近頃、「なぜiPhoneのDCIMフォルダが空なのですか?」「iPhoneのDCIMフォルダがコンピュータに表示されないのはなぜですか?」など、多くのiPhoneユーザーがAppleのiPhoneの内部ストレージに関する空のフォルダ問題に直面しています。 それを解決する前に、iPhoneのDCIMフォルダが何かを知る必要があります。

iPhoneのDCIMフォルダとは

iPhoneは他のほとんどのスマートフォンと同じように、カメラの写真をDCIMという名前のフォルダに保存しています。 DCIMはDigital Camera Images(デジタル・カメラ・イメージ)の略語です。 ご自身のパソコン上にあるiPhoneの写真にアクセスしたい場合は、いつもこのフォルダを探す必要があります。 DCIMには、写真を含む複数のサブフォルダがあります。

iPhone DCIM Folder Empty NotShowing

iPhoneのDCIMフォルダにアクセスする最善の方法

iPhone DCIMフォルダにアクセスする最も簡単で簡単な方法は、サードパーティのツールiMyFone Umate Pro iPhoneデータ消去ソフトウェアを使用することです。 主に、このソフトウェアは、iPhoneユーザーが個人情報を永久に消去するのに役立つように設計されていますが、iPhoneの写真にアクセスしてパソコンにエクスポートすることもできます。 したがって、パソコン上で空になっているか、まったく表示されていないためにDCIMフォルダにアクセスできない場合は、Umate Proをお試し頂くことをお勧めします。

Umate Pro iphone data eraser

100万以上のダウンロード

  • 選択した写真、またはすべてのiPhone上の写真をノートパソコンやパソコンにエクスポートします。

  • iPhone上の写真をスキャンして削除し、完全に回復不能にします。

  • 既に削除された写真や他のメディアを永久に消去します。

  • このソフトウェアで写真を選択すると、写真がプレビューされます。

  • このツールでiPhoneの写真を圧縮することで、かなりのスペースを確保できます。

無料で試す無料で試す

iMyFone Umate Pro review

パソコン上でiPhoneのDCIM写真にアクセスする手順

ステップ 1: ノートパソコンやパソコンでiMyFone Umate ProのiPhoneデータ消去ソフトウェアを実行し、iPhoneをUSBケーブルで接続します。

qclick quick scan

ステップ 2: 1-Click Free Up Space (1クリックでスペース確保)を選択し、iPhoneの写真を管理するために下記の写真オプションをクリックしてください。

Backup-Delete-Photos-with-Umate-Pro

ステップ 3: 次のウィンドウで、Export Only (エクスポートのみ)オプションをクリックします。 iMyFone Umate ProはiPhone内の写真をパソコンにエクスポートします。 次に、Open Export Folder (エクスポートフォルダを開く)をクリックして、パソコン上のiPhone写真にアクセスします。

iPhoneのDCIM空フォルダの解決策

パソコン上でご自身のiPhoneのDCIMフォルダにアクセスすることができますが、空であると表示されている場合でも心配はいりません。 簡単な手順でこの問題をすばやく修正できます。 通常、この問題はiPhoneのロックに関連しています。

iPhoneのDCIM空フォルダの解決策

ステップ 1: まず、iTunesをパソコンにインストールしてください。パソコンに接続されたデバイスを検出して互換性の問題を解決します。

Install-iTunes

ステップ 2: 次に (このステップは重要です) iPhoneがパソコンに接続されているときにロックされていないことを確認します。ロックされている場合、おそらく "iPhone DCIM 空フォルダ"という問題に直面するからです。 したがって、iPhoneをロック解除してから、USBケーブルを差し込んでパソコンに接続することをお勧めします。

unlock-iphone-screen-lock

ステップ 3: 接続したiPhoneをパソコンに初めて接続する場合は、接続したiPhoneを信頼するように求められます。 この要求を受け入れます。

これらの手順を実行すると、お使いのパソコンのiPhone DCIMフォルダにアクセスできます。

iPhone DCIM フォルダ非表示の解決策

iPhoneのDCIMフォルダが空であるという上記の問題とは別に、iOSユーザーは、DCIMフォルダがパソコンにまったく表示されないという問題に直面することもあります。 この問題は、通常はiTunesの再インストール、USBケーブルの変更などの簡単な手順を実行して修正できます。

iPhone DCIMフォルダ非表示問題の解決策

ステップ 1: iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。

ステップ 2: お使いのパソコンでデバイスマネージャを開き、ユニバーサルシリアルバスコントローラオプションを探します。 見つけましたら、Apple Mobile USB Driverを削除してください。

Remove-Apple-Mobile-Device-USB-Driver

ステップ 3: 次のステップでは、コントロールパネルからiTunesをアンインストールします。 完全にアンインストールするには、次のプログラムをアンインストールする必要があります。

uninstall-itunes-components

  • iTunes

  • Bonjour

  • Apple Application Support

  • Apple Mobile Device Support

  • Apple Software Update

ローカルディスクにあるショートカットフォルダも必ず削除してください(C:).

ステップ 4: iPhoneのプラグを抜き、iTunesを再インストールしてください。 可能であれば、公式サイトから最新バージョンをダウンロードしてインストールしてください。

iTunesを再インストールしたら、iPhoneをパソコンに接続し直してください。 これらの手順を実行すると、DCIMフォルダが作成されます。