パソコンにより多くのデータを保存するために、HDDを購入したいという方は多いでしょう。

しかし、実際にどの製品を選ぶか見てみると、HDDの価格が多くありすぎて迷うという方は多いのではないでしょうか?

そこで今回はHDDの価格が違う理由と価格別のおすすめHDDをご紹介していきます。

HDDの価格が違う理由

HDDの種類はたくさんありますが、その価格が大きく異なる理由は何なのでしょうか?

HDDの容量

HDDには、それぞれ保存できるデータの容量が違います。

そのため、自分が使いたい容量に合わせて購入することが必要でしょう。

HDDのメーカー

同じ容量のHDDでも、発売しているメーカーによって価格が異なることが多くあります。

メーカーによって特徴が異なりますので、そのメーカーのこだわりを事前にチェックしておくとよいでしょう。

HDDの性能

HDDの性能によっても価格は異なります。

セキュリティを強化しているものやより速度にこだわっている商品などさまざまなHDDが用意されているので、自分がこだわりたい部分が搭載されているHDDを選ぶといいでしょう。

価格別・おすすめのHDD製品

ではここからは、価格別のおすすめHDD製品をご紹介していきます。

価格帯
おすすめHDD
1万円以下
TOSHIBA client HDD MQ01ABD
WESTERN DIGITAL WD40EZAZ
1~3万円
SEAGATE ST6000DM003
WESTERN DIGITAL WD62PURZ
3~5万円
TOSHIBA MN08ACA16T/JP
WESTERN DIGITAL WD120EFBX

価格帯:1万円以下のおすすめHDD

TOSHIBA client HDD MQ01ABD

TOSHIBAは価格の安さに定評があるHDDを多く扱っています。

そのため、5000円程度でも充分な容量のHDDを手に入れることができます。

MQ01ABDは1TBとなっているので、一般家庭で利用するのであれば、困ることはないでしょう。

TOSHIBA MQ01ABD

(出典:Amazon MQ01ABD


WESTERN DIGITAL WD40EZAZ

WESTERN DIGITALはHDD製造業者の2大巨頭と言われています。

そのため、その性能に関しては申し分ないですし、価格も安いのでコスパがよいと感じるでしょう。

WD40EZAZは4TBという大容量のHDDとなっている上に価格も1万円以下となっています。容量が多くて価格の安いHDDをお探しの方におすすめです。

WESTERN DIGITAL WD40EZA

(出典:Amazon WD40EZAZ

価格帯:1~3万円のおすすめHDD

SEAGATE ST6000DM003

SEAGATEは、HDD業界で最も古参のメーカーです。

その性能に対する信頼度も充分に高いですが、BarraCudaと呼ばれるシリーズはかなり価格も安くてお得なHDDです。

ST6000DM003は6TBの容量のHDDでありながら価格も1万円と安くなっています。そのため、容量と性能と価格の全てが揃ったHDDがほしいと思っている方におすすめです。

SEAGATE ST6000DM003

(出典:Amazon ZST6000DM003


WESTERN DIGITAL WD62PURZ

WESTERN DIGITALのWD Purpleシリーズは、24時間365日稼働できるセキュリティシステム向けのHDDとなっています。

容量も6TBと充分にある上に価格も2万円なので、お得なHDDです。価格が安くて耐久性のあるコスパのよいHDDを探している方におすすめです。

WESTERN DIGITAL WD62PURZ

(出典:Amazon WD62PURZ

価格帯:3~5万円のおすすめHDD

TOSHIBA MN08ACA16T

TOSHIBAのこの製品は、容量が16TBで価格が5万円以下となっています。この容量でこの価格はかなりコスパのよいHDDです。

より大きな容量のHDDをお得な価格で購入したい方におすすめとなっています。

TOSHIBA MN08ACA16T

(出典:Amazon MN08ACA16T


WESTERN DIGITAL WD120EFBX

WESTERN DIGITALのWD Redシリーズは、中小企業向けに作られたNASモデルです。

そのため、HDDにバックアップをとったデータを他の人と共有することができます。

HDDの容量も12TBと大容量で価格も4万円強なので、コスパのよいHDDと言えるでしょう。便利で信頼性が高く、価格の安いHDDをお探しの方におすすめです。

WESTERN DIGITAL WD120EFBX

(出典:Amazon WD120EFBX

まとめ

いかがでしたか?価格帯によってそのHDDの特徴は大きく異なります。価格だけでHDDを選ぶのではなく、その種類や容量も見て選択する必要があるでしょう。

また、HDDにも寿命がありますし、衝撃によって破損することもあるので、高い価格で買ったのに中のデータが消えてしまうということもあります。

そのため、自分のほしい価格帯のHDDを買ってデータを保存する時には、一緒に復元ソフトも用意しておく必要があります。

「AnyRecover」というソフトであれば無料でインストールできますので、より高いHDDを買うこともでき、おすすめです。

興味のある方は、ぜひ以下のチュートリアル動画「AnyRecoverでHDDからデータ復元」をご覧ください。

HDDからデータ復元