれば、より高い確率で復元することができますが、多額の費用がかかることもあります。

そのため、費用を抑えつつ確実にデータ復旧を行いたいのであれば、AnyRecoverを使って大切なデジタルデータのリカバリーをやってみることをおすすめします。