iPhoneをパソコンに接続した後、DCIMフォルダをクリックして写真を見ようとする時は、「このフォルダは空です」、またはDCIMフォルダがPCで表示されない問題が一部のユーザーの間で発生している模様です。「なぜか写真を見ることができない…」という症状に陥る方がいらっしゃるようです。本記事では、iPhoneのDCIMフォルダが空になるまたは表示されない時の対処法を紹介していきたいと思います。

このような問題を解決する前に、まずはiPhoneのDCIMフォルダが何かを知る必要があります。

1.iPhoneのDCIMフォルダって何?

iPhoneは他のスマートフォンと同じように、カメラの写真をDCIMという名前のフォルダに保存しています。 DCIMはDigital Camera Images(デジタル・カメラ・イメージ)の略語です。 パソコンでiPhoneの写真にアクセスしたい場合は、いつもこのフォルダを探す必要があります。 DCIMには、写真を含む複数のサブフォルダがあります。

iPhone DCIMフォルダ

2.問題を修正する前にまず確認すべき2つのこと

2-1.お使いのパソコンを「信頼」する

iPhoneをコンピュータやその他のデバイスにはじめて接続すると、そのコンピュータを信頼するかどうかを確認する警告が表示されます。

信頼されたコンピュータなら、デバイスと同期し、バックアップを作成し、デバイスの写真、ビデオ、連絡先、その他のコンテンツにアクセスすることができます。

コンピュータを信頼しないように選択した場合、そのコンピュータからデバイス上のコンテンツへのアクセスは阻止されます。iPhoneのDCIMフォルダが表示されない時は、まずiPhone本体が表示される【このコンピュータを信頼しますか】で【信頼】をタップします。

iPhone DCIMフォルダ

iPhoneをパソコンに接続すると表示されるダイアログが表示されない場合には、設定をリセットすることで再表示させることができます。

2-2.iPhoneの画面ロックを解除する

パソコンとの接続は初めてではない場合は、iPhoneをロックしたままパソコンに接続する可能性が高いので、まずはiPhoneのパスコードを入力してロックを解除してください。

3.iPhoneのDCIMフォルダが表示されない時2つの対処法

①iMyFone Umate ProでiPhoneの写真をアクセス

iPhone DCIMフォルダにアクセスする最も簡単で簡単な方法は、iMyFone Umate ProというiPhone最適化ツールの利用です。このソフトウェアは、iPhoneユーザーが個人情報を永久に消去するのに役立つように設計されていますが、iPhoneの写真にアクセスしてパソコンにエクスポートすることもできます→【無料】

したがって、パソコン上で空になっているか、または表示されていないためにDCIMフォルダにアクセスできない場合は、Umate Proをお試し頂くことをお勧めします。

Umate Pro iphone data eraser

800万以上のダウンロード

  • 写真をプレビューしながら一部、またはすべてのiPhone上の写真をパソコンにエクスポートします。

  • 写真を画質を落とさずに圧縮することで、iPhoneのスペースを確保できます。

  • 削除機能を使えば、iPhone上の写真をスキャンして削除し、完全に回復不可能です。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

パソコン上でiPhoneのDCIM写真にアクセスする手順

ステップ1:iMyFone公式サイトでソフトをダウンロードしてからインストールしてください。iPhoneをパソコンに接続します。

ステップ2:【ワンクリックで容量解放オプション】で【写真】アイコンを選択します。

iPhone最適化ツール

ステップ3:次の画面で、【エクスポート&削除】を選択して、iPhone写真のスキャンを開始します。

iPhone 写真 エクスポート

ステップ4:スキャンが完了したら、下図のように一覧表示します。エクスポートしたい写真をチェックしてからエクスポートします。

iPhone DCIMフォルダ アクセス

②iTunesを削除して再インストール

iPhoneのDCIMフォルダが空であるという問題とは別に、iOSユーザーは、DCIMフォルダがパソコンにまったく表示されないという問題に直面することもあります。 この問題は、通常はiTunesの再インストール、USBケーブルの変更などの簡単な手順を実行して修正できます。

ステップ 1:iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。

ステップ 2: お使いのパソコンで【デバイスマネージャー】を開き、【ユニバーサルシリアルバスコントローラー】オプションを探します。Apple Mobile USB Driverを見つけましたら、削除してください。

ステップ 3: 次は、【コントロールパネル】からiTunesをアンインストールします。 完全にアンインストールするには、次のプログラムをアンインストールする必要があります。

  • iTunes
  • Bonjour
  • Apple Application Support
  • Apple Mobile Device Support
  • Apple Software Update

ローカルディスクにあるショートカットフォルダも必ず削除してください。

ステップ 4:可能であれば、公式サイトから最新バージョンのiTunesをダウンロードしてインストールしてください。iTunesを再インストールしたら、iPhoneをパソコンに接続し直してください。

まとめ

iPhoneDCIMフォルダは空になるあるいは表示しない時の対処法を紹介しました。こんな状況に陥る時はまず冷静にして、iPhone本体でのロックや警告メッセージをチェックします。それでも問題を解決できない場合は、iTunesを再インストールするか、iPhone最適化ツールで写真をパソコンにエクスポートすることをお勧めします。

無料ダウンロード 無料ダウンロード