SNSやVlogが流行っている現在、日常シェアや日々の思い出を大切に残しておくため、iPhoneで動画を頻繁に撮影する方は多いでしょう。ただし、誤操作やiOSアップデートの失敗、初期化など、様々な原因でこれらの動画が消えてしまうこともあります。

もし、間違えてiPhoneの動画を削除してしまったら、どうすればいいでしょうか?この文章は、iPhoneで完全削除した動画やビデオを復元する方法を紹介していきたいと思います。

パート1.iPhoneで「最近削除した項目」から削除した動画を復元

iPhoneでiCloudフォトライブラリが有効になっている場合は、デバイスから削除した動画・ビデオは「最近削除した項目」というフォルダに移動されます。つまり、動画はまだ完全削除されていなくて、iPhone本体から簡単に復元できます。(※ 削除した写真やビデオは、最大29日間保存された後で完全に削除されます。)

写真のアプリを開き、「アルバム」を選択し、「ほかのアルバム」で「最近削除した項目」をタップします。

右上にある「選択」をタップして、復元したい動画・ビデオを手動的に選択してから「復元」をタップします。これで、iPhoneで削除した動画はカメラロールに復元されます。

iPhone 最近削除した項目からビデオを復元

ご注意

ビデオが「最近削除した項目」アルバムから完全に削除された場合は、その元データは必ずiPhoneから消去されています。その時は、次の方法らをお試しください。

パート2.iPhoneから完全削除した動画を復元する三つの方法

動画・ビデオがiPhoneから完全に削除した場合でも、また他の復元方法を利用できますので、心配する必要がありません。それでは、具体的な操作方法をそれぞれ確認していきましょう。

2-1.バックアップ無しで完全削除したiPhoneの動画を復元

iPhoneから動画・ビデオを完全に削除したがバックアップがない場合は一番困りますね。その時は、強力かつ安全なiPhoneデータ復元ソフト「iMyFone D-Back」を利用すれば、バックアップがなくても削除した動画をiPhone本体から簡単に復元できます。操作は簡単で、ボタンを数回クリックするだけで消したデータを取り戻せますので、初心者でも安心して利用できます。

更に、「iOSデバイスからリカバリー」、「iTunesバックアップからリカバリー」、「iCloudバックアップからリカバリー」の三つの復元モードを提供し、ご自分の必要に応じて最適なデータ復旧方法を選べます。

それでは、バックアップのない場合、iPhone本体から削除した動画を直接に復元する手順をチェックしましょう。

無料で試す無料で試す

ステップ1.上記よりソフトをダウンロード&インストールして起動し、USBケーブルでiPhoneを接続してください。そして、「iOSデバイスからリカバリー」を選択して「開始」をクリックします。

iPhone データ復元

ステップ2.復元したい項目の「ビデオ」にチェックを入れて、右下の「スキャン」をクリックします。

iPhone 削除した動画をスキャン

ステップ3.結果画面で復元したい動画を選択して、右下の「リカバリー」ボタンをクリックすれば、iPhoneから完全削除した動画はコンピュータに復元されます。

iPhone 動画を復元

この復元方法は、iPhoneだけではなく、iPadやiPod touch にも適用します。また、動画以外に、写真連絡先メモなど18種類以上のデータの復元をサポートしています。

※ 以下の動画を観て、使用方法を確認してください。


無料で試す無料で試す

2‐2.iTunesバックアップから完全削除したiPhoneの動画を復元

iTunesを使ってバックアップしたことがある場合は、iTunesバックアップからiPhoneの完全削除した動画を復元するのは可能です。iTunesを起動して「概要」>「バックアップを復元」をクリックするだけでデータを復旧できますので、とても簡単ですが、この方法ならiPhoneのデータがバックアップに上書きされますので、ほかのデータが消えてしまう可能性があります。

D-Backを利用するなら、iTunesバックアップファイルからビデオだけを抽出して復元することができますので、上書きによりデータ消失を回避できます。

ステップ1.ソフトを起動してiPhoneを接続します。「iTunesバックアップからリカバリーする」> バックアップファイルを指定して「次へ」をクリックします。

iTunesバックアップを選択

ステップ2.「ビデオ」にチェックを入れて「スキャン」をクリックします。

ビデオをスキャン

ステップ3.復元する動画を選択して、「リカバリーする」をクリックしてiPhoneから完全削除された動画を復元します。

iTunesバックアップから動画を復元

無料で試す無料で試す

2-3.パソコンなし、iCloudバックアップから完全削除したiPhoneの動画を復元

パソコンがない場合、普段はiCloudでiPhoneのバックアップをしているなら、iCloudから動画を復元することができます。手順は以下の通りです。

まずは、「設定」>「一般」> 「リセット」> 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップして、iPhoneを初期化します。iPhoneが再起動したら、画面の指示に従って初期セットアップをします。

「Appとデータ」画面で「iCloudバックアップから復元」をタップし、iCloudにApple IDでサインインます。バックアップ一覧から利用するものを選択して復元すれば、削除されたビデオがiPhoneに復旧されます。

iCloudバックアップから動画を復元

iCloudバックアップからデータを復元するには、iPhoneを一回初期化しなければなりませんので、一部のデータはなくなるかもしれません。ご注意ください。

パート3.iPhoneの動画復元に関するよくあるご質問

iPhoneの動画・ビデオを復元をする際は、うまく行かない場合もありますね。ここでは、復元についてお問い合わせの多い質問事項をよくあるご質問(FAQ)にまとめました。

1 iCloudバックアップから動画を復元する際の注意点がありますか?

公式の方法だと、iPhone内のデータはバックアップデータに上書きされます。前回のバックアップ後に新しく登録したデータがある場合は、復元すると削除されますので要注意です。また、データは選択的に復元できません。ただし、復元ツールを利用すれば、この二つの問題を避けることができます。


2 電源の入らないiPhoneからデータを取り出すのが可能?

iPhoneに電源が入らない場合、パソコンに認識することができませんので、デバイス本体から復元するのは困難です。もし、バックアップをしたことがあるなら、バックアップから復元してみてください。


3 データ復元で、iPhoneのスキャン途中で止まっていますが…

ネットワークとの接続、またはデバイスとPCとの接続に問題が発生した可能性がありますので。プロセスを終了して、デバイスを再起動してからもう一度お試しください。

最後に

以上は、iPhoneで動画・ビデオを完全削除した場合の復元方法です。iMyFone D-Backを使えば、iPhone本体から直接データを復元可能で、iCloud/iTunesバックアップからビデオだけを検出して復元することもできます。また、無料体験版もありますので、ぜひダウンロードして大切なデータを取り戻しましょう!

無料で試す無料で試す