iMyFone AnyToユーザーガイド

「iPhone/Androidスマホの現在地情報を変更できませんか?」「位置ゲーをしようと思っていたが、外に出たくない時はどうすればいいですか?」という疑いを抱えている人が多いではないでしょうか。iMyFone AnyToを通じて、簡単にiOSとAndroidデバイスの位置情報を偽装できます。そして、ツースポットモードとマルチスポットモードを利用して、カスタマイズされたルートでGPSの動きをシミュレートすることも可能です。

 

パート1.製品登録の仕方

ステップ1 iMyFone AnyToを起動する

無料版のAnyToを起動して、メインインターフェイスの右上にある「アカウントマーク」ボタンをクリックします。

AnyTo 起動

ステップ2「サインアップ」をクリック

そして、会員登録の画面を表示させ、「サインアップ」をクリックします。(このステップを略して、直接サインアップの画面に入る場合もあります)

① 新規のユーザーは公式サイトでラインセンスを購入するとき自動的にサインインするので、今のページでメールアドレスとラインセンスを購入する時送ったパスワードを入力して、「ログイン」をクリックするだけでいいです。(パスワードがいつでも変えられます)

「サインアップ」をクリック

ソフト内で購入する場合は上記に自動サインイン発生しないので、手動的にパスワードと名前を入力してから、サインインしてください。

元ライセンスコードを利用しているユーザー、しかも、ライセンスはまだ期間中となるユーザーの場合は、いままで使っているメールアドレスを入力して、パスワードと名字を書き入れて、会員システムにログインする。

サインアップ

ステップ3アカウント情報を確認

アカウント作成が完了したら、ブラウザが自動に立ち上がリ、会員センターのところを示します。そこで、購入したライセンスなどは確認できます。同時に、ソフト内は自動にアカウントにログインします。

また、ログインした状態で、ソフトの右上隅にある「アカウント」アイコンをクリックすると、ライセンスに関する情報が確認できます。ここで直ちにライセンスを購入することも可能です。

アカウント情報

また、AnyToのアカウント画面の右上にある「?」アイコンをクリックすれば、アカウントログイン・登録・パスコード変更などの情報の詳細を確認できます。このユーザーマニュアルにアクセスしてもすぐに確認できます。

AnyTo ユーザーマニュアル

※SVIPのご購入の場合、PCバージョン10台までご利用でき、iOS版アプリバージョンは1台のみサポートできます。

 

パート2.ワンクリックで位置情報を自由に変更

動画マニュアル:iPhoneの位置情報を変更しよう

>>iOS 17をアップデートしたユーザーはここをクリックしてガイドを表示

ステップ1 iMyFone AnyToを起動する

インストールした後で、 iMyFone AnyToを起動して、「スタート」をクリックします。

AnyTo 起動

※有線接続:お使いのデバイスをUSBケーブルでパソコンに接続します。はじめてPCに接続した場合には「このコンピュータを信頼しますか?」 というアラートが表示されると、「信頼」をクリックして、パスコードを入力します。

コンピューター 信頼

※無線接続:Androidデバイスの場合ははじめから無線接続できますが、iOSデバイスの場合は最初に一回目の接続はUSB経由で成功だった場合、iOSデバイスは次回からWi-Fi接続を選択できます。
1. PCとiOS/Androidデバイスは同じWi-Fi環境におくこと
3. Wi-Fiで接続する形を選択する場合、iOS /Androidデバイスのスクリーンは常に明るくする必要がある(画面を常に明るくする方法)

Wi-Fi接続

地図の読み込みを開始します。マップが成功に読み込まれると、マップ上で自分の位置を確認することができます。

地図の読み込み

ステップ2マップで目的地を設定する

右上のテレポートモードを選択します。マウスのスクロールで地図を拡大/縮小して、目的地を選択することができます。または、左上に住所情報/座標(緯度・経度情報)を入力して目的地を検索することも可能です。例:秋葉原[AKIHABARA]。

目的地 設定

ステップ3GPS位置情報を変更する

目的地を選択すると、サイドバーからポップアップを表示され、地名、座標や距離などの目的地情報が示します。「移動」 をクリックします。

位置情報 偽装

現在地情報をすぐ「秋葉原」に変更して、ほかの位置情報を活用するアプリも同じ場所に変えられます。

iMyFone AnyToでの現在地情報

現在位置情報

ご注意:元の現在地に戻したい場合には、デバイスを再起動してください。

iMyFone AnyToで変更した場所は右上のロケーション履歴に記録されますので、ワンクリックで同じ場所へ行けます。

ルートをお気に入りに保存

 

パート3: ジャンプテレポートモードでGPS の動きをシミュレートする

ステップ1 ジャンプテレポートモードを選択

ジャンプテレポートルートをカスタマイズしたい場合は、右上にある左から1番目のジャンプテレポートモードを選択します。

ジャンプテレポートモード

ステップ2ジャンプテレポートルートを計画する

マップ上のジャンプテレポートスポットを1つずつ選択します。または、住所/GPS 座標を入力してスポットを設定します。

ジャンプテレポートルートを計画

ルートを選択したら、「移動」をクリックして次の座標にジャンプし、前の座標と次の座標の間で自由に切り替えることができます。

次のポイントにジャンプ

ルートを終了したい場合は、最後の座標までジャンプして「終了」をクリックします。

ジャンプ終了

また、ルートを開始する前にクールダウン後に自動ジャンプをオンにすると、ルートが完了するまでクールダウンタイマーに基づいて、チェックされたルートが自動的に次の座標にジャンプします。

自動ジャンプ

完了すると、プロンプトが表示されます。

 

パート4.ツースポットモードでGPSの動きをシミュレート

動画マニュアル:ツースポットモードでGPSの動きをシミュレート

ステップ1ツースポットモードを選択する

ルートを作成したい場合には、右上のツースポットモードを選択します。

場所を選択

ステップ2ルートを作る

地図で目的地にピンを立てる、または検索ボックスに目的地や座標を入力すると、サイドバーからポップアップを表示され、地名、座標や距離などの目的地情報が示します。

仮想ルートの移動回数を設定して、スピードバーをドラッグして移動速度をカスタマイズできます。

ルート 作成

設定が完了したら、「移動」をクリックします。移動に伴って時間と距離の変化も見えます。

マップ 詳細情報

地図上で移動すると、iosデバイスのGPSも一緒に移動します。終了すると、ポップアップを表示します。

移動 完了

 

パート5.マルチスポットモードでGPSの動きをシミュレート

動画マニュアル:マルチスポットモードでGPSの動きをシミュレート

ステップ1マルチスポットモードを選択する

複数の場所を経由してルートを作成する場合には、マルチスポットモードに選択してください。

マルチスポットモード

ステップ2複数のスポットでルートを作る

複数の経由地を地図上で一括にピンを立てる、あるいは検索ボックスに経由地情報や座標を入力します。

移動回数を入力してから、スピードバーをドラッグして移動速度を設定します。その後、「移動」をクリックします。

ルート 詳細 設定

iMyFone AnyToはユーザーが設定した速度で移動をシミュレートします。ユーザーは歩かなくても、ARゲームを楽しむことができます。

終了すると、ポップアップを表示します。

ご注意:ゲーム開発者に位置情報を偽装ですことを気づかないように、指定の道路を選択してください。

移動 終了

 

パート6.ジョイスティックモードでGPSの動きをシミュレート

ステップ1 ジョイスティックモードを選択する

ジョイスティックで位置情報をいうでも変更したい場合には、ジョイスティックモードに選択してください。

ステップ2移動スピードを設置して、「移動」をクリック

動くスピードを設定してから、「移動」をクリックすると、移動開始です。

移動スピード 設定

ステップ3ジョイスティックで移動方向をコントロールしながら移動

ジョイスティックの丸いボールを回るか、矢印をクリックするか、移動方向をコントロールして移動します。(※移動スピードもいつでも変更できます。)

ジョイスティックで位置変更

 

パート7:iMyFone AnyToのスペシャル機能

特徴1:サークルルート

マルチスポットモードでは、始点と終点が近くにある場合、プログラムは自動的に環状ルートを作成する必要があるかどうかを尋ねます。「はい」をクリックすると、始点と終点が一致するようになります。「いいえ」をクリックすると、終点は正確な座標を保持します。

サークルルート

特徴2:リアルモード

リアリモードにチェックを入れると、選択した速度範囲の上下30%の範囲で移動速度が5秒ごとにランダムに変化します。

リアルモード

特徴3:リターンまたはループ

回数が1より大きい場合、ユーザーは元の道路に戻る (最初から最後まで移動してから戻る) か、このルートを繰り返す形でサークル (最初から最後まで、次に最初から最後まで) を選択できます。

ループモード

特徴4:スポットとルートを集める

テレポートモードを使用して新しいスポットを検索する場合は、スターアイコンをクリックしてこのスポットを収集できます。右下のスターボタンをオンにすると、お気に入りのスポットがマップ上に表示されます。

場所をお気に入りに保存

マルチスポットルートまたはツースポットルートを作成する場合は、スターアイコンをクリックしてこのルートを収集することもできます。

ルートをお気に入りに保存

収集されたスポットとルートは、「保存されたスポット」と「保存されたルート」に表示されます。

スターアイコンの左にあるトップアイコンをタップして、お気に入りを一番上に配置します。

ルートをお気に入りに保存

特徴5:変動モード

テレポートモードでは、変動モードをチェック入れて、選択した位置情報の中心から数メートル以内で前後に変動します。

変動モード

特徴6:クールダウンタイマー機能

テレポートモードまたはジャンプテレポートモードを使用して位置情報を変更する場合、AnyTo画面の右下隅にある冷却ボタンをオンにすると、冷却タイマーが表示されます。

クールダウンタイマー機能

特徴7:マップコレクション - ポケストップ&ジム

ポケモンGOユーザー向けに、履歴とお気に入りにポケストップ&ジム機能を追加しました。お気に入りの地域を選択し、クリックしてその地域に移動できます。

マップでポケストップとジムを表示

エリア内のすべてのポケストップとジムを見ることができます。必要に応じて、移動をシミュレートしたり、仮想ロケーションを変更して、ポケストップでアイテムを収集したり、ジムで戦ったりすることができます。

この機能を利用したくない場合は、閉じるボタンをクリックすると、アイコンがマップに表示されなくなります。 特定の座標が気に入った場合は、「いいね」をクリックできます。

特徴8:複数のデバイスをコントロール(iOS&Android対応)

AnyToではPC端末10台、iOSデバイス1台、無制限のAndroidデバイスをご利用できます。操作する仕方は以下の通りです。

ステップ1 端末の挿入

複数のデバイスを同時に挿入するか、まず一台目のデバイスをPCに接続します。

デバイスをPCに挿入

ステップ22台目のデバイスをPCに接続

PCに接続してから、マップの右下にあるスマホアイコンをクリックして、次に+アイコンをクリックします。

2台目ののデバイスをPCに接続

接続したいデバイスをチェックして、「OK」をクリックします。

2台目のデバイスをPCに接続

ステップ3接続成功、ご利用開始

これで2台目のデバイスが接続成功です。他のデバイスを挿入するでも同じ手順で繰り返しすると完成です。

(どっちかデバイスの位置情報の移動を停止したい場合は対応デバイスの右にあるアイコンをクリックすると停止できます。ただし再び開始する場合は他のデバイスにある場所まですぐ移動するので、ご注意ください)

AnyToで位置変更できる

注: 基本ラインセンスを購入する場合、最大 5台のデバイスを使用できます。さらにデバイスを追加する必要がある場合、購入したラインセンスの下にある「追加」ボタンをクリックしてデバイスを追加できます。

特徴9:ロケーションルートのエクスポート&インポート

お気に入りロケーションルートがあれば、今後も自由に利用したい場合はこのエクスポート&インポート機能をご利用してください。

ステップ1 エクスポート:テキストボックスの右上にある矢印をクリック

移動ルートを設定してから、左側にあるテキストボックスの右上隅にある矢印をクリックして、PCに保存します。

移動ルートをエクスポート

ステップ2インポート:画面の右下にある矢印をクリック

保存したロケーションルートを導入したい場合、画面の右下にある下向きの矢印をクリックして、ルートをインポートします。

ロケーションルート インポート

特徴10:ポケモン情報検索

右サイドバーの情報検索ボタンをクリックすると、情報検索機能が開きます。

ここでは、ポケモン、レイド、ミッションの特定の位置情報をリアルタイムで検索し、その座標に移動してポケモンを捕まえたり、レイドに参加したり、ミッションを完了したりすることができます。ただし現在、検索では英語のみがサポートされています。

ポケモン検索を選択し、検索ボックスにポケモンの名前を入力すると、希望の個体値、cp値、lv値を追加できます。

検索ボタンをクリックするか、キーボードのEnterキーを押すと、該当するポケモンの位置情報を検索できます。たとえば、「ピカチュウ iv60 cp600 lv26」で検索できます。情報が見つからない場合は、キーワードで検索することをお勧めします。

該当するポケモンの位置情報を検索

また、レイドバトル検索を選択すると、検索ボックスにボスポケモンの名前やレイドのレベルを入力すると、該当するレイドの位置情報をリアルタイムに検索できます。例えば、「ピカチュウ」や「T1」と入力できます。

レイドバトル検索

クエスト検索を選択した場合、検索ボックスにポケモン名、メガミッション名、欲しいアイテム名を入力すると、該当する位置情報をリアルタイムに検索できます。例えば、「ピカチュウ」、「メガ」、または「モンスターボール」と入力できます。

クエスト検索

検索が完了すると、情報が一覧に表示されます。 「コピー」ボタンをクリックすると、検索結果をコピーできます。

検索結果をコピー

または、結果リストの「Go」ボタンをクリックして、現在のモードで目的地に到達します。例えば、テレポートモードで目的地に行くと、左側のサイドバーが展開され、「移動」 をクリックして目的地に到達できます。

「移動」

 

追記:iOS 17をアップデートしてからAnyToを利用する方法

ステップ1:iOSデバイスをPCと接続して、AnyToを起動します。iOSデバイスで「設定」を開き、「プライバシーとセキュリティ」を選択します。

プライバシーとセキュリティを開く

ステップ2:画面を下にスワイプし、「デベロッパモード」を開きます。

デベロッパモード

ステップ3:「デベロッパモード」をオンにして、最後iOSデバイスで「再起動」をクリックするとAnyToのご利用ができるようになります。

iOSデバイスを再起動

 

パート8.【Android端末向け】AnyToでドラクエウォークの位置偽装をする

ステップ1Androidデバイスを接続する

AnyTo をコンピュータにインストールして開きます。「スタート」をクリックし、画面の指示に従って、位置を変更したいAndroidデバイスとPCをUSBケーブルで接続します。

Androidデバイスを接続する

ステップ2ゲームモードを選択

免責事項を確認し、ゲームモードでドラゴンクエストウォークゲームを選択し、ゲームモード選択ボックスをクリックして、リソースがロードされた後、ドラゴンクエストウォークゲームモードに入ります。

ゲームモードを選択

ステップ3位置偽装

マップインターフェイスに入ったら、目的地を選択し、サイドバーの移動ボタンをクリックして位置を変更します。 同時にゲーム内のキャラクターが仮想ロケーションに到着し、新しいロケーションでプレイできるようになります。 仮想モバイルのニーズを満たすために、シミュレートされたルートやジョイスティック機能を選択することもできます。

位置偽装

ドラクエウォーク位置偽装

 

パート9.PCにミラーリングしてゲームプレイ

ゲームをPCに映してプレイなしくない?外へ出たくないのにゲームを遊びたい、PCとスマホを同時に使いたくない時、続いてご覧ください!

ステップ1 PCにミラーリングの事前設定

PCでAnyToを開き、右上にある「ツールボックス」>「MirrorTo」>「ゲット」の順でクリックして、初期化が完了してからデバイスを接続して、接続成功したらゲーム開始します。

AnyToからMirrorToを開く

Windowsバージョン

ご利用のはiOSデバイスの接続方法:AnyTo - WiFi / USB,MirrorTo - WiFi

ご利用のはAndroidデバイスの接続方法:AnyTo - USB ,MirrorTo - USB

Macバージョン

接続方法:AnyTo - WiFi / USB,MirrorTo - WiFi

※ 例えば:USBでAnyToを接続して、Wi-FiでMirrorToを接続

AnyToを開き、USBでiOSデバイスとPCを接続して、AnyToでデバイスを選択して「OK」をクリックすると、AnyToとiOSデバイスが接続成功です。

iOSデバイス USB経由で接続

MirrorToを開き、「iOS」を選択します。iOSデバイスとPCを同じWi-Fi環境においていることを確報します。

MirrorTo iOSデバイスを選択 MirrorTo Wi-Fi経由で接続

iOSデバイスで「コントロールセンター」を開き、「スクリーンミラーリング」をタップして、MirrorTo「お使いPCの名前」を選択します。MirrorToとiOSデバイス接続成功です。

MirrorToでミラーリング

MirrorToで「マウスコントロール」を選択して、iOSデバイスとPCに Bluetoothをペアリングして、iOSデバイスをロックします。

上記の設定を完了すると、マウスでミラーリング画面にiOSデバイスをコントロールできるようになります。

Bluetoothをペアリング

ステップ2 ゲームを遊ぶ

今からポケモンGOを開き、MirrorToでポケモンの位置を確認して、AnyToで自由に行きたいところまで変更できます。

ポケモン PCにミラーリング AnyTo テレポートモード

途中でほしいポケモンがいると、AnyToで「一時的停止」をクリックして、一時停止します。

ポケモン PCにミラーリング AnyTo一時停止

MirrorToでポケモンをクリックして、マウスでモンスターボールをドラッグし投げて、ポケモンを捕まえます。

ポケモンGO ポケモン捕まえる ポケモンGO ポケモン捕まえる ポケモンGO ポケモン捕まえた

MirrorToで地図を戻り、AnyToでまた行くか、ルートを変えてなどの操作ができます。こうするとPCとデバイスの間で切り替えらなくても、ポケモンをプレイできます。

ポケモンGO ポケモン捕まえる AnyToで移動続ける

ステップ3 ワンクリックピッチング機能

MirrorToでワンクリックピッチングを開き、マウスでポケモンを狙い、右クリックすると、白いカーソルが表示するはずです。するとマウスで左クリックし、ポケモンを捕まえて、長押しすると範囲を確定できます。

ワンクリックピッチングの遊び方

地図に戻り、MirrorToの地図に従って、AnyToで動き続けるか、ルートの直しなど行えます。こうするとPCとデバイスの間で切り替えしなくても、ポケモンを遊べます。

 

パート10:AnyTo App Android ガイド

 

1. iGo App(AnyTo iOS版)

Step 1. iPhone をコンピュータに接続し、コンピュータを信頼します。AnyTo PC バージョンでツールボックスを開き、iGo を見つけて「ゲット」ボタンをクリックします。

iGo を見つけて「ゲット」

Step 2. iPhone で開発モードを有効にします。 (この手順はiOS16以降のバージョンでのみ必要です)ドライバーのインストールを完了します (iOS17 ユーザーはこのステップを完了する必要があります)。

ドライバーのインストール

Step 3. 「インストール」をクリックして、構成ファイルのインストールを完了します。

構成ファイルのインストール

Step 4. QR コードをスキャンし、iPhone でメンバーのアカウントでログインし、iGo をインストールします。

iGoのダウンロード

Step 5. アプリを開く > 「設定」に移動 >「フィードバック」をクリックします。

iGoインストール

Step 6. キーワード AnyTo と電子メール アドレスを入力して送信 > アプリを再度開きます。

iGoインストール

Step 7. APP を開き、マップインターフェイスを長押しし、「移動」をクリックし、VPNの設置を完成します。

VPNの設置

Step 8. 説明ファイルをダウンロードして、「設定」を開き、「一般」を開きます。「VPNとデバイス管理」をタップして、「UDID」というファイルをタップして、右上にある「インストール」をタップします。

説明ファイルをインストール

こうすると、iGoの設置が完了です。

モード1 :テレポートモード

テレポートモードで位置を変更するには3つの方法があります。

方法 1: 地図を長押しして変更したい場所を選択 >> 必要なモードを選択してクリック >> 変更が完了しました。

方法 2: 検索するアドレスを入力 >> 変更したい場所を選択 >> 必要なモードを選択してクリック >> 変更が完了しました。

方法 3: 検索する座標を入力 >> 変更したい場所を選択 >> 必要なモードを選択してクリック >> 変更が完了しました。

テレポート

モード2:ジャンプテレポートモード

変更したい場所を選択し、地図上を長押ししてジャンプ モードを選択します。地図を長押ししてテレポートしたい位置情報を順番に選択します。

※注: 長押しすると、複数の位置ポイントを選択できます。 左側のボタンを使用して、選択した地点情報を元に戻したりクリアしたりできます。

A. 手動ジャンプ: 「移動」をクリックすると、自分の位置が次の位置に自動的にテレポートされます。 「次へ」をクリックして次の位置に移動します。 「前へ」をクリックして前の位置に戻ることもできます。

B. 自動ジャンプ: オンにすると、冷却カウントダウンに基づいて次の場所に自動的にジャンプします (最初に冷却モードをオンにする必要があります)。

ジャンプモード

モード 3: ナビゲーションモード

変更したい場所を選択し、地図上を長押ししてナビゲーション モードを選択します。さまざまな移動モードを切り替えることで、ルートをシミュレーションできます。移動モードの下の円をドラッグして、移動速度をカスタマイズできます。

ナビゲーション

モード 4: マルチスポットモード

変更したい場所を選択し、地図上で長押ししてマルチポイント モードを選択します。 地図を長押しして、順番に移動したい地点情報を選択します (長押しして複数の地点を選択できます)。

※注: 左側のボタンを使用して、選択した位置情報を元に戻したりクリアしたりできます。 移動モードの下の円をドラッグして、移動速度を切り替えることができます。

マルチスポットモード

モード 5 : ジョイスティックモード

変更したい場所を選択し、マップを長押ししてジョイスティック モードを選択します。 ホイールの中央の円をドラッグして移動したい方向を選択し、ロックします(移動モードの下の円をドラッグして移動速度を切り替えることができます)。

ジョイスティックモード

 

2. AnyTo Android版

モード 1 : 一般モード (デフォルト モード)

一般モードは、Google マップ、Facebook、WhatsApp などのほとんどの位置情報ベースのアプリケーションに適しています。

手順 1. 「設定」>「端末情報」>「ソフトウェア情報」に移動し、「ビルド番号」を 7 回タップします。

手順 2.「開発者向けオプション」>「擬似位置情報アプリを選択」に移動し、「AnyTo」を選択します。これらの手順を完了すると、位置情報の変更を開始できます。

モード 2 : ゲームモード

ポケモンGO、モンハンNow、DQウォークなどの AR ゲームで場所を変更するために特別に設計されています。

手順 1.モードの切り替え

メイン インターフェイスの右側のサイドバーにあるボタンを切り替えてゲームモードを開くか、サイドドロワーからゲームモードを選択します。

モードの切り替え

手順 2. ゲームの選択

ゲーム選択ページに入り、プレイするゲームを選択して、「OK」をクリックします。

ゲームの選択

手順 3. カスタマイズされたアプリのインストール

指示に従ってカスタマイズされたアプリをインストールします。検出されないように、ゲームを開く前に場所を目的の場所に変更してください。

注: ゲームモードでは、場所の変更は特定のゲームにのみ影響し、他のアプリケーションには影響しません。

これからはAnyTo Android版の機能を紹介します。

モード 1 : テレポート (ワンクリックで場所を変更)

ステップ 1. マップを長押しするか、上部の検索バーに場所または座標を入力してポイントを選択します。

ステップ 2. パネルが表示されたら、「移動」ボタンをクリックして場所を目的地に変更します。

場所を目的地に変更

モード 2 : ジョイスティック (ゲームに最適)

ステップ 1. ジボタンを切り替えると、右側のサイドバーでジョイスティック機能が開き、ジョイスティック パネルを簡単に起動できます。

ジョイスティック

ステップ 2. 中央のボールをドラッグして 360° 移動します。中央のボールがロックされているときに、ジョイスティック パネルの端にドラッグすると、リアルタイムで移動できます。中央をもう一度クリックすると、ロックが解除され、動きが一時停止します。歩行、サイクリング、運転速度の選択、または速度のカスタマイズがサポートされています。

中央のボールをドラッグして 360° 移動

注: よりリアルな体験のために、ゲームをプレイするときはジョイスティックを歩行速度で使用することをお勧めします。

モード 3 ジャンプテレポートルート(テレポートルートの計画)

ステップ 1. 右側のサイドバーのボタンをオンにしてジャンプテレポートルートを開き、マップ上の複数の目的地を選択します。

ジャンプテレポートルート

ステップ 2. 「移動」ボタンをクリックして、次のポイントにテレポートします。前のポイントと次のポイントを自由に切り替えることができます。

次のポイントにテレポート

ステップ 3. ルートを開始する前に、「クールダウン後の自動ジャンプ」をチェックすると、クールダウン タイマーが終了した後、ルートが完了するまで自動的に次のポイントにジャンプします。

クールダウン後の自動ジャンプ

モード4 ナビゲーション ルート (実際の移動をシミュレート)

ステップ 1.ナビゲーション タブをクリックして、ナビゲーションモードを有効にします。

ステップ 2. 開始点と終了点を選択します。移動速度 (徒歩、自転車、または運転) を選択して、速度に基づいてさまざまなルートを計画します。[移動] ボタンをクリックして、ナビゲーション ルートをシミュレートします。

開始点と終了点を選択

ステップ 3. シミュレーション中に速度を調整するには、速度バーのスライダーをドラッグします。いつでもルートを一時停止または終了できます。

シミュレーション中に速度を調整

ステップ 4. 「最上部に表示」権限を有効にして、ルートの一時停止とバックグラウンドでの続行を制御します。

モード 5 マルチスポットモード (カスタム ルートをシミュレート)

ステップ 1. ルートタブをクリックして、マルチスポットモードを有効にします。

ステップ 2. 複数の目的地を選択して、マルチスポットルートをカスタマイズします。「移動」ボタンをクリックして、ルートをシミュレートします。

複数の目的地を選択

ステップ 3. シミュレーション中に速度を調整するには、速度バーのスライダーをドラッグします。いつでもルートを一時停止または終了できます。

速度バーのスライダーをドラッグ

ステップ 4. フローティングウィンドウの権限を有効にして、ルートの一時停止とバックグラウンドでの再開を制御します。

他にも多くのスペシャル機能が揃えています。

 

機能 1. お気に入りと履歴

データ管理: 右側のサイドバーのお気に入りエントリをクリックすると、お気に入りのスポット、ルート、履歴が表示されます。名前の編集、スポットへの直接移動、ルートの適用、データの削除をサポートします。上部の検索ボタンを使用して、必要なデータを検索します。

お気に入りと履歴

GPX ファイルのインポートとエクスポート: お気に入りのルート リストで、管理ボタンをクリックして、選択したデータを GPX ファイルとしてエクスポートするか、GPX ファイルをインポートします。クラウド ストレージ データ: クラウド ストレージ サービス ボタンをクリックして、データがクラウドに同期されているかどうかを確認します。データが同期されていない場合は、「手動同期」をクリックして同期を完了します。

GPX ファイルのインポートとエクスポート

クラウドストレージデータ: クラウドストレージサービスボタンをクリックして、データがクラウドに同期されているかどうかを確認します。データが同期されていない場合は、「手動同期」をクリックして同期を完了します。

クラウド保存

 

機能 2. クールダウンタイマー(ゲーム アシスト)

左側のサイドバーのクールダウン タイマー ボタンをオンにします。

別の場所にテレポートすると、タイマーが距離に基づいてクールダウン時間を計算し、カウントダウンを開始します。カウントダウンが終了する前に他の操作を行わないようにすると、検出されなくなります。

クールダウンタイマー

クールダウンタイマーを使用しない場合は、クールダウンボタンをもう一度クリックしてオフにします。

クールダウンボタン

 

機能3. ライブアトラス(ゲームアシスト)

左サイドバーのライブアトラススイッチをクリックして開き、現在の仮想位置の周囲2kmの範囲内にあるポケストップとジムを表示します。ボタンをクリックして最新のデータを更新します。ポケストップを訪れてアイテムを集めたり、ジムに行ってバトルをしたりできます。

ライブアトラス

 

機能4. お気に入りアトラス

左にスワイプしてサイドドロワーを開き、設定でお気に入りアトラスを確認できます。スイッチを有効にすると、お気に入りのスポットが地図に表示されます。

お気に入りアトラス

 

機能5. 往復ルート

ナビゲーションまたはマルチポイントルートのルート設定をクリックして、ルートの往復回数をカスタマイズします。たとえば、ルート A-B-C の回数を 2 に設定すると、ルートは A-B-C-B-A として完了します。

往復ルート

 

機能 6. ルートのインポート

左側のサイドバーにある [インポート] ボタンをクリックして、デバイスから GPX ファイルをインポートします。インポートすると、ルートがマップ上に適用されます。

ルートのインポート

 

機能 7. 変動モード

左にスワイプしてサイド ドロワーを開き、設定で [変動モード] ボタンをオンにして変動モードを有効にすると、テレポート モードで仮想位置が数メートル以内で変動し、検出リスクが軽減されます。

変動モード

 

機能 8. リアルモード

左にスワイプしてサイド ドロワーを開き、設定で「リアルモード」ボタンをオンにしてリアル モードを有効にします。

リアルモード

ナビゲーションまたはマルチスポットルートでルートをシミュレートする場合、選択した速度範囲の 30% 以内で移動速度をランダムに変更して、検出リスクを軽減できます。

スピード選択

 

機能 9. 実際の場所をリセット

左にスワイプしてサイド ドロワーを開き、[実際の場所をリセット] エントリをクリックしてデバイスの実際の場所をリセットします。

実際の場所をリセット

 

機能 10. マップ着せ替え

左にスワイプしてサイドドロワーを開き、設定で「マップ着せ替え」をクリックして、目的のマップ スキンを選択します。

マップ着せ替え

 

パート11:AnyTo着せ替えの変換ガイド

ステップ1:AnyToの服アイコンをクリック

AnyTo画面の右上にある服アイコンをクリックします。

AnyTo着せ替えの変換

ステップ2:任意の着せ替えを選択

表示される着せ替えを任意のを選択します。

AnyTo着せ替えを選択

貴重なご意見ありがとうございます!

お役に立ちましたか?