中古のiPhoneを購入した人なら、アクティベーションロックの問題はかなり厄介のを知っているでしょう。 アクティベーションロックがオンになっているiPhoneを購入したが、元所有者に連絡できない場合は、自らバイパスするしかありません。そして、一番最初に思いつく方法は、脱獄でアクティベーションロックをバイパスする方法です。 ですが、本当に脱獄でアクティベーションロックをバイパスできますか?

今回の記事で、脱獄で「iPhoneを探す」アクティベーションロックを避けるための方法をいくつか紹介したいと思います。 脱獄とは何か、何ができるか、アクティベーションロックをバイパスするための他の技についても説明したいと思います。では、早速本題に入りましょう!

脱獄はアクティベーションロックを削除できるのか?

まず、iPhone自体は素晴らしいものです。優れたUI、優雅なアニメーション、使いやすいアプリなどが備わっています。しかし、一旦iPhoneの使い方のコツをつかむと、かなり制限されていることに気付くでしょう。Appleとアプリストアによる制限が何百もあります。

アプリのデフォルトセットだったり、サードパーティ製アプリをインストールできなかったり、エクスペリエンスをカスタマイズできなかったりするのは、ほんの一部だけです。「脱獄」という言葉の通り、これらの制限をバイパスし、iPhoneを最大限に活せることができます。簡潔に言えば、脱獄を使うと、iOSとその他のAppleの主要デバイスへのルートアクセスを取得できます。

なぜ脱獄しなければならないですか?その理由がいくつかあります。この方法を使う理由を次のリストにまとめました。

  • デバイスをカスタマイズ: アプリストアなしでアプリをダウンロードしたり、ファイルの制限を避けたり、スマホの見た目を好きなように変えたりできます。
  • iPhoneのロック解除: iPhoneを買った時から使っているキャリアを簡単に変更することができます。
  • 機能セットの拡張: デフォルトのアプリを任意のアプリに置き換え、新しいパッケージをインストールし、自分の必要に応じて変更できます。

じゃあ、脱獄は本当にアクティベーションロックを解除できますか?

基本的に、よくある脱獄方法は、アクティベーションロックを直接解除することはできません。iPhoneの脱獄とアクティベーションロックをバイパスするのは、違うものだと考えた方がいいです。アクティベーションロックをバイパスするのは、先ほど紹介した制限を含め、いくつかの方法があります。

例えば、「checkra1n」脱獄は、そのような制限を回避するために最も一般的な方法です。古い機種のiPhone 5sであれ、新モデルのiPhone Xであれ、脱獄はiCloudの回避するのにとても役立ちます。どうやって?次を見てみましょう。

脱獄によるアクティベーションロックのバイパス

iPhoneをジェイルブレイクしてアクティベーションロックを回避する方法を簡単に見ていき、そうすることが有益かどうかを確認します。

やり方は?

次の手順では、checkra1nで脱獄する方法を紹介します。現時点、checkra1nはmacOSとLinuxしか対応していないため、実行するには、この2つのOSでなければなりません。上記のOSを持ってない場合は、オールインワンのアクティベーションロックバイパスツールという解決策にスキップしてください。

checkra1nで脱獄

下記のステップは、脱獄で通常のアップルデバイスで「setup.app」パッチが適用された「iPhoneを探す」アクティベーションロックを避けるガイドです。

ステップ1:ウェッブサイトからcheckra1n脱獄の最新バージョンが入手できます。その後、デバイスで起動して、次のコマンドを使って「homebrew」をインストールします。コマンド:
/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install...)"

ステップ2:brewで次のコマンドでusbmuxdをインストールします。コマンド:
brew install usbmuxd

ステップ3:アップルによるiBootブートローダーをバイパスするため、デバイスをDFUモードで起動し、画面の指示に従ってcheckra1nを実行して脱獄させます。

ステップ4:usbmuxdの「iproxy」サービスを使い、ホスト(mac / Linux)と脱獄させたデバイスの間にトンネルを立てます。コマンドはこちらです。
iproxy 2222 44

ステップ5:別のターミナルウィンドウとSSHを起動し、開いたポートで次のを入力します。
ssh root@localhost -p 2222
{the default password is usually ‘alpine’}

ステップ6:「setup.app」ファイルが変更できるように、ファイルシステムをマウントし、ファイル名を変更します。次は、
mount -o rw,union, update /
mv /Applications/Setup.app /Applications/Setup.bak
rm -rf /Applications/Setup.app

ステップ7:リセットするために、まずはキャッシュをクリアしてホーム画面を表示する「Springboard」プロセスを強制終了します。
uicache –all
killall backboardd

これで完了です。「iPhoneを探す」アクティベーションロックの脱獄のバイパスが完了しました。ですが、このプロセスにはちょっとしたデメリットが伴います。それについては次に紹介します。

脱獄でアクティベーションロックをバイパスするデメリット

ご覧のとおり、この方法の最大のデメリットはややこしすぎたことです。実は、この脱獄方法を使うと、起こり得る問題がいくつかあります。

  • setup.appを削除すると、ベースバンドのアクティブ化ステータスが「非アクティブ化」に変わります。これにより、最終的にデバイスがSIM信号、iMessage、Facetime、新しいiCloudアカウントとiTunesで使えなくなります。
  • 操作は複雑すぎます。
  • 常に効果的とは限りません。デバイスを駄目にしてしまう可能性がかなり高いです。

プロセスを簡略化:iBypasserでロックをバイパス

脱獄する方法が威圧的だと思ったら、次の解決策の方があなたに向けているかもしれません。「iMyFone iBypasser」は、IDやパスワードを入力せずにアクティベーションロックをすばやくロック解除できるツールです。最も重要なのは、脱獄の過程を全部ガイドしてくれ、すべての技術的作業を直接かつ効率的に処理してくれることです。ここでは、checkra1n脱獄戦略よりもiBypasserを使用するメリットを次のリストにまとめてみました。

iBypasser iCloudアクティベーションロック回避ツール

750万以上のダウンロード

iMyFone iBypasserの主な機能

  • iOS 12.3以上を実行しているiPhone 5sからiPhone Xまでのデバイスに対応します。
  • Apple IDなしでアクティベーションロックをバイパスできます。
  • ワンクリックの脱獄機能が含まれており、iPhoneを自由にカスタマイズできます。
  • デバイスの元のApple IDを完全に削除できます。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

脱獄で「iPhoneを探す」のアクティベーションロックをバイパスするのを始めるには、まずiBypasserをダウンロードしてください。そして、詳細な使用方法を紹介したいと思います。

ステップ1:インストールしたiBypasserを起動し、メインメニューの「スタート」ボタンを押し、ロックをバイパスするiOSデバイスをUSBケーブルで接続します。

ソフトを起動

ステップ2:ソフトには脱獄モジュールが組み込まれているため、事前にデバイスを脱獄させる方法を探さなくても大丈夫です。脱獄プロセスは、ご使用のOSによって少し異なる場合があります。

iPhoneを脱獄させる

ステップ3:脱獄パッケージがダウンロードされたら、「脱獄開始」をクリックし、画面の指示に従ってDFUモードに入ります。完了したら、「バイパス開始」をクリックして続行します。

デバイ情報を確認

バイパスが完了するのを待ちます。バイパスは数秒で完了し、途中でプログラスバーが表示されます。

アクティベーションロックのバイパスについての結論

普通は、脱獄だけだとアクティベーションロックを完全にバイパスすることができません。ただし、脱獄でアクティベーションロックをバイパスしたい場合は、MacまたはLinuxでCheckra1n脱獄ツールの使用をお勧めします。しかし、複雑すぎる操作が嫌だったら、iMyFone iBypasserは結構いい方法です。WindowsとMac両方でしっかり機能でき、アクティベーションロックが解除されるまでガイドしてくれるし、直感的なユーザーインターフェイスも備えています。ぜひご利用ください。

無料ダウンロード 無料ダウンロード