ポケモンGO(以下、ポケGO)は、世界中で人気のあるゲームですが、時々プレイヤーが「サーバーに接続できませんでした」というエラーメッセージに遭遇することがあります。この記事では、このエラーが発生する主な原因と、それを解決する方法について詳しく説明します。

ポGOで「サーバーに接続できませんでした」と表示された時の対処法

Part1:サーバーエラーの主な原因

「サーバーに接続できませんでした」というエラーメッセージが表示される原因はさまざまですが、その主な理由は以下のとおりです。

原因1: サーバーの負荷

人気のイベント中や多くのプレイヤーが同時にログインしようとすると、サーバーが過負荷となりエラーが発生することがあります。

原因2: ネットワーク接続の問題

インターネット接続が安定していない場合や、Wi-Fiやモバイルデータの速度が遅いと、サーバーに接続できないことがあります。

原因3: アカウントの問題

アカウントに関連する一時的な問題や不具合がある場合も、サーバーエラーが発生する可能性があります。

Part2:サーバーエラーへの対処法

2.1.サイトで不具合お知らせがあればしばらく待つ

Wi-Fiやモバイルデータの接続を確認し、安定した速度のネットワークに接続してみてください。

>>ポケモンGO問い合わせ

2.2.インターネット接続を確認する

Wi-Fiやモバイルデータの接続を確認し、安定した速度のネットワークに接続してみてください。

▼ Wi-Fiを接続する手順

Step 1.ホーム画面から「設定」をタップします。

Step 2.「Wi-Fi」をタップします。

Step 3.Wi-Fiをオンにし、近くのWi-Fiネットワークをスキャンします。

Step 4.接続したいWi-Fiネットワークをタップします。

Step 5.パスワードを入力します。パスワードが不要な場合は、自動的に接続されます。

Step 6.「接続」ボタンをタップします。

Wi-Fiを接続

3. ポケモンGO再起動する

ポケGOアプリを一度終了し、再度起動することで、一時的な不具合が解消されることがあります。

▼ポケモンGOを最新バージョンにする手順

Step 1.「App Store」を開き、画面右上の人型アイコンをタップする

Step 2.ポケモンGOの横にある「アップデート」をタップする

バージョンアップ iPhone

4. アカウントを再ログインする

ログアウトしてから再度ログインすることで、アカウントに関連する問題を解決できる場合があります。

追記:ポケモンGOをプレイ制限ある海外にいてもプレイできる裏技

最後にお勧めしたいのは制限がある海外にいてもポケモンGOをプレイする裏技です。日常でも家にいながら、世界の隅々までGPS位置情報を変更できます。それはAnyToを利用することです。

AnyToの優れるポイント

  • ポケモンGO、モンハンNowドラクエウォークなどの人気ARゲーム、SNSの位置情報活用アプリで利用できる
  • 一つアカウントを購入すると、スマホでもPCでも利用できる
  • 世界中の地域限定のポケモンも簡単に獲得できる
  • すべてのiOSデバイスと人気Androidと互換性がある
無料位置偽装
AnyTo ポケモン

▼ワンクリックで位置偽装する手順

Step 1.AnyToをPCにインストールして起動する。画面の指示に従ってiPhoneまたはAndroid端末をPCに接続して、「スタート」をクリックします。

AnyToを起動する

Step 2.右上にあるメニューバーの左から2番目のアイコンをクリックして、AnyToに表示される地図をドラッグ&ズームして、仮想ルートの経由地を選択します。

ツースポットモードを選択する

Step 3.最後に「移動」をクリックする。


結論

「サーバーに接続できませんでした」というエラーは、ポケGOプレイ中に遭遇することがある厄介な問題ですが、多くの場合、簡単な対処法で解決できます。サーバーの負荷やネットワークの問題、アカウントに関連する不具合が原因である可能性が高いため、対処法を試してみてください。問題が解決しない場合は、公式サポートに連絡することも検討してください。

またポケモンGOを動かずプレイしたい場合「iMyFone AnyTo」のご利用をお勧めします。今すぐ無料版をダウンロードしましょう!