通常iPhoneには大容量のストレージが備わっていますが、容量が無限大というわけではありません。あなたはもしかすると今iPhoneのストレージがすでにいっぱいで、旅行の写真を撮ったりプレイしたい新しいゲームを追加したりすることもできない状況かもしれません。そんな時の唯一の解決方法は、iPhoneのストレージを空にすることです。複雑そうに感じるかもしれませんが、優秀なツールを使えば思っているより簡単です。詳しく見ていきましょう。

Umate ProでiPhoneのストレージを整理して容量を増やす

iPhoneのストレージを取り戻すために使える最適なツールはiMyFone Umate Proです。このソフトはiPhone 12を含むすべてのiOSデバイスの容量を確実に節約できるように開発されました。iPadやiPod Touchも含みます。

Umate proは、無料でiPhone上の一時的なファイルやジャンクファイルをきれいにすることで、デバイスが最適な速度で動作するようになるのに役立ちます。さらに、デバイス上にある画像をエクスポート/削除/圧縮してスペースを節約することができ、アプリと大容量ファイルも一括管理できます。

iphoneストレージ最適化ツール

無料で試す無料で試す

iPhoneのストレージを手動で増やす他の方法

1 方法1:未使用のアプリのアンインストール

未使用のアプリをアンインストールすれば、アプリのストレージ負荷が軽減します。購入したアプリはアカウントに保存されますので、アプリを削除しても、アプリを簡単に再インストールできます。アプリを取り除く方法を示します。

[×]マークが出てくる前に、不要なアプリを長押しします。左上の[×]をタップ、確認メッセージで[削除]をタップすると、削除完了です

iphoneアプリ 削除

2 方法2:写真やビデオの削除

写真やビデオはストレージ容量の大部分を占めます。これらのメディアファイルを削除してiPhoneのストレージを増やす方法を以下に示しました。

  • 写真アプリに開きます。
  • 「編集」をタップして削除したい画像(あるいは動画)を1つずつ選択します。
  • 画面の右下隅にあるごみ箱アイコンを押します。 「〜枚の写真を削除」をタップして、ポップアップで確認します。

iphone写真 削除

3 方法3:ダウンロードした音楽の削除

スマホで音楽を聴く人も増えていますので、iOSデバイスにこれ以上データが保存できない理由は音楽かもしれません。ダウンロードした音楽を削除する方法は、以下の手順の通りです。

1.「設定」を起動>「一般」をタップ>「ストレージとiCloudの使用状況」をクリックします。

2. 「ストレージを管理」をクリックし、「ミュージック」を選択します。

3.「すべての曲」を左へスワイプして、「削除」をタップします。

4 方法4:アプリのキャッシュを消す

ブラウザーは、キャッシュと呼ばれるデータをiPhoneに保存しています。このデータにより、ウェブサイトはログイン情報といったあなたに関連する詳細を記憶することができます。 Safariのキャッシュをクリアするには、次の手順に従ってください。

1.「設定」を起動し、下にスクロールしてSafariに行き着いたらSafariをタップします。

2.履歴とウェブサイトのデータのクリアを選択します。

終わりに

重要なデータを保存するためにiPhoneにストレージ容量がもっと必要な場合は、ストレージを空にすることで解決できます。この記事では、iPhoneのストレージを空にする様々な手段を紹介しました。 iPhoneでストレージを空にする1番の方法は、iMyFone Umate Proを使用することです。iPhoneのストレージ空き容量を無料で増やすので、早速試してみましょう。

無料で試す無料で試す