ファイルのデータが消えてしまったときや、ファイルまるごとどこかに消えてしまい探せないとき、慌ててしまう人も少なくないと思います。

ファイルのなかには大切なデータがたくさん含まれていますし、仕事ですぐに使うものかもしれません。また作り直せばいいやと思えるデータもあれば難しいものも。

そんなファイルデータを復元できるソフトを紹介します。ファイルが消えてしまい頭を抱えている人も、この機会にファイルを取り戻してみませんか。

ファイルのデータが消える原因は?

ファイルが消えてしまい慌てている人もいると思うのですが、ゴミ箱からも消え完全に削除しているとしても、ファイルそのものが消えたわけではありません。

ファイルの削除を選択すると、アクセスできるようになっていたリンクが消えます。その後、不要なデータ扱いとなりますが、ファイルが完全に消えているわけではないのです。

ファイルが消えると、上書きできる状態になり、なにかソフトウェアを使うなど別のファイルを更新するときにはじめて、もとの削除したファイルが消えることになります。

もし、パソコンを落としてしまいファイルが消えている場合は、何かしらのダメージが起こっている可能性があります。そのため、自分で取り戻そうとしても、できないケースがほとんどです。

日頃からバックアップをとっておくことで、ファイルが急に消えてしまったときも安心です。

ファイルのデータは復元ソフトを使おう

操作を間違えてファイルを消してしまい復元したいとき、復元ソフトを使うのがおすすめです。

ファイル復元ソフトは基本的には有料になります。無料で使えるとなると対象範囲が狭いなど機能が限られてしまいます。

ファイル復元ソフトを使うためにも、本当に信頼できるものを選ぶ必要があります。ファイル復元ソフトで迷っているあなたに、おすすめのソフトを紹介します。

1 iMyFone AnyRecover

ファイル復元ができるソフトで迷っている人にとっても、高確率で取り戻せるのがAnyRecoverの良さです。

うっかり消してしまったファイルも、時間が経過したファイルも、十分に取り戻せる可能性があります。

日本で作られた復元ソフトだからこそ安心感もありますし、使っても復元できなかったときは、返金保証がついていて無駄がありません。

安い復元ソフトや信頼できないような復元ソフトを使って後悔したくない人にも最適。

AnyRecover HP&interface

無料ダウンロード無料ダウンロード

自宅にいながら気軽に利用できる、ファイル復元ソフトです。データ容量の小さなものから大きなファイルなど幅広く対応しています。

ファイルのなかには、最終更新日が古いものや、作業の途中で消えてしまったものも復元できるかもしれません。

誰でも簡単に使える信頼性もあり、後悔したくない人から選ばれている復元ソフトでもあります。返金保証で無駄なく使えるので、急なトラブルにも安心できます。

メリット:

  • 無料からお試しで使用でき無駄がない
  • 有料版ならずとも高い復元率が自慢
  • 誰でも簡単に使えるソフトで使いやすい
  • 高速スキャン機能があるのであっという間に復元できる
  • パソコンに限らず使えるデバイスの幅の広さも特徴
  • 30日間の返金保証もあるので、お試しにも最適

デメリット:

  • プレビューで使える範囲が限られている

2 EaseUS Data Recovery Wizard Free

ファイルの種類が多く、復元したあとにわかりやすく管理したい人からも人気のソフトです。

有料版にしておけば、ファイルのなかに写真や動画などがあっても無理なく復元できるなど、柔軟な対応が期待できます。MacやWindowsなどに何でも使えてとても便利です。

最新バージョンでも無理なく使えるので、ファイルをどうしても復元したいと思っている人にとっても、嬉しいソフトではないでしょうか。

Wizard HP&interface

無料版でも93.7%越える復旧率が特徴のソフトです。これだけの可能性があるのは、EaseUS Data Recovery Wizard Freeだけかもしれません。

ファイルが消えてしまった原因なども問わないので、簡単操作でファイルが復元できる可能性があります。ファイルの形式なども関係なく使えます。

メリット:

  • 復元したファイルを種類ごとに管理できる
  • ファイルの時間ごとに使うツリー表示にも対応
  • リカバリーボタンを押すだけで初心者にも操作しやすい
  • データを一覧で確認できるので無駄のない作業が期待できる
  • サムネイルやプレビューにも対応しているなど幅広い

デメリット:

  • 有料版にならないと復元できないデータも多い
  • 2GBの上限があるので、データ容量の多いファイルには向かない

まとめ

ファイルを復元するときは、専用の復元ソフトを使うのをおすすめします。

種類もたくさんあるので、本当に信用できるソフトを選ぶようにしてください。ゴミ箱にないファイルも取り戻せる可能性がありますよ。