iCloudは各アカウントに5GBの空き容量しか提供されませんから、自動バックアップを設定する場合、「iCloudストレージがいっぱいです」という問題に直面する場合があります。iCloudのストレージ空き容量を増やすために、iCloudから不要な写真を削除する方法を探しているかもしれません。

iCloudの写真を削除する有効的な4つの方法を説明する前に、注意すべきことがあります。

iPhoneの「設定」>「ユーザー名」>「iCloud」で「iCloud写真」をオンにすると、iCloudの写真とビデオの変更や削除がすべてiPhoneに同期されます。つまり、iCloudから写真を削除すると、Appleデバイスから写真も削除されます。次に紹介する方法を行う前に、写真とビデオが写真アプリ以外の場所にバックアップされていることを確認してください。

方法1.iCloud.comでiCloudの写真を削除

iCloudの写真とビデオを削除する方法の一つは、iCloud.comを利用することです。以下はiCloudから写真を削除するステップを示します。

ステップ1:iCloud.comにログインし、「写真」を選択して、アルバムまたはフォルダーを開き、削除したい写真を選択します。

ステップ2:ゴミ箱アイコンをクリックして、iCloudから写真を削除します。

方法2.写真アプリからiCloudの写真を削除

iOSデバイスで「iCloud写真」をオンにすると、すべての変更がiCloudに同期されます。以下はiPhone/iPadを通じてiCloudから写真を削除する方法について説明します。

ステップ1:iPhoneで写真アプリを開きます。

ステップ2:アルバムまたは写真をタップすると、すべての写真とビデオが表示されます。

ステップ3:「選択」をタップすると、不要な写真を選択して削除できます。

ステップ4:右下のゴミ箱アイコンをタップして、「xx枚の写真を削除」を選択します。

注意

削除された写真はすべて、iCloudの「最近削除された項目」に残ります。写真を完全に削除したい場合、それらを「最近削除された項目」アルバムから削除する必要があります。そうしたら、写真はiCloudから完全に削除されます。

方法3.iCloudストレージから写真を削除

iPhoneでiCloudの写真を一括削除可能です。以下のステップに従ってください。

ステップ1:お使いのデバイスで「設定」アプリに開きます。

ステップ2:「ユーザー名」>「iCloud」>「ストレージを管理」をタップします。

ステップ3:次の画面で「写真」欄をタップしてから、iCloudからすべての写真を一括削除するには、「無効化して削除」をタップして確認します。

TIPS:iPhoneから写真を完全に消える方法(復元不可能)

iPhoneのストレージスペースを増やすために、写真を削除したいなら、手動の方法は最良の選択ではありません。iCloudやiPhoneから写真やビデオなどのプライベートファイルが削除されても、復元できます。これが、インターネット上、個人データや写真の漏洩事件がそれほど多く発生する理由です。

このような状況を避け、ファイルがデータ回復ツールによって復元されたくない場合、iMyFone Umate Proの使用をお勧めします。iOSデバイス向けの専門なデータ消去ツールとして、数分間だけですべての個人データを削除でき、また、消去されたデータは最新の復元ツールを利用しても復旧できません。

無料で試す無料で試す

ステップ1:データ消去ツールを起動して、ホーム画面から「プライベートデータを消去」オプションで「スキャン」をクリック

データ消去ツール

ステップ2:スキャンが完了したら、削除したい写真を選択して「消去」をクリックします。

  iphone 写真 削除

ステップ3:セキュリティレベルの選択と確認をした後、「今消去」ボタンをクリックして選択された写真を消去します。

iphone 写真 消去

最後に

この記事は、iCloudの写真を削除する方法を紹介しました。写真がiCloudから削除されると、それがアカウントを登録しているすべてのデバイスからも削除されます。したがって、自分にとって大切な写真がすべてバックアップされ、どこかに保存されていることを確認する必要があります。

もしかしたら、iPhoneで写真を削除したいなら、iMyFone Umate Proが個人データが保護できる効率かつ簡単なツールです。

無料で試す無料で試す