HDDハードディスクから大事なデータを紛失した場合、どう対応したらいいでしょうか?また、まれにパソコンを地面に落ちて起動できなくなったり、HDD本体から異音・異臭が発生したりする場合、HDDからデータ復元はまだ可能でしょうか?

答えは、YES!正確な対処方法でしっかりHDDハードディスクからデータを復元できます!

これから、確実にできるHDDデータ復元の方法やデータ紛失の原因、原因の特定方法を徹底解説します。HDDのデータトラブルに遭っても慌てる必要がありません!

パート1.【初心者向け】紛失したHDDデータを復元する方法

うっかりハードディスクのデータを削除してしまっても慌てる必要はありません。すぐに対応すれば、消したデータを復元できる可能性は十分にあるのです。ここでは、初心者向けに安全で有効なHDDデータ紛失対策を紹介します。

方法1:HDDデータ復旧ソフトで迅速にハードディスク復元!

HDDからデータを消した、またはHDDをフォーマットしたときはデータ復旧ソフトを利用して自分で対処するのが一番でしょう。その中、高機能データ復元ソフト「iMyFone AnyRecover」がHDDデータ復旧に最適な選択であります。

外付けHDD、SSD、USBメモリー、SDカード、カメラなど様々のデバイスからデータを復旧可能で、画像、動画、ドキュメント、アーカイブなど1000以上のファイル形式に対応しております。さらに、たった3つのステップでスムーズにデータを復旧し、HDD(ハードディスク)の復元作業が誰にでも簡単にできます。

iMyFone AnyRecoverデータ復元

iMyFone AnyRecover

  • 高い復旧率:オールラウンドスキャンとディープスキャン機能の組み合わせに、検証され続けた復旧技術で高い復旧率を実現できました。
  • 高速スキャン:独自のアルゴリズムで高速スキャンができ、たま都合に合わせてスキャンプロセスを一時停止・再開することもできます。
  • 無料スキャン・プレビュー:失われたデータを無料でスキャンし、復旧したいファイルをプレビューして事前に確認することができます。
  • データセキュリティ:復旧業者に頼ることなく自ら復旧でき、自分のデータセキュリティとプライバシーをこの手で守り抜きます。

無料体験版でHDDから紛失したファイルをスキャン・プレビューして、内容を確認可能なので、失われたデータを取り戻すには、是非無料ダウンロードしてお試しください。

HDDからデータ復元

ステップ1.ソフトを起動して、消したデータの元保存場所(HDD)を選択します。

スキャンするHDDを選択する

ステップ2.「開始」ボタンをクリックして、データのスキャンを行います。スキャンが完了するまでしばらくお待ちください。

HDDをスキャンする

ステップ3.結果画面が出たら、ダブルクリックしてご希望のファイルをプレビューし、確認した後は「復元」をクリックしてご指定の場所に保存されます。

ファイルをプレビューして保存する

これで、HDDのデータ復元作業が完了しました。

障害が起きてから復旧ソフトをダウンロードするのはもう手遅れです。何より、データが上書きされるのを防ぐため、事前に復旧ソフトをダウンロードしインストールしたほうが最善でしょう。

方法2:故障したハードディスク(HDD)からデータを復元

ハードディスク(HDD)は物理障害で故障した、またはパソコンが起動できない場合は、データ復旧ソフトでの復旧はほぼ不可能ですので、復旧業者をお勧めします。以下の注意点を確認した上で復旧業者を選んでください。

〇 かかる料金:業者ではかかる料金は物理障害と複雑の論理障害いずれにしても10万円以上となります。データ復旧ソフトでは1万円以下で80%の論理障害からデータ復旧できますので、論理障害の場合では強くデータ復旧ソフトをお勧めします。
また、復旧業者からは診断料金が請求され、ネットに載っている金額を大幅に上回る見積金額、復旧できていないのに料金がかかるなどのトラブルに巻き込まれないよう注意してください。

〇 かかる時間:データ復旧ソフトでの復旧時間は「分/時間」を単位に数えられていることに対し、業者では「日」を単位に納品しています。お急ぎの場合、復旧業者の窓口まで持ち込むことも考えられます。

〇 セキュリティ:データのセキュリティや個人情報の安全問題などを視野に入れることも大事です。情報漏れのリスクがあるため、大手業者を中心に、情報セキュリティーポリシーを確認した上で慎重に選んでください。

パート2.基礎知識:HDDデータ紛失原因の特定方法について

不具合や誤操作で起こしたHDDのデータ紛失は、物理障害と論理障害の2種類に分けられます。結論から言うと、物理障害の場合はデータ復旧業者に依頼、論理障害の場合はデータ復旧ソフトを利用することをお勧めします。

故に、まず自己診断でデータ紛失の原因をこの2種類から特定する必要があります。

2.1 HDDの論理障害と特定方法

論理障害とは、HDD自体は正常に作動していながら、データに異常が発生している不具合のことです。データを誤って削除しったり、初期化してしまったり、システムがクラッシュしったりする場合は論理障害に特定できます。

よくある論理障害は下記の通りです:

  • パソコンが起動できない(物理障害の可能性も)
  • HDDのデータを誤削除
  • HDDデータの初期化
  • HDDパーティションの紛失
  • システムクラッシュ

2.2 HDDの物理障害と特定方法

物理障害とは、HDD本体に故障や破損が生じることです。HDD/SSD本体から異音・異臭が発生したりして、あるいは他の分かりやすい異常が生じている場合は物理障害に該当します。

注意:

物理障害の場合、使用し続けることや電源を入れて起動させることなどが障害を一層悪化させる危険性があります。直ちにパソコンをシャットダウンし通電しないでください。

よくある論理障害は下記の通りです:

  • パソコンが起動できない(論理障害の可能性も)
  • ディスクから認識されない
  • HDDから異臭
  • HDDから異音
  • パソコンを落とした

まとめ

HDDからのデータ復旧方法をいろいろ解説いたしました。まず自己診断でデータ紛失の原因を論理障害/物理障害から特定して、データ復旧ソフトあるいは復旧業者を慎重に選んで復旧してみて下さい。データ復旧ソフトなら、長年にわたって検証され続け実績を積み重ねたiMyFone AnyRecoverをお勧めします。万が一データトラブルに遭った際、ぜひダウンロードして復旧してみてください。