落下などの原因でiPhoneの画面がバラバラになってしまうケースはよく聞かれます。多くの人が、新しいiPhoneを買い替えるかもしれません。ただし、その壊れたiPhoneはどうすればいいですか。クレジットカードのパスワードや写真、連絡先などの個人情報が溢れている古いiPhoneをそのまま廃棄すると、個人情報を流出する可能性があるので、危ないです。

本記事では、個人情報漏洩を防止するための画面が壊れたiPhoneからデータを消去する方法について紹介します。

画面が割れたiPhoneをiCloudから初期化してデータを消去

もし、壊れたデバイスの設定で「iPhoneを探す」を有効にすれば、iCloud.comをサインインしてデバイスを消去できます。こうすると、iPhone内に保存しているすべてのデータも削除されます。iCloudを利用して、画面が壊れたiPhoneからデータを消去する手順は、次のとおりです。

ステップ1:まずはiCloud.comにアクセスして、iCloudアカウントとパスワードを入力してログインします。

ステップ2:ホームページで「iPhoneを探す」を選択します。

ステップ3:デバイスリストから削除したいiPhoneを選択して、「iPhoneを消去」をクリックします。

icloud iphoneを消去

ステップ4:画面指示に従って、iPhoneを消去する操作を続けます。完了すると、iPhone内のすべてのデータは消去されます。

画面が割れたiPhoneをiTunesから復元してデータを消去

この方法は2つの条件を満たす必要があります。一つは「iPhoneを探す」をオフにしなければなりません。もう一つはiTunesをインストールしているパソコンが必要です。問題がなければ、以下の手順に従って、iTunesで画面が壊れたiPhoneのデータを削除します。

ステップ1:デバイスをパソコンに接続して、iTunesを立ち上がります。

ステップ2:ホーム画面でiPhoneのアイコンをクリックします。

ステップ3:概要画面で「iPhoneを復元」を選択して、指示に従ってデバイスを初期化します。

itunes iPhoneを復元

ツールを利用して画面が割れたiPhoneをリセット

画面が割れて、タップ操作ができない場合は、ツールを使ってiPhoneをリセットすることで、壊れたiPhoneからデータを消去しなければなりません。iMyFone Umate Proというiosデータ消去ツールは、写真、連絡先やSNSのトーク履歴などのデータを完全に消去し、復元は不可能になります。それ以外、容量解放や削除されたデータの消去もサポートしています。

対応機種、OS:ほぼすべてのiOS機種とバージョンをサポートしており、現在Umate Proは無料体験版を提供して、今すぐダウンロードしてデバイスに対応するかどうかをチェックしましょう。

無料で試す無料で試す

データ消去ツールを使って壊れたiPhoneのすべてのデータを消去する詳しい手順は以下にご参照ください。

ステップ1:画面が割れたiPhoneをパソコンに接続して、ソフトをパソコンにインストールしてから起動します。ホーム画面で「すべてのデータを消去」オプションで「消去」をクリックします。

データ消去ツール

ステップ2:次の画面でセキュリティレベルを選択して、ボックスに「削除」を入力して確認します。

削除 入力

ステップ3:セキュリティレベルを変更したい場合は、レベルをクリックして変更することができます。削除する際にセキュリティレベルを「低」「中」「高」の三段階から選ぶことが可能です。

安全レベル 変更

ステップ4:確認した後、「今消去」ボタンをクリックしてデバイス上のすべてのデータを消去します。この操作は、すべてのデータを永久に消去し、元に戻すことができません。

iphone データ消去

最後に

上記は壊れたiPhoneからデータを消去する方法でした。 iPhoneの画面がわれたら、見た目が悪いほか、使い続けると指先を怪我する危険がありますので、新しいスマホを購入したほうがいいと思います。プライバシー保護のために、機種変更する時に、古いデバイスに保存しているすべてのデータを削除することは大事です。そんな場合、データ消去ツールをお勧めします。ぜひお試しください。

無料で試す無料で試す