iMyFone LockWiper 使用ガイド

Apple ID/iCloudアカウントや、iPhoneのパスコード、スクリーンタイムパスコードを忘れましたか?または、iOSデバイスがMDM管理者画面でロックされましたか?iMyFone LockWiperはこの四つの問題を解決するのに最も適切なロック解除方法を提供しております。

本ページで、iPhone/iPad/iPod touchからApple IDを削除、パスコードを解除、スクリーンタイムや機能制限パスコードを解除・回復、モバイルデバイス管理(MDM)ロックを回避・バイパスする具体的な方法を確認してください。

 

パート1.Apple IDを削除する方法

ステップ1 iMyFone LockWiperを起動

コンピュータでiMyFone LockWiperを起動して、ホーム画面から「Apple IDのロックを解除」を選択します。

 iPhoneからApple ID削除

iOSデバイスをコンピューターに接続し、デバイスの画面のロックを解除します。iPhoneの画面に「このコンピュータを信頼しますか?」と表示されたら「信頼」をタップしてください。

コンピューターを信頼

ステップ2 Apple IDのロックを解除

「解除開始」ボタンをクリックして、iPhone/ iPad/ iPod touchで登録しているApple IDとiCloudアカウントを削除します。

解除開始

 

状態1:「iPhoneを探す」が無効の場合(すべてのiOSバージョンに対応)

iOSデバイスで「iPhoneを探す」が機能していない場合は、Apple IDの削除作業はすぐに開始されます。

Apple IDロック解除中

処理が完了するまでに少し時間がかかりますので少々お待ちください。

Apple IDロックを解除

 

状態2:「iPhoneを探す」が有効の場合(iOS 11.4 前のバージョンに対応)

「iPhoneを探す」が有効になっている場合は、まずiOSデバイスの設定をすべてリセットする必要があります。すべての設定をリセットするには、「設定 > 一般 > リセット > すべての設定をリセット」を選択してください。そして、iOSデバイスが自動にリセットを実行して再起動します。その後、LockWiperはApple IDとiCloudアカウントの削除作業を開始します。

すべての設定をリセット

プロセスが完了すると、Apple IDとiCloudアカウントはiOSデバイスから完全に削除されます。 そして、別のApple IDでサインインするか、新しいアカウントを作成することができます。

Apple ID解除完了

 

状態3:「2ファクタ認証」が有効の場合(iOS 11.4 以降のバージョンに対応)

「2ファクタ認証」が有効になっていると検出される場合は、まずデバイスで「設定 >  Apple ID  > パスワードとセキュリティ」の順に進み、2ファクタ認証がオンになっているか確認してください。状態は「オン」の場合は、「はい」をクリックします。

2ファクタ認証を確認

ステップ1 ファームウェアをダウンロード&確認

プログラムは、接続中のデバイス状態と利用可能なファームウェアを自動的に検出します。検出されたファームウェアから使用するバージョンを選択し、「ダウンロード」をクリックします。

ダウンロードが開始できない場合は、「コピー」をクリックしてWebブラウザでダウンロードすることができます。

すでにダウンロード済みのファームウェアが存在する場合は、「選択」をクリックして追加してください。

ファームウェアをダウンロード

ファームウェアパッケージのダウンロードと確認には少し時間がかかります。しばらくお待ちください。

ファームウェアを検証

確認完了後、「解凍」をクリックし、解凍が完了するまでお待ちください。

解凍開始

ステップ2 Apple ID を解除

「解除開始」をクリックします。作業中に、デバイスがパソコンとの接続に問題がないことを確認してください。

ロック解除を開始

注意事項をしっかりと読み、「000000」を入力して再確認してください。「解除」をクリックすると、デバイスは自動的にリカバリーモードに入ります。

Apple IDを解除

デバイスが自動的にリカバリーモードに入れない場合は、指示に従って手動でデバイスをDFU /リカバリモードにすることができます。

数分後、Apple ID のロックを解除する作業が完了します。

Apple IDの解除が完了

ステップ3 デバイスをセットアップ

デバイスが再起動したら、セットアップを完了してください。下記の画面が表示されたら、「パスコードでロックを解除」をタップします。

次に、「デバイスのパスコードを使用」をタップし、画面ロックのパスコードを入力します。その後、新しいApple IDを使用して、すべての機能を楽しむことができます。

デバイスをセットアップ

 

パート2.iPhoneの画面ロックを解除

iPhoneパスコードを忘れ、または何度も間違ったパスコードを入力してデバイスがロックアウトされたことがありますか?どんな種類のパスコードでも、iMyFone LockWiperを使用すれば、パスコードなしでiPhone / iPadの画面ロックを迅速かつ確実に解除することができます。

ステップ1 コンピューターでiMyFone LockWiperを起動

LockWiperを起動し、「iOSデバイスの画面ロックを解除」を選択してください。

iPhoneのパスコードを解除

次の画面で「開始」ボタンをクリックして処理を開始します。

ご注意:

  • 1.パスコードを解除すると、デバイス内の全データが消去されます。
  • 2.ロック解除後、デバイスのiOSは最新バージョンにアップデートされます。
  • 3.作業中にコンピューターとの接続を切断したりしないでください。

iPhoneの画面ロックを削除

iPhone/ iPad/ iPod touchをUSBケーブルでコンピューターと接続ます。「次へ」をクリックすると、デバイス情報が読み込まれ、画面に表示されます。

iデバイスをPCと接続

デバイスが認識されない場合は、手動でデバイスをDFU / リカバリモードにして検出させることができます。

ステップ2 ファームウェアをダウンロード&解凍

利用可能なファームウェアが自動的に検出されますので、バージョン確認して「ダウンロード」をクリックします。

ファームウェアのダウンロードが失敗した場合は、「コピー」をクリックしてWebブラウザでダウンロードすることができます。

すでに利用可能なファームウェアが存在する場合は、「選択」をクリックして追加してください。

ファームウェアをダウンロード

ファームウェアをダウンロード&確認するには、数分かかります。

ファームウェアをダウンロードして確認

確認が完了したら、「解凍」をクリックして、処理が完了するまでお待ちください。

抽出開始

ステップ3 iPhoneの画面ロックを解除

「解除開始」ボタンをクリックして、iPhoneの画面ロックの解除作業を開始します。途中でコンピューターとの接続を切断しないようにご注意ください。

解除開始

注意事項をしっかり確認し、「000000」と入力して、作業実行を再度確認して、「解除」をクリックしてください。これで、デバイスは自動的にリカバリーモードに入ります。

解除を確認

デバイスが自動的にリカバリーモードに入らない場合は、手動でデバイスをDFU / リカバリモードにしてください。

数分後、デバイスの画面ロックが解除されます。

iPhoneのロックを削除

これで、iPhone / iPad / iPod touchのパスコードが正常消去されました。

解除完了

 

Tips: デバイスを手動でDFU /リカバリーモードにする方法

デバイス情報の読み込みやロック解除前にiPhoneが正常に検出されない場合は、手動でDFU / リカバリモードを起動する必要があります。

「その他のiDevice」「iPhone 7/7 Plus」「iPhone 8またそれ以降」から対応する手順を選んで、画面の指示に従って操作してください。

DFUモード

デバイスがDFUモードに入らない場合は、一番下の「デバイスをリカバリーモードにする」をクリックしてリカバリーモードを試してください。

上記と同じく、自分のモデルに対応する操作手順を参考してください。

リカバリーモード

 

パート3.スクリーンタイムのパスコードを解除

iPhone、iPad、iPod touchのスクリーンタイムパスコードまたは制限パスコードを忘れましたか? iMyFone LockWiperは、データを削除することなくパスコードのロックを解除できます。

ステップ1 iMyFone LockWiperを起動

iMyFone LockWiperを起動して「スクリーンタイムのパスコードを解除」を選択します。

スクリーンタイムパスコードを解除

ステップ2 デバイスをPC/Macと接続

iPhone/ iPad/ iPod touchをUSBケーブルでPC/Macと接続します。

接続が検出できない場合は、 「デバイスが認識されていません?」をクリックして問題を修復してください。

iPhoneをコンピュータに接続

次の画面が表示されると、デバイスで「信頼」をタップしてください。

コンピュータを信頼

ステップ3 スクリーンタイム&制限パスコードを解除

デバイスが検出された後、iOS 12以降を使用している場合は、スクリーンタイムパスコードの解除画面が表示されます。iOS 11およびそれ以前のバージョンであれば、機能制限パスコード解除のインターフェイスを参照してください。

ケース1: iOS 12 以降でスクリーンタイムのパスコードを削除

「解除開始」ボタンをクリックして次のステップに進みます。

スクリーンタイムパスコードを解除

スクリーンタイムのパスコードを解除するには「iPhoneを探す」を無効化にするが必要です。 指示に従って、「iPhoneを探す」を無効化にしてから、「続ける」 をクリックしてください。

iPhoneを探すを無効化

そして、LockWiperはiPhoneのスクリーンタイムパスコードを解除し始めます。

スクリーンタイムパスコードを削除

パスコードの削除が完了するまでしばらくお待ちください。処理が完了後、デバイスを再度セットアップする必要があります。セットアップを行う際には、以下の指示に従って、スクリーンタイムパスコードが完全に削除されたことを確認してください。

スクリーンタイムパスコードの削除に成功

ケース2: iOS 11 以前でスクリーンタイムのパスコードを回復

「解除開始」ボタンをクリックして次のステップに進みましょう。

制限パスコードの解除を開始

デバイス情報が読み込まれます。途中でコンピューターとの接続を切断しないでくだい。

デバイスを読み込む

ご注意:

iTunesバックアップが暗号化された場合は、パスワードを入力して暗号を解除してくだい。パスワードが知らない場合は、「ここをクリックしてください」をクリックして、別の方法で機能制限パスコードを回復しましょう。

iTunesバックアップパスワードを入力

デバイス情報が無事に取得できたら、機能制限パスコードの回復が自動的に開始されます。処理が完了するまでしばらくお待ちください。

制限パスコードを回復

プロセスが完了したら、現在設定してある制限パスコードが画面上に表示されます。デバイスで「設定 > 一般 > 機能制限」をの順に進んで、パスコードを入力して制限を解除し、制限設定を変更できるようになります。

制限パスコードの解除に成功

 

パート4.モバイルデバイス管理(MDM)を回避・削除

MDMアクティベーション画面からロックアウトされていましたか?またはデバイスにMDM制限がありますか?iMyFone LockWiperを利用すれば、たった3つの簡単なステップでデバイスのMDMを30秒以内に回避、または削除することができます。モバイルデバイス管理のロックを回避した後、すべての機能を使えるようになります。

コンピュータでLockWiperを起動し、「MDM 回避」を選択します。そして、「MDMを回避」と「MDMを削除」、この二つの解除モードが利用できます。

MDMを回避

モバイルデバイス管理(MDM)を回避

ステップ1 「MDMを回避」を選択

オプション画面で、「MDMを回避」をクリックします。

MDMを回避

ステップ2 デバイスをコンピュータに接続

iPhone / iPad / iPod TouchをUSBケーブルでコンピュータに接続します。

デバイスをPCに接続

デバイスはモバイルデバイス管理(MDM)のアクティベーション画面からロックアウトされ、使えない場合は、直後「回避を開始する」ボタンをクリックして処理を実行しましょう。

回避を開始する

デバイスにMDMロック画面が表示されていることを確認して、「完了」をクリックします。

MDM画面を確認

ステップ3 MDMを回避・バイパス

その後、LockWiperはiOSデバイスのMDM画面を回避・バイパスするプロセスを開始します。

MDM画面を回避中

プロセスが完了すると、MDM画面が回避され、デバイスは正常に再起動します。

MDM画面の回避に成功

モバイルデバイス管理(MDM)を削除

ステップ1 「MDMを削除」を選択

オプション画面で、「MDMを削除」をクリックします。

MDMを削除

ステップ2 削除プロセスを開始

iOSデバイスをコンピューターに接続して、「開始」クリックします。

「MDMを削除」を開始

ステップ3 MDMを削除

その後、LockWiperはiOSデバイスのモバイルデバイス管理(MDM)を削除するプロセスを実行します。

MDMを削除中

プロセスが完了すると、モバイルデバイス管理(MDM)が削除され、デバイスは正常に再起動します。

MDMの削除に成功

ご注意:

MDMロックを回避した後、デバイスの初期化やリセットすると、MDMロックの解除画面が再び表示されます。その場合は、もう一度LockWiperをご利用ください。

貴重なご意見ありがとうございます!

お役に立ちましたか?