多くのiPhoneユーザーはストレージの中の「その他」をよく知りません。ただし、これがiPhoneのストレージが不足している主な原因の一つです。この記事では、よく知らない「その他」について説明し、またそれらをクリアする方法を紹介します。

Q1、iPhoneストレージの「その他」とは?

一般に、「その他」は、オーディオ、写真、アプリ、書籍、ドキュメント、データなど、現在のカテゴリに明確に分類できないすべてのデータを指します。 

そして、多くの場合、「その他」は以下のものを含んでいます。

iOSデバイスの設定、Siriの音声、キャッシュファイル、システムデータなどが含まれています。そしてそれらの中で、キャッシュファイルが最大の割合を占めます。

ユーザーがオーディオおよびビジュアルドキュメントのストリーミングを開始すると、キャッシュファイルが生成されます。また、iPhone では、これらのキャッシュファイルはほとんど表示されません。

Q2、iPhoneで「その他」の容量を確認する方法

空き容量を確認する方法は「iPhone本体で確認する」方法と、「iTunesを使って確認する方法」の2つのやり方があります。

① iPhone本体で確認

iPhoneの【設定】アプリを開き、【一般】》【iPhoneストレージ】の順にタップすると、画面上部でストレージ容量の内訳が表示されています。右上の「使用済み」を見れば、端末全体の容量と使用している容量がわかります。「その他」を占めている具体的な容量を確認したい場合は、一番下にスクロールしてください。

iphone その他

② iTunesで確認

iOSデバイスをPCまたはMacに接続し、iTunesを開きます。「概要」をクリックすると、ウィンドウの下部に、ストレージの割合が表示されます。マウスポインタを黄色の部分に移動すると、「その他」のストレージの大きさがわかります

iphone その他

「その他」をクリア・削除するにはどうすればいいか?

解決策1:iOSが自動的に「その他」をクリア

iOS 13.6.1以降には、システムの実行速度が遅すぎて、より多くのストレージが必要な場合、iOSは自動的にiPhoneストレージの「その他」のキャッシュファイルをクリアするように設定されています。従って、iOSが自動的にクリアするまでiPhoneの低速に耐えることができれば、「その他」をそのまま残しておけばいいです。

デメリット:いつクリアするか、容量をどれぐらい増やすのか、一切通知しませんので、自動削除するまでそのまま待ちなければなりません。

解決策2:iPhoneから無料でキャッシュファイルをクリア

iPhoneのクリーニングツールは、iPhone 12/ X/8ストレージの「その他」に蓄積されているキャッシュファイルを綺麗にクリアできます。その中に、最も優れたツールは、iMyFone Umate Proです。それは、サードパーティのアプリとiOSシステムによって生成されたすべてのキャッシュファイルをクリアできるから、iOSデバイスのストレージの空き容量を手軽に増やすことができます。

iMyFone Umate ProはiOS 14と完全に互換性があり、もちろん古いバージョンもそうです。

iphone その他 巨大化

Umate Proの無料試用版がWindowsとMacの両方で利用できるようになります。また、ジャンクファイルのクリーニングを無料で実行できます。ぜひお試しください。 

無料ダウンロード 無料ダウンロード

解決策3:不要なアプリを削除

アプリの使用途中で、大量のキャッシュファイルを溜まているかもしれません。「何に使うアプリなのか思い出せない」「ここ1カ月ほど起動していない」アプリはありませんか?特に容量を食っているアプリを迷わず削除しましょう。

【iPhoneストレージ】で上位に並ぶアプリほど、使用容量が大きいので削除する効果も大きくなります。削除する場合は、アプリ名をタップして「アプリを削除」を選択する完了です。

もしその中には、有料アプリもあるかもしれませんが、ご安心ください。アプリは削除しても、後から無料で再ダウンロードできます。

iphone アプリ削除

解決策4:iPhoneを強制再起動

iPhoneを強制再起動することで、一部のキャッシュをクリアする可能です。操作方法は下記の通りです。

  • iPhone 6以前:スリープボタンとホームボタンを10秒以上長押しします。
  • iPhone 7:スリープボタンと音量を下げるボタンを10秒以上長押しします。
  • iPhone 8以降
  1. 音量を上げるボタンを押したらすぐ放します。
  2. 音量を下げるボタンを押したらすぐ放します。
  3. Appleロゴが表示されるまでサイドボタンを押します。

iphone 強制大起動

解決策5:ストレージの空きがない場合、バックアップして復元

「その他」が肥大化してストレージの空き容量がなくなると、デバイスが使用できないため、初期化しなければなりません。ただし、初期化すると、すべてのデータが消去されてしまうので、操作する前に既存のデータをバックアップしてください。ここでは、iTunesにお勧めです。

1.パソコンでiTunesを起動して、ホーム画面でiPhoneアイコンをクリックします。

2.そして、左側の「概要」をクリックします。

3.バックアップ欄で【今すぐバックアップ】をクリックすると、iPhoneデータのバックアップを開始いたします。

4.完了すると、【iPhoneを復元】を選択して、画面指示に従ってiPhoneを復元してください。

iphone 復元

Tips:iPhoneのストレージいっぱい?空き容量を増やす方法

普段何の気なしに使っていると、その他が肥大化しなくても、iPhoneの容量はすぐにいっぱいになっていきます。Phoneのストレージ容量が足りなくなると、iOSのアップデートやアプリのインストールができない、写真や動画が撮れないです。

iPhoneの容量不足を解消したいなら、写真・アプリ・書類・キャッシュなどの余分なデータを減らして、空き容量を増やすことができます。

》》関連記事:iPhoneのストレージがいっぱい?!原因と解消策は

iphone ストレージ

状況にあった「その他」の容量をクリアする方法を選ぼう!

iPhoneの「その他」容量を削除する方法について紹介しました。限られた容量を効果的に使うために、まず自分がどのような用途で「その他」の容量を使っているのか確認することから始めましょう。

簡単に「その他」容量を減らす方法として、溜まっているキャッシュファイルをクリアする必要があります。もし一つ一つでチェックするのは嫌なら、iMyFone Umate Proは無料でワンクリックでキャッシュファイルを削除する、または不要なアプリを一括削除可能です。試してみませんか?

無料ダウンロード 無料ダウンロード