データ復旧サービスとは、ハードディスクやパソコンなどに入っているデータを誤って紛失してしまった場合に復旧できるサービスです。

自分でどれだけデータに注意をしていても、大切なデータを削除してしまったということはあるでしょう。ただ、紛失した後にデータを復旧することができなければ、その後の仕事や生活の中で困ってしまいますよね。

そこで今回は、復旧を行う際にどのような方法があるのか、サービスを利用する必要性、データ復旧サービスの業者の選び方についてご紹介していきます。

また、データ復旧サービスよりデータ復旧ソフトを優先にすべき場合を説明します。これからどう対応するのがベストなのかを自ら判断できます。

1.データ復旧サービスを利用する必要性

大切なデータをなくしてしまった場合に、「自分で復旧すればいいんじゃないの?」「業者が行っているサービスを使う必要ってある?」と考える人はいるのではないでしょうか?そこでまずは、データ復旧サービスを利用するメリットについてご紹介していきます。


1.1 完全にデータが消えていない場合がある

データを紛失したという場合に考えられるのは、実はデータは消えていないというパターンです。

データが表示されていなくても、見えないだけでデータはあり、簡単に復旧できるというケースも多くあります。

その場合に自分で復旧しようとしてしまうと、逆にデータを紛失してしまう可能性があります。

そのため、データ復旧サービス業者のサービスを利用した方が安心な場合もあるでしょう。


1.2 火災など事故の恐れがある

パソコンやHDDに異常があると、火災が起きてデータが消えることもあります。このような故障の場合、データは紛失しておらず、復旧できる可能性が高いです。

しかし、無理にパソコンを起動してデータを確認しようとすると、火災が起きて復旧が不可能になりえます。そのため、自分で対処せずにデータ復旧サービス業者のサービスを利用した方が安全な場合もあることを覚えておきましょう。


2.おすすめのデータ復旧サービス業者の選び方

データが破損している可能性がある場合、データ復旧サービス業者に依頼した時に中のデータは業者に見られてしまいます。

そのため、サービス料が安いからといって適当に業者を選ぶと、大切なデータが盗まれる可能性もあるのです。サービスを依頼する前にデータ復旧サービス業者を選別することは重要で注意してほしいです。


2.1 全国でサービス提供をしている業者

データ復旧サービスを利用する場合に、地方から東京の業者に復旧を依頼しようと思うと、郵送の必要があります。そうなると、郵送の途中に大切なデータが破損してしまうことも考えられます。

また、預けたところが悪徳なサービスを行っている場合、大切なデータが盗まれてしまいます。機密データや個人情報だった場合、復旧できたとしても不安が残りますよね。

ただ、全国でサービス提供をしている業者の場合、自分でパソコンを店舗に持ち込むことができるので安心して復旧できます。安心できるサービスを利用したい場合には、自宅や職場の近くで探しましょう。


2.2 サービス前に無料診断がある業者

データ復旧サービス業者によっては、サービスを受ける前に無料診断が用意されているところもあります。

その場合、本当に安心して任せられるかどうかをサービス購入前に検討することができますし、復旧にかかる料金もある程度知ることができます。今データがどうなっているのか、どれくらい復旧に時間がかかるのか、サービス費用はどれくらいなのか、すべて把握してデータ復旧サービス業者に任せられれば安心でしょう。


2.3 成功報酬型となっている業者

データ復旧サービス業者によって、報酬を払うタイミングは異なります。実際にデータ復旧サービスの場合、復旧してみないとかかる費用が分からないケースは多くあります。

しかし、事前に支払いがある場合、復旧できなかったのに高い費用を払うこともありえます。そのため、大切なデータが戻ってから報酬を払うことができる業者をおすすめします。


2.4 復旧した実績がある業者

業者によっては、これまでにあまり復旧した実績がないというところもあります。そのような場合、サービスを購入してもデータを復旧できなかったということになりかねません。

サービス購入前にしっかり復旧実績を確認することが大切です。より難しい状況から復旧した実績があれば、安心してサービス購入ができるでしょう。


2.5 セキュリティ管理がサービス内容に含まれている業者

大切なデータを預ける場合、データ復旧サービス業者のセキュリティ管理も大切です。

サービスを依頼する業者がプライバシーマークを取得しているのかをチェックしておきましょう。復旧できても、データが漏れては意味がありません。重要なデータが入っている場合には注意しておきましょう。


3.データ復旧サービスではなく復旧ソフトをおすすめしたい場合

データ復旧ソフトよりデータ復旧サービスのほうが、復旧率が高いのは紛れのない事実です。なのに、データ復旧サービスではなく復旧ソフトをおすすめしたいのはなぜですか?


①セキュリティを特に重視する場合

データ復旧サービスとは、HDDやSSD、USBメモリなど障害が発生したストレージデバイスからデータを復旧・復元するサービスのことです。そして、データ復旧ソフトとは誤操作やシステムエラー、ウイルスなどが原因で、削除されたデータやファイルを復元するためのソフトウェアです。

そこで最大の違いとして、データ復旧サービスでは作業員(人)がデバイスやデータを扱うことに対し、復旧ソフトでは自ら操作することになります。

つまりデータ復旧サービスの場合、「他人」が操作しているので、到底コントロール・把握することはできない。結局、信頼できる復旧サービスを選んでも、個人情報の洩れなどデータセキュリティ問題は作業員次第です。

ところで、復旧ソフトでは情報洩れの恐れはないですか?ほとんどの場合、特に国際企業ではビッグデータを利用しお客様の行動を分析して製品の向上や売り上げの向上に繋がることが多いです。特定した個人のデータ内容より、無数の人間の行動(当該ソフトを購入する行動)で描かれた「群像」に意味があるとしています。


②復元スピードを特に重視する場合

通常、データ復旧サービスでかかる時間 = 郵送(移動) + 診断 + 復元作業 + 料金請求 + 郵送(移動)。全国でサービス提供をしている業者にしても、数日あるいは数時間がかかります。それに対しデータ復旧ソフトは、ダウンロード--インストール--復元操作--完了まで、数分から数時間程度(過大なデータ量)かかります。

急用がある場合、数時間をかけて店舗まで持ちいったりするのは無理が多いです。自らパソコンを起動し、ガイドに従って復旧ソフトを使用して復元のほうが楽で最速の対応策です。


③論理障害と自ら判断できる場合

パソコンやストレージデバイスに一定の基礎知識をお持ちの方には、自らデータ紛失を引き起こす原因を判断してもらいたいです。

水没・損傷・落下・過熱などの理由で、デバイスに異音・異臭がある場合、物理障害と簡単に特定し業者に任せたほうがよいです。削除・上書き・エラー・ファイルの破損など明らかに論理障害と判断できる場合、復元ソフトを使ったほうが相応しいと思います。

なぜかと言うと、データ復旧ソフトが論理障害のために設計された専門ソフトです。そして、お客様のフィードバックを品質向上に繋ぎ、年に数回の大きなバージョンアップと数十回の小さいなバージョンアップを遂げて進化し続けています。それに、守備範囲はデータ復旧サービの業者より小さいため(物理障害に対応しない)、より一筋で論理障害の復元に没頭し専攻できます。

そこで、復旧ソフトで復元したい方には「AnyRecover」がおすすめします。興味のある方にはぜひ確認してください。

iMyFone AnyRecover

  • 高い復旧率:オールラウンドスキャンとディープスキャン機能の組み合わせにより、紛失したデータをすべて掘り起こし復旧します。
  • 高速スキャン:独自のアルゴリズムで高速スキャンができ、たま都合に合わせてスキャンプロセスを一時停止・再開することもできます。
  • 論理障害に専門:論理障害のために開発した専門ソフトです。現在、ほとんどの論理障害に対応でき、クラッシュしたPCも復元できます。
  • データセキュリティ:高度な暗号化技術によりデータセキュリティを保護し、自らデータ復旧でご自身のプライバシーを守ります。

まとめ

いかがでしたか?データ復旧サービスを利用する場合、その業者のサービス内容をチェックすることが大切です。大切なデータを安心して任せられるのか、確実に復旧することができるのか、サービス内容が充実しているのかの情報を集めてから依頼しましょう。

また、自分で復旧しようと考える人もいると思いますが、復旧ソフトがより優位に復元できる場合をチェックして活用してください。