リンゴループとはiPhone起動する時に、画面上にリンゴマークだけが表示され続け、フリーズして進まないトラブルです。iPhoneがリンゴループが発生した場合、リンゴマークから動かないので、全くホーム画面にたどり着かなくて何もできないが、とても悩ましいでしょう。

これを解決するには、リンゴループの問題の原因を認識し、提供されている方法に基づいて修正する方法を学ぶ必要があります。今回は自宅でも簡単に対応できる直し方を紹介するが、わざと修理店に行きたくない方はぜひ最後までご覧ください!

素早く内容を把握すればこの動画マニュアルを確認⇩

リンゴループの原因と対処法

Part 1. リンゴループが発生する主な原因は?

リンゴループの問題は、iPhone本体に物理的な損害やソフトウェアの不具合、iOSエラーがある場合に発生します。これにより、iPhoneが通常のように起動することができません。主な原因は以下の通りです。

  • iPhoneが水没したり、落としたりして、基盤がショートされて故障した
  • バッテリーの経年劣化や非正規品の充電器などの部品問題
  • iOSの新バージョンにアップデートする際に、Wi-Fiや電池が切れてしまったので失敗した
  • 有効期限が切れたiOSのベータ版の使用した
  • iOS故障・システムデータの破損によって起動できなかった
  • iPhoneの空き容量が不足
  • iPhone脱獄による問題

普段iPhoneを使う際に、リンゴループは発生しないように、これらのことは要注意です。

続いては、iPhoneがリンゴマークから動かない時の修理法を詳しく解説します。ただし、何しても治らない場合はハードウェア障害の可能性は高いので、Apple専門店に依頼することしかできません。

Part 2. iPhoneリンゴループの直し方 ー 試すべき簡単対応

iPhoneがリンゴループに陥った時、SIMカードを読み取る故障とバッテリーの不具合は原因であるとまず考えられます。その場合は、以下の2つの直し方で簡単に修理できます。

1SIMカードを抜いて再起動

SIMカードの故障によってiPhoneがリンゴループに陥って起動できない場合はあります。それを一度抜いて入れ直したら、再起動できるのは可能です。簡単に操作できるリンゴループ直し方ですが、まずはこれから修理してみてください。

2iPhoneを完全放電

完全放電とは、iPhoneのバッテリー内の電力を完全に使い切った状態を指します。これによって電池の一時的な不具合を修理して、iPhoneが再起動できるようになれる可能性が高いです。

手順は以下となります。

  • ステップ 1.リンゴループの状態になっているiPhoneをそのまま置いて、バッテリー内の電力を消費させられます。
  • ステップ 2.バッテリー残量が完全になくなったことをチェックしたら、充電を始めましょう。
  • ステップ 3.充電をしてしばらく時間を置くと、iPhoneが自動的に起動します。

Part 3. iPhoneリンゴループの直し方 ー 必要のシステム修理

リンゴループは、多くの場合、システム障害が原因です。上記の方法を実行してもiPhoneがリンゴループの状態から復元できなければ、システムを修理するのは必要です。

以下に説明するソリューションは、ほとんどのiPhoneユーザーに有効であることが証明されています。iPhoneがリンゴマークから進まない場合は、ぜひそれぞれを試して修理してみてください。

1専門ソフトでiOS不具合を修復 ー 成功率高い

システム問題でiPhoneのリンゴループを修正するために、最も推薦の方法は、「iMyFone Fixppo」を使用することです。これは、リンゴループ、リカバリーモード、白黒画面など多くの問題でフリーズしたiPhoneを通常の状態に戻すことができる専用のiOS修復ツールです。

Fixppo  iPhone不具合修復
Fixppoのおすすめポイント!
  • 100%に近い成功率でリンゴループを含む100種類以上のiOS問題を解決でき、既存のデータを失うこともない
  • 自宅でも3ステップだけでiPhoneを修理でき、情報漏洩の恐れはない
  • 無料かつワンクリックでリカバリーモードのON/OFF切り替えが可能
  • 最新のiPhone 14シリーズ/iOS 16を含む、すべてのiPhone/iPad/iPodをサポート
今すぐ修復 今すぐ修復

Fixppoを使用してiPhoneのリンゴループを修理する手順

ステップ 1.上記のボタンからFixppoをパソコンにダウンロードして起動します。次に、「標準モード」を選択して開始します。

標準モード iPhoneを修復

ステップ 2.次に、デバイスを接続する必要があります。
(※iPhoneはリンゴループになってしまったため、デバイスが検出されない可能性があります。その場合は、インターフェイスに表示される指示に従って、リカバリーモード/DFUモードに入ります。)

iPhone パソコン 接続

ステップ 3.後はファームウェアをオンラインでダウンロードすることです。ここでiPhoneにインストールするファームウェアのバージョンを決定できます。

ファームウェアをダウンロードする

ステップ 4.すると、「開始」ボタンをクリックすると、Fixppoがファームウェア情報を分析し、それを使用してリンゴループの問題を修理します。

iPhoneを修復する

2iPhoneを強制的に再起動

iPhoneを強制的に再起動することは、iPhoneのリンゴループ問題を解決するもう1つの対処法です。iPhoneのモデルによって再起動の方法は違いますが、それぞれを確認しましょう。

iPhone 14/13/12/11/Xs/XR/X/8の強制再起動手順:

  • ステップ 1.音量大ボタンをすばやく押して放します。
  • ステップ 2.音量小ボタンをすばやく押して放します。
  • ステップ 3.最後に、サイドボタンをAppleロゴが表示されるまで(約10秒間)押し続けます。

iPhone 7/7 Plusの強制再起動手順:

  • Appleロゴが表示されるまで、スリープ/スリープ解除ボタンと音量小ボタンを10秒間押し続けます。

iPhone 6以前の強制再起動手順:

  • Appleロゴが表示されるまで、ホームボタンとスリープ/スリープ解除ボタンを押し続けます。

iPhone 強制再起動

手順を間違えば強制再起動の実行に失敗するので、ご注意くださいね。

3iTunesで最新iOSにアップデート

iOSエラーによってiPhoneがリンゴループになった場合がありますが、成功に最新のiOSにアップデートできればこの問題が解決できます。ただし、iPhoneがすでにリンゴマークから動かないので、本体だけでアップデートすることではなく、iTunesを経由するのは必要です。

  • ステップ 1.iPhoneをiTunesがインストールされたパソコンに接続します。
  • ステップ 2.パソコンでiTunesを起動して、左上のアイコンをクリックします。
  • ステップ 3.概要画面に移動されたら、「アップデート」をクリックして、表示されたポップアップで「アップデート」を選択します。
  • ステップ 4.続いて、画面指示に従って操作すれば、最新iOSのダウンロードとアップデートが始まります。

iTunes iPhone アップデート

4リカバリーモードでiPhoneを初期化

iPhoneリンゴループの最後の直し方は、iTunesを介してリカバリーモードを使用してiPhoneを初期化することです。この方法を使うと、iPhone既存のすべてのデータは消えてしまうので、事前にバックアップしたり、スマホをリセットしても構わないと思ったり方におすすめです。

  • ステップ 1.iPhoneをパソコンに接続し、iTunesソフトウェアを開きます。
  • ステップ 2.iPhoneをリカバリーモードにします。
    iPhone 6/5の場合、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に長押しします。
    iPhone 7の場合は、スリープ/スリープ解除ボタンと音量小ボタンを長押しします。
    iPhone 14を含むiPhone8以降の場合は、音量大ボタンと音量小ボタン押した後、サイトボタンを長押しします。
  • ステップ 3.リカバリーモード画面になったら、ボタンを放します。 iPhoneがリカバリモードで検出され、復元する必要があることを通知するポップアップメッセージが表示されます。
  • ステップ 4.次に、「復元」をクリックすると、iTunesはすぐにソフトウェアのダウンロードを開始し、iPhoneを初期化します。

iTunes リカバリーモード iPhoneを復元

Tips.より便利にリカバリーモードに入る方法

先ほど紹介したツールFixppoには、ワンクリックでリカバリモードに入る無料の機能を提供します。iPhoneボタンが壊れている場合は、これは非常に役立ちます。

Part 4. iPhoneリンゴループに関するよくある質問

ここまで読んできて、無事にiPhoneのリンゴループ問題を解決しましたか?続いては補足情報として、iPhoneリンゴループについて、よく寄せられる質問をまとめて答えます。

1iPhoneのリンゴループ問題を治る確率は?

リンゴループになった原因によって違いますので、確定の数値はありません。iOS故障なら、リンゴループの治る確率は90%です。システム故障を解消できればリンゴループ問題が解決できるので、自分で対処するのも可能です。ただし、水没や落下などによって、iPhone本体の基盤などの精密部品が破損した場合、専門店に行って端末を開いて検査するのは必要です。これは少し酷い損害なので、リンゴループの治る確率は60%くらいです。

2リンゴループになったiPhoneは放置したら直った?

このように自然に直るケースはごく稀です。例えば、バッテリーの一時的な不具合、本体の過熱、浸水などの場合は、充電したり、常温や乾燥の環境でiPhoneをしばらく放置した後、リンゴループは直ったことは可能です。ただし、成功率はそれほど高くなく、そのままにしてからよりひどい問題が起きるリスクもあるので、やはり本文で紹介した対処法のように積極的に修理したほうがいいです。


まとめ

今回はiPhoneのリンゴループについて、主な原因と6つの直し方を説明しました。iOSシステムが問題のある場合、ぜひiOS不具合修復ソフト「iMyFone Fixppo」を試してみることをお勧めします。これは、データの損失を引き起こさず、数回クリックするだけで問題を解決できるためです。