すべての発明には長所と短所が同時に存在しており、最新のGPS技術も例外ではありません。サービスの提供をよりよいなどから見て確かに日常生活にとってメリットがあるが、プライバシーの観点から見ればいくつかの深刻な脅威も同時にもたらします。

上記の問題を解決するために、今多くの位置偽装アプリが開発されました。時間と伴い、逆に位置偽装類のアプリが多すぎて、いかに選択して利用するのかを迷っています。この記事ではプライバシーを保護するために開発された人気の位置偽装ツール6選を紹介します。

1. プロの位置偽装ツール - iMyFone AnyTo

iMyFone AnyToは、iOSシステムで位置偽装ツールとして驚かせるほどの成功を収めた後、Android向けのツールもリリースしました。すでに世界中の多くのユーザーから注目を集めています。 iOS向けの位置偽装ツールと同様に、iMyFone AnyToのAndroid向けの位置偽装ツールは最も安全に使用できるツールの1つと言っても過言ではありません。

AnyToの主な機能:

  • AnyToを利用して、数秒以内に世界の隅々まで設定できて、どこにでもGPS位置を変えることができます。
  • マップで目的地までのルートを計画し、カスタマイズされた速度で移動をシミュレートできます。
  • 現実世界で移動しているように、いつでもストップできます。
  • 設定された気に入り目的地を保存でき、何度も同じ目的地まで行けることができます。

位置情報を変更する具体的な手順は以下となります。

ステップ1:コンピューターで位置偽装ツールをダウンロードして、インストールします。「スタート」をクリックして、画面の指示通りでAndroid端末をPCに接続します。

AnyToを起動する

ステップ2:Android端末でロック解除して、「USBデバッグを許可しますか?」の画面で「OK」をタップします。

目的地へ移動する

ステップ3:AnyToマップが読み込まれたら、右上にある右から2番目のアイコンをクリックします。次に左上のあるテキストフィールドに目的地を入力します。それ以外、マップで目的地をクリックして選択することも可能です。

ステップ4:設定が完了すると最後に「移動」をクリックして、すぐ設定された目的地にいるように見えます。

Android向けAnyToのメリット:

  • 安全かつ簡単に操作できる。
  • SNSなどのアプリで偽装した目的地を共有できる。
  • カスタマイズされたスピードとルートを設定できる。
  • 最新版のAndroidバージョンと交換性がある。

AnyToのデメリット:

  • 使う前にまずPCと接続する必要がある。

2. Fake GPS location – Lexa

Fake GPS location

Fake GPS location – LexaはGPS偽装ツールの中でよく利用されるアプリです。多くの位置偽装アプリを試しましたが、Androidの位置偽装ツールで比較的にうまく利用できるのは、LexaのFake GPSLocationです。

具体的な操作手順は以下となります。

ステップ1:位置偽装ツールをAndroidデバイスにダウンロードします。インストールして起動します。

\

Fake GPS location

ステップ2:アプリを使用する前に、Androidデバイスで開発者向けオプションをオンにする必要があります。オンにするためには、「設定」を開き、「開発者向けオプション」を選択します。下にスワイプして、「仮の現在地情報アプリ」を選択して、利用したいアプリをタップして完了です。

最後にFake GPS locationを戻って、目的地を入力するだけで完成です。

メリット:

  • Androidのデバイスで設定した後で、たった目的地を入力するだけで移動できる。
  • 最新バージョンのAndroidと交換性がある。
  • カスタマイズされたスピードとルートを設定できる。
  • 最新版のAndroidバージョンと交換性がある。

デメリット:

  • 脱獄しないと利用できない。
  • アプリを完全に閉じても、元の本当の位置情報に戻ることができない場合がありそう。

3. GPS JoyStick

GPS JoyStick

偽のGPS位置情報アプリ – GPSJoyStickもよく利用されるAndroid向けの位置偽装ツールの1つです。GPSをずらす機能をテストするためであろうと、まったく別の理由で位置情報を偽造するためであろうと、このアプリは試す価値があります。

具体的な操作方法:

ステップ1:上記のリンクに移動し、Androidデバイスにこのアプリをインストールしてダウンロードします。画面の指示に従って進んでください。

GPS JoyStick

ステップ2:同じく設定の開発者向けオプションにある「仮の位置情報アプリ」でGPS JoyStickを選択します。

ステップ3:最後にアプリを開き、「場所を設定」オプションをクリックします。行きたい場所を設定して、再生ボタンを押したら完成です。

メリット:

  • 無料で使える。
  • ユーザーフレンドリーなインターフェースを備えている。

デメリット:

  • アプリ内で広告がある。
  • 位置情報ゲームを遊ぶと、BANされる可能性が高いそう。

4. Mock GPS with joystick

Mock GPS with joystick

Mock GPS with joystickの実行中は、画面にあるジョイスティックを使用して現在地を簡単に更新できます。使用したら無事に位置偽装できるので、ここで紹介します。

具体的な操作手順:

ステップ1:上記のリンクに移動し、アプリをダウンロードしてインストールします。このアプリを使用する前に、開発者向けオプションがデバイスでオンになっていることを確認してください。オンにするには、この記事の「偽のGPSロケーション-Lexa」セクションのステップ2に従ってください。

Mock GPS with joystick

ステップ2:開発者向けオプションがオンになったら、アプリを開きます。移動先の場所を検索し、検索結果に表示されたら選択します。

ステップ3:現在地を確認したら、「ここをクリックしてテレポートします」をクリックします。アプリのジョイスティックを移動して仮想のGPS位置に移動することもできます。

メリット:

  • ジョイスティック機能がある。
  • ユーザーフレンドリーなインターフェース。
  • 偽の場所まですばやくテレポートできる。

デメリット:

  • 「開発者向けオプション」を開けるAndroid端末のみ利用できる。

5. Fake GPS Location - Hola

Fake GPS Location - Hola

Fake GPS Location - Holaもよく世界中のAndroidユーザーに利用されます。大多数のユーザーが知っているのがHolaはVPNだと思われています。意外とHolaも位置情報を変更できます。

具体的には:

ステップ1:Fake GPS Location – Holaをダウンロードして、インストールします。

Fake GPS Location - Hola

ステップ2:「開発者向けオプション」の「仮の位置情報アプリ」でHolaを選択します。

ステップ3:アプリを開いて、画面の一番上にあるテキストボックスで目的地を設定して「スタート」をタップすると完了です。

メリット:

  • アプリは比較的に使いやすい。
  • 基本的な偽装機能が無料版でもある。

デメリット:

  • 無料版では、個人情報の漏れにもたらす可能性がある。

6. Fake GPS – ByteRev

Fake GPS – ByteRev

Fake GPS – ByteRevはもう1つのAndroid向けの位置偽装アプリです。世界中の49,000人以上のユーザーから4.3つ星と評価されています。結構前からリリースされたアプリです。

ステップ1:上記のリンクをクリックして、アプリをダウンロードしてインストールします。

Fake GPS – ByteRev

ステップ2:Androidデバイスで開発者向けオプションの「仮の位置情報アプリ」で、ByteRevを選択します。

ステップ3:ByteRevアプリに戻ります。行きたい場所を入力し、地図に表示されている場所と同じであることを確認し、「OK」をタップして移動開始します。移動が止まりたい場合、画面上部のオプションから「停止」アイコンをタップします。

メリット:

  • 元の設定したことがある目的地が保存される。

デメリット:

  • より正確なGPS位置偽装を行うには、コンピューターにADBコマンドを入力する必要があるので、技術者以外のユーザーにとっては複雑すぎる。

結論

以上はAndroid向けの位置偽装ツールトップ6の紹介です。多くのアプリは英語した対応していない、操作はうまく順調ではないなどの原因で、今より安全、操作しやすい、公式サイトで詳細なガードを書いてあるiMyFone AnyToを強くお勧めします。使う回数制限付きいの無料版もあるので、今すぐ試してみましょう