iMyFone iBypasser 使用ガイド

デバイスのアクティベーションロックを回避する方法はありますか?ロックされたiDeviceにアクセスする方法が分からないことがありますか?パスワードを忘れたとき「iPhoneを探す」をオフにできますか?このガイドに従って、iMyFone iBypasserを利用すれば、Appleアクティベーションロック、または画面ロックを解除し、iPhone / iPad / iPodtouchの「デバイスを探す」を無効にするのは簡単にできます。

iMyFone iBypasser 3つの機能

技術仕様ページで3つのモードの比較をチェックできます。

 

Part 1:iCloudアクティベーションロック画面を回避

【必見】

お使いのiOSデバイスに「アクティベーションロック」、「アクティベートできません」、「iPhoneをアクティベートできませんでした」という画面が表示される場合は、「iCloudアクティベーションロック画面を回避」モードを利用してください。

iCloudアクティベーションロック画面を回避モード

ステップ1 iMyFone iBypasserを起動

iMyFone iBypasserをコンピュータにインストールして起動します。そして、画面上の「開始」ボタンをクリックします。

ソフトを起動

お使いのiOSデバイスをUSBケーブルでコンピュータと接続します。

デバイスをパソコンに接続

ステップ2 iOSデバイスを脱獄(Jailbreak)

iBypasserを使ってiOSデバイスのiCloudアクティベーションロックをバイパスするには、脱獄が必要です。 Mac版とWindows版の脱獄ソリューションは異なります。

  • ✦ Mac版を使用している場合は、ケース1を参照してください。
  • ✦ Windows版を使用している場合は、ケース2を参照してください。

ケース1:iOSデバイスを脱獄する方法 - Mac版

iBypasserは、iOSデバイスに適用する脱獄パッケージをダウンロードし始めます。

ファームウェアをダウンロード

脱獄パッケージのダウンロードが完了したら、「脱獄を開始」をクリックします。

iPhoneを脱獄

画面の指示に従って、デバイスをDFUモードにします。 そして、デバイスの脱獄作業が完了するまでしばらくお待ちください。 その後、「次へ」をクリックして続行します。

脱獄が完了

ケース2:iOSデバイスを脱獄する方法 - Windows版

Windowsシステムには脱獄ツールはありませんが、ここのチュートリアルに従って、WindowsコンピュータでiOSデバイスを脱獄することができます。脱獄が完了したら、「脱獄完了」をクリックして続行します。

WindowsパソコンでiOSデバイスを脱獄する方法

ステップ3 アクティベーションロック画面を回避

画面で表示されるモデルやiOSバージョン、IMEIなどのデバイス情報を確認してください。問題がなければ、「回避開始」ボタンをクリックします。

ご注意: iCloudアクティベーションロック画面を無事に回避できた後、新Apple IDのiCloudサービスと通話機能、モバイル通信機能は使用できなくなります。

アクティベーションロックを回避

iBypasserはすぐにAppleアクティベーションロックをバイパスし始めます。プロセス全体は数秒しかかかりません。

ロックをバイパスしています

完了すると、正常にバイパスされたウィンドウがMacまたはPCに表示されます。その後、プロセス全体を終了し、新しいAppleIDでiDeviceを楽しむことができます。

アクティベーションロック バイパス完了

 


Part 2:画面ロックを解除してアクティベーションを回避

【必見】

デバイスの画面パスコードがわからない、またはデバイスが無効になっている場合は、「画面ロックを解除してアクティベーションを回避」モードを利用してください。

ステップ1 iMyFone iBypasserを実行

iBypasserを起動して、画面上の「画面ロックを解除してアクティベーションを回避」を選択します。

画面ロックを解除してアクティベーションを回避

本機能の使用に関する説明と注意事項を読み、「スタート」ボタンをクリックします。

注意事項を確認

次に、デバイスをコンピューターに接続します。デバイスでパソコンを信頼するように求められた場合、必ず「信頼」をタップしてください。

デバイスを接続

その後、画面の指示に従ってデバイスをリカバリモードにします。デバイスが正常にリカバリモードに入ると、プログラムは自動的に次のステップに進み、デバイス情報を選択できます。失敗した場合は、接続を確認して再試行してください。

リカバリーモードに入る

デバイス情報を確認し、正しいFMIステータスを選択していることを確認してください。FMIステータスがわからない場合は、FMIステータスの確認に関するFAQが役立ちます。確認できたら、「次へ」をクリックして続行します。

FMIステータスとiOSバージョンを選択

ステップ2 デバイスを脱獄

iCloudアクティベーションの制限なしで画面ロックを解除するには、脱獄が必要です。iBypasserは自動的に脱獄パッケージをダウンロードします。

脱獄パッケージをダウンロード

脱獄パッケージのダウンロードが完了したら、「脱獄を開始」をクリックします。

脱獄を開始

続行するために、脱獄の条件に同意する必要があります。

脱獄の条件を同意

画面の指示に従って、デバイスをDFUモードにします。次に、デバイスの脱獄が終了するまでしばらく待ち、「次へ」をクリックして続行します。

次へをクリック

「画面ロックを解除してアクティベーションを回避」モードは、異なるiOSバージョンを実行しているデバイスによって、操作プロセスが異なります。

 

ケース1.iOS 12を実行している場合

ステップ3データを処理

iBypasserは、デバイス上の重要なファイルの処理を開始します。

データを処理する

ステップ4 デバイスを消去

データ処理が完了したら、「次へ」をクリックして続行します。そしてソフトウェアは、iOSデバイス上のすべてのコンテンツと設定を消去します。

デバイスを消去する

その後、デバイスにアクティベーションロック画面が表示されますが、そのまま「次へ」進んでください。

Removing screen lock

ステップ5 デバイスをもう一度脱獄

ステップ2と同じ操作を実行して、デバイスを再度脱獄します。脱獄プロセスが終了したら、「次へ」をクリックします。

デバイスを再度脱獄する

ステップ6 iCloudアクティベーションを回避

デバイスをコンピューターに接続したままにすると、iBypasserは自動的にiCloudアクティベーションロックを回避し始めます。

iCloudアクティベーションロックを回避

プロセスが完了すると、デバイスをセットアップして新しいApple IDでサインインすれば、通話とSMS、モバイル通信、iCloud、iTunes同期などの機能が使えるようになります。

iCloudアクティベーションロックを回避完了

iOS 12.xを実行しているデバイスに関する注意事項:

  • ロックを回避した後、画面ロックを設定しないでください。そうしないと、デバイスを再起動または復元したら、元のApple IDのアクティベーションロック画面が再び表示されます。
  • 復元後にデバイスがアクティベーションロック画面で進めない場合は、「iCloudアクティベーションロック画面を回避」モードに移動してバイパスしてください。回避した後も、通話およびモバイル通信機能を使用できます。
  • 新しいApple IDは「設定」からサインインせず、App StoreまたはiTunes Storeからサインインしてください。

 

ケース1.iOS 13及びそれ以降を実行している場合

iOS 13及びそれ以降を実行しているデバイスの場合、解決策は「デバイスを探すをオフにするモード」で提供されるソリューションと同じです。プロセス全体が完了すると、デバイスが新品として使用できるようになります。

ステップ3 「デバイスを探す」をオフにする

脱獄後、iBypasserはiOS 13以降のバージョンを実行しているデバイスの「デバイスを探す」をオフにします。

「デバイスを探す」をオフにする

処理完了後、FMIステータスを確認してください。「オン」または「オフ」を入力して「確認」をクリックすると検証できます。

FMIステータスを確認

ステップ4: デバイスを消去

最後に画面ロックを解除してApple IDを削除するために、iBypasserはデバイスにあるすべてのコンテンツと設定を自動的に消去します。デバイスを接続したままにし、処理中にプログラムを終了しないでください。

iCloudアカウントを削除

プロセスが完了すると、「デバイスを探す」機能がオフになり、以前のApple IDが削除されます。デバイスをセットアップして、新品として使用できます。

FMIをオフにする

 

Part 3.「デバイスを探す」をオフにする

【必見】

  • 画面のパスコードを知っていますが、「探す」機能をオフにするためのApple IDパスワードがわからない場合は、「デバイスを探すをオフにする」モードを選択してください。
  • 本機能は、アクティベートされていないデバイスをサポートしません。(アクティベーションロックが削除された場合でも)

ステップ1iMyFone iBypasserを実行

インストールが正常に完了したら、iBypasserを起動し、「デバイスを探す」をオフにするモードを選択します。

「デバイスを探す」をオフにするモードを選択

機能の使用に関する説明と注意事項を読み、「スタート」ボタンをクリックします。

「スタート」ボタンをクリック

デバイスをコンピュータに接続し、「開始」をクリックします。「このコンピュータを信頼しますか?」というポップアップがiPhone / iPad / iPod touchに表示された場合、デバイス画面のロックを解除して「信頼」をタップしてください。

デバイスを接続

ステップ2 デバイスを脱獄

iBypasserでは、「デバイスを探す」をオフにするために脱獄が必要です。脱獄は、アプリ内に用意された脱獄チュートリアルに従って行ってください。脱獄が完了したら、「次へ」をクリックします。

  • iPhone 6からiPhone Xの脱獄は、アプリ内のガイドに従って行ってください。

  • iPhoneXRからiPhone 11 Pro Maxの脱獄は、この脱獄チュートリアルに従って行ってください。

デバイスを脱獄する

ステップ3 「デバイスを探す」をオフにする

脱獄後、iBypasserは「デバイスを探すをオフにします。コンピュータをインターネットに接続したままにし、iOSデバイスのネットワーク接続を切断しないでください。

FMIをオフにする

プログラムが「デバイスを探す」をオフにした後、デバイスのFMIステータスを確認しましょう。シリアル番号をコピーして、指定されたWebサイトでFMIステータスを確認してください。ウェブサイトの結果に応じて「ON」または「OFF」を入力し、「確認」をクリックして続行します。

FMI状態を確認する

「デバイスを探す」機能が正常にオフになっている場合、iBypasserは「設定」からApple IDを削除します。

Apple IDを削除

プロセスが完了すると、以前のAppleIDが削除されます。デバイスを出荷時設定にリセットすれば、新品として使用できます。

「デバイスを探す」機能がオフになった

貴重なご意見ありがとうございます!

お役に立ちましたか?