Western Digital(ウエスタンデジタル)というメーカーをご存じですか?

Western Digitalは1970年代にアメリカで創業されて以来、半導体製造業で売上を伸ばし、現代は多くのHDD(内蔵)の製造メーカーとして世界中で製品を販売しています。

そんなWestern DigitalのHDD(内蔵)の魅力はどのような点なのでしょうか?

今回はWestern DigitalのおすすめHDD(内蔵)をご紹介していきます。

Western Digitalとは?

Western Digitalは、世界を代表するHDD製造メーカーです。元々は半導体製造企業として収益を上げていたため、その経験を活かして他のメーカーでは作ることができないHDD(内蔵)を作っているのがWestern Digitalです。

この長い運営歴と高い品質がWestern DigitalのHDD(内蔵)の人気の理由となっており、日本国内でもトップシェアを維持しています。

Western DigitalのおすすめHDD(内蔵)

ではここからは、Western DigitalのおすすめHDD(内蔵)商品をご紹介していきます。

自由に容量を選ぶことができるWD Blue HDD

Western Digitalの製品の中でもスタンダードなHDD(内蔵)モデルが「WD Blue HDD」です。Western Digitalの製品の中で最もコスパがよいと言われているので、よりお得なHDD(内蔵)を探しているという方におすすめの製品となっています。

Western Digital Blue HDD

(出典:Western Digital公式サイト

Western Digitalの「WD Blue HDD」の1番の魅力は、HDD(内蔵)に求めるスペックやかけられる予算からお好みのものを選べるようになっている点です。

HDD(内蔵)の容量は500GBから6TB、回転数も7200・5400回転から選択できるので、Western Digitalの中でも人気の高い製品となっています。

また、Western Digitalの「WD Blue HDD」を購入すると、HDD(内蔵)専用のソフトウェアを利用することができ、簡単にバックアップができるという点も大きな魅力でしょう。

NAS用HDD(内蔵)で耐久性も抜群のWD RED PLUS

Western DigitalのHDD(内蔵)の製品の中で、NAS用の「WD RED」という製品があります。その既存のHDD(内蔵)をより強化したものがWestern Digitalの「WD RED PLUS」です。

NASとは、ネットワーク上で接続できるHDD(内蔵)という意味で、他のパソコンと簡単にデータ共有を行うことができるので、Western Digitalの中では中小企業向けに発売されている製品となっています。

Western Digital RED PLUS

(出典:Western Digital公式サイト

Western DigitalのHDD(内蔵)である「WD RED PLUS」は、独自のNASWAREを使っているため、最大112TBのデータを保存することができますし、簡単に情報共有ができるので便利に使うことができます。

また、Western DigitalのHDD(内蔵)・WD RED PLUSは、24時間365日いつでも稼働できる耐久性を兼ね備えています。ハードな仕事環境の中で新しいHDD(内蔵)を使いたいと考えている方は、Western Digitalの「WD RED PLUS」がおすすめです。

Western DigitalのHDD(内蔵)である「WD RED PLUS」は、より消費電力を削減することによって動作温度を低く保つことができる仕様となっています。そのことによって、Western DigitalのHDD(内蔵)の中でも長持ちする製品なので、コスパがよいと言われています。

Western Digitalの「WD RED」も高品質ですが、よりコスパや高い性能のHDD(内蔵)を求めるのであれば、「WD RED PLUS」がおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?Western DigitalのHDD(内蔵)は耐久性にも優れており、より多くのデータがバックアップできる仕様となっています。そのため、普段から多くのデータを保存するという方が多いでしょう。

しかし、Western DigitalのHDD(内蔵)も寿命やトラブルによって、中のデータが破損したり紛失してしまうリスクはあります。その時に大切なデータを守るためにも、復元ソフトを持っておくことは重要です。

復元ソフトをお求めの方には、信頼性の高い「AnyRecover」がおすすめです。

興味のある方は、「AnyRecover」の公式サイトにアクセスし、こちらのボタンから無料ダウンロードできます。

無料ダウンロード 無料ダウンロード