<質問>
「LINEの無料通話をかけたけど、応答なしが異様に早い…」
「ひょっとして、相手にブロックされているのかな…」
そんな悩みをお持ちではないでしょうか。

確かに、無料電話を何度かけても応答なしだと、相手にブロックされているかもしれない…など、つい不安になってしまいますよね。

LINE電話で応答なしになった原因

実は、無料通話が応答なしになるのは、ブロックだけが原因ではありません。この記事では、LINE電話が応答なしになるパターンとトーク表示の意味、そしてブロックされたかどうかの確認方法について、詳しく解説します。

Part1:パターンによりLINE電話が応答なしの原因

1パターン1:LINE電話をかけて一定時間経って応答なし

無料電話の応答なしのパターンとして、LINE電話をかけても一定時間、応答なしの場合があります。これは、相手が通話中というわけではありません。

LINE電話は60秒間、相手が電話に出なかった場合は、呼び出しが切れるようになっています。したがって、相手が忙しかったり着信に気が付かなかったり、あるいは通話中の時に、あなたの電話に出られなかったのだと考えられます。ただし、相手にブロックされている場合でも、60秒間は呼び出し音が鳴り続けます。そして、ブロックされている場合は、相手側のスマホでは呼び出し音はならず、通知や着信履歴も残りません。

2パターン2:LINE電話かけて、応答なしが早い

次は、LINE電話をかけて即刻ではないものの、少し早く「応答なし」が表示されるパターン。こちらの原因はほぼ、相手が意図して自分の手であなたの呼び出しを切った、と考えて間違いないでしょう。

LINE電話がかかると、着信側は「着信」か「拒否」が選択可能で、「着信」を選べば通話が開始されますが、「拒否」を選ぶと、着信を一瞬で終わらせることができるようになってるのです。なお、相手が着信中に電源を切ったり、着信中に相手が圏外に移動してしまった場合も、応答なしが早いという反応になりますが、非常にレアなケースです。

3パターン3:LINE電話がすぐ応答なしになった

最後のパターンは、LINE電話をかけてもすぐに切れ、「応答なし」と記録されるケース。つい「相手にブロックされている」と誤解してしまいがちですが、これもパターン2と同様、相手が呼び出しを「拒否」したことが原因です。

たまたま相手がスマホを使用中で、上部に表示された「拒否」ボタンをタップする速度が早かったのだと考えられます。通常の電話でにおいて相手が通話中の場合は、呼び出し音が鳴らず「通話中」と表示されます。しかしLINE電話では、相手が通話中でも60秒間、呼び出し音がなり続ける仕様となっているのです。そしてブロックされている時の挙動も、前述の通り呼び出し音が60秒間鳴り続けます。

Part2:トークに表示した言葉の意味

LINE電話をかけて相手が出なかったとき、トーク画面には「応答なし」のほか、「キャンセル」や「不在着信」が表示されます。それぞれの意味を、解説しましょう。

キャンセル

LINE電話 キャンセル

LINE通話が応答なしで、トーク画面に「キャンセル」と残る場合があります。吹き出しが左側、つまり自分側で緑色のときは「自分からLINE電話を切った」ときに表示されるものです。一方、トーク画面に「キャンセル」の吹き出しが右側、つまり相手側で白色のときは、「相手から無料通話を切った」ということになります。

不在着信

LINE電話 不在着信

トーク画面に右側の白色の吹き出しで、「不在着信」と残る場合があります。これは「相手からの無料通話に、自分が応答しなかった」場合に表示されるものです。

Part3:ブロックされたかと思う場合証明する方法

相手にブロックされていても、LINE無料通話は60秒間、応答なしの状態となります。一方で、相手には不在着信が残りません。相手のブロックを知る公式な方法はありませんが、以下の方法で、ある程度の予測が可能です。

3.1. タイムラインの投稿

LINEのタイムラインは、SNSのように日常的な出来事を気軽に投稿できる機能です。そして、ブロックされた相手の投稿は、非表示になる仕様となっています。

したがって、相手のタイムラインが今まで更新され続けていたのに、ある日突然、表示されなくなった場合は、その日を境に相手にブロックされたと考えられます。LINEアプリの下側にある「タイムライン」メニューから、ここ最近の相手の投稿があるかどうか、確認してみましょう。

3.2. スタンププレゼントを送ってみる

ブロックされているかを確認したい相手に、スタンプのプレゼントを試してみることでも、判断が可能です。相手がブロックしていると、LINEスタンプをプレゼントすることができません。したがって、プレゼントできない=ブロックされている、と判断できるのです。

ただし、相手が既に持っているスタンプもプレゼントできませんので、相手が持っていなさそうなスタンプで何回かの試行をおすすめします。

やり方は、以下の通りです。

Step 1.LINEを起動して、プレゼントを贈りたい相手のトークルームを開く。

Step 2.スタンプを開き、位置右にある「プレゼント」アイコンをタップして、スタンププレゼント画面が表示される。

LINEでスタンププレゼントを送る

Step 3.適当のスタンプをタップして、次の画面で「プレゼント」するをタップして、検証したい相手を選択して、「OK」をタップする。

LINEでスタンププレゼントを送る

プレゼントできるなら相手はただ電話を拒否しただけで、プレゼントをできない場合はやはりブロックしたと考えられます。

Tips:大事なLINEトークを無料で100%成功&無制限バックアップする方法

LINEを使っていると、さまざまな不具合に直面することがあります。場合によっては、友だちとの大事なLINEトークが失われてしまうトラブルに遭遇するかもしれません。LINEトークは、永遠に保存したいものであり、そのためには、確実なバックアップが必要でしょう。しかし、どうすればLINEのデータをバックアップできるのでしょうか。この記事を読まれているあなたにだけ、最適な解決法をお教えします。それは、プロの専門家による「iTransor for LINE」という便利なソフトに、バックアップを任せる方法です。

公式な方法と比較してみましょう


iTransor for LINE
iCloud
Googleドライブ
容量制限
なし
あり
あり
同OS転送
容量制限なしできる
容量制限あり
容量制限あり
異OS転送
yes
no
no
PCが必要
yes
no
no
選択的にバックアップ・エクスポート
yes
no
no
上書きされる恐れ
なし

LINEデータバックアップ

800万以上のダウンロード

iTransor for LINEの優れている機能:

  • 【同OS・異OSデータ転送】Android/iOSデバイスからiOSへLINEトーク履歴を転送できる。
  • 【無料バックアップ・復元】無料でバックアップしてから、iTransorバックアップからiPhoneのLINEへ直接復元できる。
  • 【好みの形式でPCにエクスポート・保存】多様な形式で選択的にPCにエクスポート、保存できるし、すべてのメディア付けのデバイスに閲覧できる。保存したファイルはすべてのメディア付けのデバイスに閲覧できる。
  • 【多様な機種と互換性】最新のiOS 15とiPhone 13、iPhone 13mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxを含めてのiPhoneデバイスとすべての人気Androidデバイスと互換性がある

具体的な操作する仕方は以下となります。

ステップ1:端末をiTransor for LINEがインストールされたパソコンにUSBで接続した後、「AndroidとiOSデバイスからLINEデータをバックアップ」を選択して、「スタート」をクリックします。

iTransor for LINEを起動する

ステップ2:しばらく待ってから「完了」をクリックすると完成です。

iTransor for LINEでバックアップ完了

たったこれだけで、LINE上にあるトークや画像、動画ファイルが、パソコンに保存できてしまうのです。大事なトークを無料かつ無制限、そして100%バックアップに成功するiTransor for LINEは、Android、iPhoneを問わず、全てのLINEユーザーにおすすめしたい、イチオシのソフトです。

結論

以上、LINE電話が応答なしになるパターンとトーク表示の意味、そしてブロックされたかどうかの確認方法について、詳しく解説しました。同時にLINEのトラブルは回避したいですし、確実にバックアップしていきたいですよね。そんな時は、ワンクリックだけで楽にLINEをバックアップできるツール「iTransor for LINE」を利用しましょう。トラブルが起きてもいつでも復元ができ、非常に安心です。無料で操作も簡単ですから、誰でも使えますよ。今すぐ、試してみましょう!