ポケモンGOを効率良く、快適にプレイしたい方のために、多くのポケモンGO用マップアプリが登場してきました。

特に、目当てのポケモンの出現場所や情報が記載されたマップアプリは人気で数多くダウンロードされています。

ポケモンマップお勧め

今回は、その中でも厳選したおすすめのマップアプリを6つご紹介します。併用することでより快適にプレイできる、あまり知られていないおすすめのアプリも一緒にご紹介しますのでぜひ試してみてください。

Part1:オンラインでポケモンの出現場所を表示するアプリ

ポケモンGO用のマップアプリはたくさん出ていますが、目的によって使い分ける必要があります。今回はリアルタイムでポケモンの出現場所を表示できるマップアプリをご紹介します。

1GO FRIEND(ゴーフレンド)

GO FRIENDは10万ユーザーを突破し、新機能も定期的に実装されています。リアルタイムで世界各地のレイドに参加できる招待レイド掲示板、通知機能、チャット機能など、必要な機能は一通り揃っています。

GO FRIEND

公式サイト:https://go-friend.com/map/

メリット

  • 欲しい機能は一通り揃っている
  • 直感的で使いやすい
  • ソフト内に独自の音声フィルターを作ったり、既定の音声フィルターを微調整したりできる
  • ウェブ版とアプリ版両方ともある
  • 通知機能の設定が細かいので、ほしい情報をいち早く手に入れる

デメリット

  • 容量が大きい、動きにくい

2みんポケ(ウェブ版)

みんポケにはウェブ版とアプリ版があります。今一番人気あるポケモンマップとも言えるでしょう。いわゆる登録ユーザー数は多いため、情報量は比較的に多いです。ジム・ポケストップ・ポケモンの巣・EXジム・NO RAIDジムなどを地図上で表示してくれるサイトです。(アプリ版はこちらへ☞

みんポケ(ウェブ版)

公式サイト:https://9db.jp/pokemongo/map

メリット

  • アプリ版より邪魔な広告がない
  • ウェブ版とアプリ版両方ともある
  • 情報量が多い

デメリット

  • 設定できる情報種類は比較的に細かくない

Part2:ポケモン情報を表示するおすすめマップアプリ

各地で開催されているレイドバトルですが、レアなポケモンや貴重なアイテムがもらえるため、効率良く積極的に参加したいものです。

そんなレイドをサポートするアプリをご紹介します。

1Poke Genie(ポケ・ジーニー)【iPhone/Android併用】

Poke Genieはポケモンの潜在的な強さが測れる個体値計算アプリです。しかし、その機能の優秀さからレイド検索用アプリとしても使われています。最初の設定は少し難しいですが、慣れてしまえばポケモンの管理や個体値の計算など、できることは多いアプリです。

Poke Genie

メリット

  • 個体値計算が優秀
  • レイドバトルの自動編成機能が便利

デメリット

  • 最初の設定が少し複雑

2みんポケ【iPhone/Android併用】

「みんぽけ」は、ジムやポケストップ、レイドバトル情報が共有できるマップアプリです。各トレーナーの情報がマップ上で共有できるため、近くにあるジムやレイドの情報がリアルタイムで確認できます。

みんポケアプリ

メリット

  • 視覚的にわかりやすい
  • 利用者数が多いため、情報量がより多い

デメリット

  • 人の多さに左右されるため、都会以外では使いにくい

3ぽけまっぷGO for ポケモンGO【iPhoneのみ対応】

ぽけまっぷGO for ポケモンGOは地方のポケモン情報が豊富です。近くのポケモンを探すなら、これを使う良いでしょう。画面もシンプルで見やすくなっています。

ぽけまっぷGO for ポケモンGO

メリット

  • 地方のポケモン情報が多い
  • アプリサイズが小さいため、スマホストレージが少なくても使える

デメリット

  • たまに虫眼鏡ボタンを押してもすぐポケモンが発現できない場合がある
  • Androidには対応していない

4ポケトラッカー【iPhoneのみ対応】

ポケトラッカーは近くにいるポケモンを見つけ出し、そこまで誘導してくれるアプリです。スムーズに誘導してくれるため、時間短縮したい方にはおすすめです。

ポケトラッカー

メリット

  • 目的のポケモンまで最短距離を導き出してくれる

デメリット

  • 有料である
  • 英語表記である
  • Androidには対応していない

Part3:人気ポケモン巣の位置情報まとめ

東京近くの人気ポケモン巣の位置情報をまとめました、ご参考まで

場所
見つかるポケモン
ポケモン画像
新宿御苑
エレブー
エレブー
新宿中央公園
ナエトル
ナエトル
代々木公園
ホエルコ 
ホエルコ
上野恩賜公園
ドンメル
ドンメル
錦糸公園
サイホーン
サイホーン
日比谷公園
アサナン
アサナン
世田谷公園
キリンリキ
キリンリキ

Part4:家にいてもポケモンの巣に行ける裏ワザ

レアなポケモンやレイド情報がわかっても、時間や距離の問題で実際に行くことができないと言う方も非常に多いかと思います。そんな方にとっておきの裏ワザをご紹介します。それは位置偽装ツール - AnyTo(エニートゥー)を併用する方法です。

地方に住んでいる方でも東京にあるポケモンの巣やレイドに参加することができますので、上記のアプリと併用することで移動距離や交通費を気にすることなく快適にプレイできます。

iOS / Androidデバイス位置偽装

  • ポケモンGOドラクエウォークなどの人気ARゲーム、SNSの位置情報活用アプリで利用できる
  • カスタマイズルートに沿うか&ジョイステックで移動できる
  • 世界中の地域限定のポケモンも獲得できる
  • すべてのiOSデバイスと人気Androidと互換性がある
無料ダウンロード 無料ダウンロード
AnyTo ポケモン

カスタマイズルートに沿って位置変更する手順:

ステップ1:AnyToをPCにインストールして起動する。画面の指示に従ってiPhoneまたはAndroid端末をPCに接続する。

(iOSデバイスなら、2回目からは無線接続できる。具体的にはガイドにご覧ください)

AnyToを起動する

ステップ2:右上にあるメニューバーの左から2番目のアイコンをクリックして、AnyToに表示される地図をドラッグ&ズームして、仮想ルートの経由地を選択する。

ツースポットモードを選択する

ステップ3:全部設定完了すると、「移動」をクリックする。

こうするだけで簡単に位置変更できます。家にいても簡単にポケモンの巣まで行けることができます。


まとめ

ここまでおすすめのポケモンGO用のマップアプリをご紹介してきました。やはり位置情報を取得するアプリが多いため、自宅の近所ばかりの情報に偏りがちです。ポケモンの巣やイベントは東京で開催することが多く、なかなか参加できないと悔しいと感じる方も多いでしょう。

そんな方に位置情報偽装アプリ「AnyTo(エニートゥー)」はおすすめです。ポケモンが出現する場所さえわかれば、あとは位置変更ツールで快適にプレイできますので、実際に試してみてください。