デジカメやスマホ、ゲーム機など幅広い機器に使用されているSDカード。

しかし、SDカードという言葉自体は知っていても「どのような機能を持ったものなのかわからない」「各SDカードの違いがわからない」という方もいるのではないでしょうか。

この記事ではSDカードとは何か、またその値段や売っている場所についても解説していきます。

SDカードとは

SDカードとはデータを保存できるメモリーカードのことです。

このSDカードを記録メディアとして利用している機器はSDカードがあるから写真や動画を保存できますし、ゲームのセーブポイントを作ることができます。もし、SDカードがなければ写真や動画を保存することはできませんし、ゲームもセーブポイントを作れないため電源を落とさずにプレイしなければなりません。

「SDカード」と「microSDカード」の2種類がある

SDカードにはデジタルカメラやビデオカメラで使われる「SDカード」とスマホやゲーム機で使われる「microSDカード」の2種類があります。

SDカードとmicroSDカードの違いはサイズと対応する機器にあり、性能的な面に違いはありません。

種類
サイズ
SDカード
24mm(横)×32mm(縦)×2.1mm(厚さ)
microSDカード
11mm(横)×15mm(縦)×1.0mm(厚さ)

また、SDカードとmicroSDカードは容量の違いによって以下のように分類されます。

種類
容量
(micro)SDカード
~2GB
(micro)SDHCカード
4GB~32GB
(micro)SDXCカード
64GB~2TB

各SDカードで最低転送速度が保証されている

SDカードには最低限の転送速度を保証する数値が記載されています。

その数値を表す規格をスピードクラスといい、数値が大きくなるほど転送速度は大きくなります。また、そんなスピードクラスはUHSスピードクラスとビデオスピードクラスへと拡張して、さらに高性能なものへと進化を遂げています。

機器の操作をより快適に行いたいのであればより転送速度が大きいSDカードがおすすめです。

SDカード 転送速度

(出典:SD Association

SDカードの選び方

SDカードは様々なタイプが販売されています。

SDカードの購入で失敗しないためにも以下の3点を満たしているものを選びましょう。

※SDカードの選び方:(クリックしてチェックしましょう)

SDカードの値段

SDカードを購入する際に気になるのが値段。

そこで価格.comを利用してSDカードとmicroSDカードそれぞれの最安値(2021年7月27日現在)を比較してみました。

種類
値段(最安値)
SDカード(2GB)
520円
SDHCカード(32GB)
1,295円
SDXCカード(64GB)
1,611円
microSDカード(2GB)
500円
microSDHCカード(32GB)
335円
microSDXCカード(64GB)
618円

SDカードよりもmicroSDカードの方が値段が低く設定されています。

これはmicroSDカードの方が需用量が多く、大量生産が行われているからです。基本的にSDカードはデジタルカメラやビデオカメラなどに使用され、microSDカードはスマホやタブレット、ゲーム機などに使用されています。

また、microSDカードの中には2GBよりも32GBの方が安く販売されているものもありました。

しかし、あまり名前を聞かないメーカーのSDカードはエラーで読み取れないという事態を引き起こす可能性もあるため、値段も大切ですが「どのメーカーが販売しているのか」ということも確認するようにしてください。

SDカードを売っている場所

SDカードは以下のような場所で購入することができます。

  • コンビニ
  • スーパー
  • ホームセンター
  • 家電量販店
  • ネット通販

これらの中でもネット通販で購入することをおすすめします。

ネット通販なら数多くのショップの中から一番安いところを探して購入することができますし、何より品数が他の販売場所よりも圧倒的に多く、自分に合ったSDカードを見つけやすいです。

注文から即日配送を行ってくれるショップも増えてきているため「今すぐに必要だ」という方でも安心して利用できます。

SDカードでよくある質問

SDカードでよくある質問についてまとめてみました。

自分では気づいていない疑問の解決につながるため確認しておきましょう。

  • SDカード・SDHCカード・SDXCカードの違いは?
  • スマホやゲーム機にSDカードは必要なの?
  • SDカードをフォーマットすると復元できない?

SDカード・SDHCカード・SDXCカードの違いは?

SDカード・SDHCカード・SDXCカードの違いは容量にあります。

2GBまでの容量を持っているものをSDカード、4GB~32GBまでの容量を持っているものをSDHCカード、64GB~2TBの容量を持っているものをSDXCカードといいます。

スマホやゲーム機にSDカードは必要なの?

スマホやゲーム機は必ずしもSDカードが必要というわけではありません。

なぜなら通常スマホやゲーム機には内蔵メモリが搭載されているからです。写真や動画、ダウンロード版ソフトなどは内臓メモリに保存されるため内臓メモリの容量が一杯になるまでは問題なく使うことができます。

しかし、写真や動画、ダウンロード版ソフトを多く保存している場合にはすぐに内部メモリが膨れ上がってしまいます。内部メモリが一杯になり保存できなくなるようならSDカードを使用するようにしましょう。

SDカードをフォーマットすると復元できない?

フォーマットして消去してしまったデータでもデータ復元ソフトを使えば復元させることができます。

ほとんどのデータ復元ソフトは有料ですが、中には無料で使用できるデータ復元ソフトもあります。無料のデータ復元ソフトの中には逆に復元を困難にさせてしまうものもあるため信用できるソフトなのか見極めてから使用するようにしましょう。

SDカードのデータを復元するなら「AnyRecover」

SDカードのデータを復元するならiMyFone社が提供するデータ復元ソフト「AnyRecover」がおすすめです。

iMyFone社は2015年に設立された新しい会社ですが、2021年現在100カ国以上、200万人以上に愛用されており安心して利用することができます。また、「AnyRecover」は無料体験版がリリースされており、3つまでファイルの復元に費用がかかることがありません。

iMyFone AnyRecover

  • 高い復旧率:オールラウンドスキャンとディープスキャン機能の組み合わせにより、紛失したデータをすべて掘り起こし復旧します。
  • 高速スキャン:独自のアルゴリズムで高速スキャンができ、たま都合に合わせてスキャンプロセスを一時停止・再開することもできます。
  • 無料体験:こちらでダウンロードできる無料体験版では、データのスキャン・プレビューは無論、三つのファイルを無料で復元できます。
  • 高い汎用性:SDカードだけではなく、USBメモリー、外付けHDD、デジタルカメラなど様々なデバイスにからデータを復元できます。

復元までに必要な手順もたったの3ステップとカンタンなのでぜひ試してみてください。

ステップ1.

SDカードをパソコンに接続後、AnyRecoverを起動してデータ元の保存先(SDカード)を選択します。

AnyRecover 選択

ステップ2.

SDカードを選択すると自動的にスキャンが始まります。

AnyRecover スキャン

ステップ3.

復元したいファイルを選択して「回復」をクリックし、復元先を指定して「保存」すると完了です。

AnyRecover プレビュー&リカバリー


詳しい操作方法はこちらの動画チュートリアルを参照してください:

sdカードデータ復元

まとめ

この記事ではSDカードとは何か、またその値段や売っている場所についても解説してきました。

SDカードとはデジカメやスマホ、ゲーム機で使用できるメモリーカードのことです。

サイズや容量によって呼び方が異なり、それぞれで転送速度も異なっています。SDカードを購入する際には自分が使用する機器に対応しているSDカードの中で容量や転送速度などが自分に合ったものを選ぶようにしましょう。