<質問>
長年で使っているApple IDは容量が足りないと表示されました!LINEの自動バックアップ今もできない状態になり、何かいい解決法がないですか?iCloudで毎年容量アップのお金かかりたくないので、別の方法が欲しい。

LINEのバックアップはだれでも絶対定期的にやる必要があることです。この記事で紹介する四つの方法はLINEバックアップができない、進まない、あるいはクラウド容量が足りない、写真のバックアップのみクラウドのバックアップ機能を使いたい場合、簡単に使えるツールトップ4です。

Part1:お勧めするLINEトークをバックアップするツール

これから紹介する方法はすべて世界中のユーザーがよく利用される人気ツールです。

1専門的な無料ツール- iTransor for LINE

iTransor for LINEは無料の専門的なLINEデータをバックアップするソフトです。操作しやすさなのでたったワンクリックでバックアップできるので、リリースしてから大人気を収めました。

まずiPhoneでLINEトーク履歴をバックアップするチュートリアルビデオをご覧ください。

iPhoneでLINEトーク履歴をバックアップする方法

iTransor for LINEの主な特徴:

  • 「操作しやすい」たったワンクリックでバックアップできます。
  • 「無料」バックアップ、またバックアップした内容をPCでプレビューすることは全部無料で行えます。
  • 「多様な形式でエクスポート」PCにエクスポートする形式は好みのHTMLやPDF、CSV / XLSなど多くあります。
  • 「簡単に整理」PCにエクスポートした内容は簡単に整理できます。
  • 「永遠に保存」エクスポートしたデータは好きの期間内で保存できます。むしろ永遠に保存できるでも言えます。

具体的な操作手順は以下となります。

ステップ1:iTransor for LINEをダウンロードして、インストールします。画面の指示通りでデバイスをPCに接続します。「スタート」をクリックします。

iTransor for LINEを起動する

ステップ2:スタートをクリックしてから、自動的にバックアップするので、しばらくお待ちください。最後に「完了」をクリックすると、バックアップ完成です。

iTransor for LINEでバックアップ完了

ステップ3:バックアップした内容をプレビュー、エクスポートしたい場合は画面の左側にあるモデル2をクリックして、閲覧したいバックアップファイルを選定して、「確認・エクスポート」をクリックします。

iTransor for LINEでバックアップを確認

ステップ4:エクスポートしたいデータをチェック入れて、最後に「エクスポート」をクリックすると完成です。

iTransor for LINEでバックアップをエクスポート

メリット

  • LINEデータのバックアップとプレビューは完全無料で行います。
  • 操作しやすい、たったワンクリックでバックアップできます。
  • 選択的に欲しいコンテンツのみエクスポートできます。

デメリット

  • エクスポートする時は会員になる必要があります。
  • リリースしたばかりなので、機能はまだ比較的に少ない。

2無料版LINEバックアップリーダー

無料版LINEバックアップリーダー

LINEバックアップリーダはAndroidデバイスに対応するアプリです。無料版と有料版二種類があります。無料版ではいくつかの制限がありますが、基本的な機能は普通のLINEトーク履歴を確認できます。無料版ではリスト内の3アイテムのみ選択可能ですが、5分間で全リスト閲覧可能になる「全リスト開放」の選択もあります。

メリット

  • 無料でバックアップできます。
  • 無料版でもバックアップしたトーク履歴を閲覧できます。
  • デバイスのみご利用だけでバックアップできます。

デメリット

  • バックアップしたトーク履歴は画像スタンプがバックアップされないので、閲覧できません。
  • 無料版では広告があります。
  • Androidデバイスのみ互換性があります。

3CopyTrans Contacts

CopyTrans Contacts

CopyTrans ContactsはLINEだけではなく、iOS対応のデータをバックアップするソフトです。iCloudと似ている機能で、SMS、メッセージ、メモのトーク履歴、あるいはカレンダー管理ができます。

メリット

  • LINEだけではなく、メモ、カレンダー、連絡先までもバックアップ管理できます。

デメリット

  • 無料ではなく、ソフトを利用すると、有料版のみあります。
  • ソフトはiOSのみ対応できます。

4LINEキープ

最後のLINEトーク履歴をバックアップする方法はバックアップより、LINE内で保存する形で実現できます。LINEではLINEキープという機能があります。この機能を利用しながら、制限があるが、制限されたデータ以外では永遠に保存できます。しかもLINEキープでは写真、動画、URL、テキストほぼすべてが保存されますので、よく利用されます。

LINEキープの使い方:

  • キープしたい写真などを長押しして、メニューが表示されます。
  • メニューにある「Keep」をタップするだけで、キープ完成です。

LINEキープに保存する

メリット

  • LINEキープはLINEアプリ内の機能なので、別のアプリをダウンロードしなくても使えます。
  • 1GBまでのデータは無制限で保存できます。

デメリット

  • 1ファイルが50MBを超えると30日間しか保存できません。
  • 仮に何らかの原因でLINEを開けなくなると、キープに保存された内容はすべてなくなります。

LINE Keepの具体的な使い方などは【LINEキープとは何か?その使い方、保存先、バックアップの仕方】をご覧ください。詳しく書いてありますので。

Part2:LINEのバックアップする必要性

LINEのバックアップはなぜ重要かというと、具体的には以下の点があります。

  • トークで写真などの保存期間は短いので、バックアップしないと全部失う恐れがあります。
  • 機種変更する時バックアップしないと、LINEを使って、誰かと旧端末でのやり取りが全部忘れる恐れがあります。
  • バックアップするとPCに転送したLINEデータは永遠に保存できるし、整理して何かを探したい場合もデバイでの探しよりやりやすい。

結論

この記事では人気のバックアップするツール3つとLINEデータを保存できる機能1つを紹介しました。好みの判断で貴方と相性がいい方法を選択して、定期的にバックアップを始めましょう。もちろん、LINEデータを専門的にバックアップするツール - iTransor for LINEのご利用は強くお勧めします。なぜなら安全性を100%保証できる、操作をより使いやすいなので、PCとデバイスをうまく操作しないユーザーに対しても、素早くご利用できます。今から試してみましょう!