この記事では、位置情報偽装ツールについて紹介し、ポケモンGo位置偽装方法と懸念されるリスク、なぜポケモンGOで位置偽装する必要がある理由、そしてポケモンGOで位置偽装する時よくある質問について知っておくべきことを詳しくまとめて紹介します。詳細を知るためにこのままスクロールしてください!

ポケモンGOで位置偽装する方法

【ベスト3】ポケモンGOで位置偽装アプリ

今、あなたはポケモンGOの位置情報偽装についてすべて知っていますが、このセクションでは、どうやってそれを行うかを説明します。ポケモンGoのための位置情報偽装ツールを詳しく見てみましょう!

1.最も人気ある - iMyFone AnyTo(iOS・Android併用)

総合得点:

iMyFone AnyTo」は、ARゲーム用に仮想位置情報やルートを作成するためのものです。もちろんポケモンGOで位置情報を偽装するために使うこともできます。世界のどこにでも位置情報を変更することができ、外に出ることなくゲーム内でポケモンを捕まえることができます。

この位置情報を変更するソフトは、iOS/Androidデバイスに最適なGPS位置変更ツールだと評価されています。指定したい場所があれば、どこにでもすぐに移動できますので、ポケGOでの位置偽装も簡単です。

iOS / Androidデバイス位置偽装

  • ポケモンGOドラクエウォークなどの人気ARゲーム、SNSの位置情報活用アプリで利用できる
  • カスタマイズルートに沿うか&ジョイステックで移動できる
  • よりリアルな形でBANされるリスクを最小限収める
  • 無料のAndroid版AnyTo Appもある!SNSのみご利用
無料ダウンロード
AnyTo ポケモン

また、AnyToを使用してPokemon GoでGPSを偽装する方法に関するステップバイステップガイドを追加しました。とてもシンプルなので、ぜひお試しください。

▼カスタマイズルートに沿って位置変更する手順:

Step 1.AnyToを起動します。iPhone/AndroidをPCに接続して、「スタート」をクリックします。

AnyToを起動する

Step 2.ソフトウェアが地図の読み込みを開始します。すると、地図上に自分の本当の位置が表示されます。右上のフィールドで「ツースポットモード」を選択します。

ツースポットモードを選択する

Step 3.検索フィールドに目的地の住所を入力します。この時、スピードバーをドラッグして回数と速度を設定します。設定が終わったら「移動」をクリックします。移動を止めたいときには、一時停止することができます。

ツースポットモードで移動する

これがiOSの最高の位置情報変更アプリであるAnyToを使用して、ポケモンGoの位置情報を偽装する方法です。このツールでは、ジョイスティックで自動的に移動(使用ガイドを確認してください ≫)することもできます。ゲームをプレイするときに役立ちますね!

iPhone ルートを設定する

これはデバイスやゲームに害を与えるものではありません。いつでもどこでも位置情報を変更することができます。ARゲーマーの間で人気が出てきています。面白いでしょう?試しにダウンロードしてみてください!!

2022年版ポケモンGOで位置情報を偽装する方法のビデオチュートリアルを見ましょう。

ポケモンGOで位置情報を偽装する方法

メリット:

  • 日本語を対応している。
  • 多様な方法でカスタマイズルート&カスタマイズスピードで位置変更できる。
  • ガイドがわかりやすく、初心者にもおすすめ。
  • アプリ版とPC版がある、とても便利。
  • 無料試用版がある。

デメリット:

  • すべての機能を利用したい場合完全版を購入する必要

以下で、スマホでポケモンGOの位置情報を偽装することができる2つアプリを紹介します。

ヒント:それらのアプリを使う前に、開発者オプションを有効にする必要があります。これを行うには、お使いのデバイスで 「設定」を開き、「システム」をタップします。

「情報」から、「ソフトウェア情報」に移動します。すると、お使いの端末のビルド番号が表示されます。それを7回ほどタップすると、開発オプションが有効になります。

Tips:

AnyToのAndroidデバイスにも対応するバージョンは近日リリースしました。具体的には「【2022】Android端末で位置情報を偽装する方法」をご覧いただけたら、はっきり分かるはずです。

2.Fake GPS Location Spoofer Free(Android対応)

総合得点:

Fake GPS Location Spoofer FreeはすべてのAndroidのバージョンでポケモンGOの位置情報を偽装できることでよく知られているアプリの一つです。このアプリを使用すると、位置情報を利用するアプリはどれでも簡単に欺くことができます。ここでは、このアプリでタスクを取得するためのすべてのプロセスを紹介します。

スマホのGPSを偽装する

ステップ1:Androidデバイス上で、まずポケモンGOを起動します。次にGPSの認識をごまかしてポケモンを捕まえたい場所を探します。そして、Google Playストアに移動し、「FakeGPS Free」を検索します。インストールし、正常にインストールされたら、アプリを起動します。

ステップ2:アプリは、「ENABLE MOCK LOCATIONS」を表示します。それをタップすると、開発者向けオプションの画面が出てきます。ここでは、「仮の現在地情報アプリを選択」をタップする必要があります。オプションから、「Fake GPS Free」すなわち、インストールしたアプリを選択します。

Fake GPS Freeを選択する

ステップ3: この上で、もう一度Fake GPSを開き、いきたい目的地を調べてポケモンの近くの場所に偽装します。「Play」ボタンを押して、準備完了です!

ステップ4:今すぐポケモンGoを起動すると、正常にポケモンGoで位置情報を偽装しました。それではポケモンを捕まえて楽しんでください!

Fake GPS Freeで位置偽装

メリット:

  • Google Playストアでダウンロードできる。
  • 安全性は比較的高い。

デメリット:

  • 日本語にはサポートされていない。
  • Androidのみ対応している。
  • 開発者向けオプションが開く必要。

3.VPNa – Fake GPS Location Free(Android対応)

総合得点:

VPNa – Fake GPS Location Freeは簡単に位置情報を偽装することができるもう1つのアプリです。root化は必要ありませんし、後で使うときのために位置情報を保存することができます。ここではVPNaを使用してポケモンGoで位置情報を偽装する方法を紹介します。

ステップ1:まずポケモンGOを開きます。偽装して表示したい場所を探します。Google PlayストアからVPNaアプリをインストールして開きます。

ステップ2:開発者向けオプションがオンになっていると仮定して、アプリの「ENABLE MOCK LOCATIONS」をタップします。「開発者向けオプション」で「仮の現在地情報アプリを選択」を選択します。オプションから「VPNa」を選択します。

VPNaを選択する

ステップ3: 再びVPNaアプリにアクセスして、行きたい場所を探します。場所の変更を確認して、電源ボタンを押します。これで完了です。

VPNaで位置偽装

メリット:

  • 脱獄不要で位置変更を使用できる。

デメリット:

  • アプリ内で広告が多い。
  • 数分後で元の位置に戻すことがよくありそう。
  • 日本語にはサポートされていない。

ポケモンGoで位置情報を偽装するリスク

ポケモンGOでGPSを偽造することは確かに有益であり、楽しいでしょう。しかし、リスクがないわけではありません!この記事の目的はいい加減な真実を認識してもらうことではありません。知識がないことで今得ている喜びが突然消え去ってしまわないように、位置情報の偽装に伴うリスクについて紹介します。それでは見ていきましょう!

ポケモンGoで位置情報を偽装した場合、運が悪ければ実行される可能性がある3つのストライクポリシーがあります。それは次のようになります。

  • Androidで偽装アプリの援助を受けていることを検出すると、Nianticは最初の警告である「シャドウバン」を実行します。これにより、実行されてから7日間は普通のポケモンにしか見つけることができなくなります。レアなポケモンは見つけることができません。

  • ポケモンGOによる二度目の警告は「一時停止」とも言えるもので、これが実行されると30日間近くアカウントが停止されます。この期間が終わればアカウントは復活しますが、その間はログインできません。

  • なりすましが続いていると判断された場合は、三度目の警告が実行され、これが最後の警告となります。これを受けた場合、アカウントは永久に剥奪され、ゲームをプレイすることができなくなります。

上記のリスクがあるこそ、より信頼できるソフトを選定したほうが強くお勧めします。 anytoはリリースしてから、世界の200+のメディアが推奨されたので、安全性は無論、iOSでもAndroidでもご利用できるし、リスクの把握は最小限収めます。

ポケモンを捕獲する

ポケモンGoで位置偽装する理由

詳細に移る前に、何のために位置情報を偽造するのかを知っておく必要があります。どんな利点があり、なぜ偽装するべきなのでしょうか。さて! このセクションでは、その利点と理由について紹介します。

  • ポケモンGOは外で遊ぶことを目的としたゲームであることはご存知だと思いますが、面倒くさがりで、どこにも行きたくないあなたにとって、位置情報の偽造は便利でしょう。ゲームはしたいけどあまり労力をかけたくないというすべてのプレーヤーにとって位置情報の偽装は至福のツールなのです。なんといっても、位置情報を偽造することで、 実際に移動せずともゲーム内での移動が可能なのですから!

  • 次の懸念は 安全性 です。ゲームに夢中になっている子供たちがいます。親として、子供が近くの場所にポケモンを捕まえに行くたびに、注意散漫な状態でうろうろするのは危ないからという理由でゲームを許可しない親もいるかと思います。したがって、ポケモンGOで位置情報を偽造したりごまかしたりするのは、こういった場合に便利でしょう。

  • ポケモンGoでGPSを偽造することによって得られるもう一つの利点は、他の方法では決して アクセスできない場所にアクセスしてポケモンを捕まえる ことができます。言うまでもなく、人口密度の高い地域や混雑している場所に住んでいる場合、ゲームをプレイするのは大変なので、位置情報が偽造できると助かるでしょう。

  • 最後に、位置情報をごまかすことで、簡単に様々なジムを訪れることができ、 ジムバトルの経験をより良い ものにすることができます。これを行うことで、アプリはあなたがどこか別の場所にいると考えポケモンのロックを解除してくれるので、実際に移動することなくポケモンを捕まえることができます。

ポケモンGO

ポケモンGOでその他のチート行為

  • 『ボッティング』:ボッティングはなりすましと同義と考えられますが、自動化されているものとなります。つまり、自動的にゲームを進めることです。ボットアカウントでは、マップを歩き回ったり、レア度の高いポケモンを選んだりすることができます。ただし、このチート行為を行うと、アカウントが停止される可能性もあります。そのため、予備のアカウントを作って、自己責任でチート行為を行いましょう!

  • 『1人で複数アカウントを使う行為』:これは、複数のアカウントを持ち、同時に遊ぶことを意味します。家族や友人のアカウントを使ってジムを落としたり、埋めたりすることができます。

  • 『Auto IV Checkers(自動個体値チェッカー)』:IVとは、ポケモンのキャラクターの戦闘力を規定する個体値のことです。ポケモンのIVを確認するには、サードパーティアプリをインストールしておくしかありません。しかし、Nianticは現在、端末にインストールされているアプリを監視してIV値をチェックしています。そのため、ゲーム内の評価システムに頼ることで、ポケモンの正確な個体値を知ることができます。

ポケモンGOの位置偽装に関するよくあるご質問

1 複数のポケモンGOアカウントを使用するとBanされますか?

同一人物が複数のアカウント持つ行為は、Nianticの利用規約に違反し、アカウントがBanされるリスクが高いです。したがって、ポケモンGOに複数のアカウントを持つことはお勧めしません。


2 ポケモンGOアカウントを譲渡できますか?

はい、アカウントを譲渡することができます。また、アカウントを別のメールアドレスに変更することもできます。


3 ポケモンGOでの位置偽装がバレたらどうなりますか?

最初は、アカウントでの不正行為が検出されたことを通知する警告メッセージがアプリ内に表示されます。アカウントは7日間禁止され、その後、一週間が経つと解禁します。

2回目は、30日間アカウントの利用が禁じられます。

2回の警告を受けても不正行為を続けると、アカウントはNianticによって永久に禁止されます。


iPhone / Android適応のポケモン位置偽装ソフトiMyFone AnyToは、テレポートモードとツースポットモードを無料で試用することができますので、ぜひお試しください。