iPhoneがAppleロゴ、画面真っ白、画面真っ暗などのiOS不具合が発生した場合、iPhoneを正常の状態に戻すために、DFUモードまたはリカバリモードを利用して、iPhoneを出荷時の状態に戻す必要があります。

そこで今回は、リカバリモードとDFUモードの相違点・やり方・解除法をまとめて説明いたします。

リカバリモードとDFUモードの違い

リカバリモードとは?

リカバリモードは、iPhoneのiOSに不具合が発生したときに強制的にiPhoneを出荷時の状態を戻す方法です。リカバリーモードに入ると、iPhoneの画面はiTunesとケーブルのマークが表示されます。iTunesに検出されると、「アップデート」と「復元」二つの選択肢があります。 

itunes リカバリーモード

リカバリモードを使用する場合

ほとんどの場合、iPhoneを復元しようとしているときに、iPhoneをリカバリモードにする必要はありません。ただし、次の状況で不具合が発生する場合、iPhoneをリカバリモードにする必要があります。

  • 新しいiOSファームウェアをインストールする
  • iOSを最新バージョンに更新する(現時点ではiOS 14)
  • バックアップからiPhoneを復元する
  • iOSのベータ版から正式版へ更新する
  • リンゴループ、画面真っ暗、再起動を繰り返すなどの不具合が生じる

DFUモードとは?

DFUは、デバイスファームウェアアップデートという意味です。リカバリモードと比較して、より全面的であり、通常、より困難な問題を解決するために使用されます。

DFUモードに入る時、iPhoneの画面が真っ黒になって、iTunesでDFUモードに入るかどうかを確認しかできません。DFUモードでは、【復元】のみを選択できます。完了した後、iPhone/iPadのすべてのデータが削除され、自動的に最新のiOSバーションにアップデートします。 

itunes DFUモード

DFUモードを使用する場合

通常、iPhone、iPod touch、またはiPadをDFUモードにする必要はありません。リカバリモードだけで十分に問題を修正できます。以下はわずかにDFUモードを使用する必要がある場合を示します。

  • 脱獄。iPhoneの使用方法にいくつかの制限があるので、ユーザーがそれらの制限を解除するためにiPhoneを脱獄します。
  • iOSのダウングレード。iOSの最新バージョンに更新した後、使いにくいと感じた場合は、以前のバージョンにダウングレードする方法を探している人もいます。
  • リカバリモードでも修正できない問題。 
  • どちらの方法も、最新のiOSに書き換えるということに変わりはありませんが、リカバリーモードは公式の方法、DFUモードは非公式の方法となっています。
  • iPhoneが壊れてしまった時に、最初にリカバリーモードを行い、それでも改善されなければDFUモードを試してみる、という手順で良いでしょう。

リカバリーモードとDFUモードの入り方・解除法

リカバリモードの入り方・解除法

リカバリモードに入る方法【電源/パソコンに接続状態で】

iPhone 8 以降:

音量を上げるボタンを押してすぐに放し、音量を下げるボタンを押してすぐに放します。リカバリモードの画面が表示されるまで、サイドボタンを押し続けてください。

iPhone 7シリーズ:

トップボタンまたは (サイドボタン) と音量を下げるボタンを同時に押し、リカバリモードの画面が表示されるまでそのまま長押しします。

iPhone 6S、iPhone SE、およびそれ以前:

ホームボタンとトップボタン (またはサイドボタン) を同時に押し、リカバリモードの画面が表示されるまでそのまま長押しします。

iphone リカバリーモード

リカバリモードを解除する方法

iPhoneを強制的に再起動すると、iPhoneリカバリモードを解除できます。

iPhone 8以降:

音量大ボタンと音量小ボタンをすばやく押します。次に、画面にAppleロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けます。

iPhone 7/7シリーズ:

画面にAppleロゴが表示されるまで、サイドボタンと音量小ボタンを同時に押し続けます。

iPhone 6/6 Plusおよびそれ以前のモデル:

画面にAppleロゴが表示されるまで、ホームボタンとサイドボタンを同時に押し続けます。

DFUモードの入り方・解除法

DFUモードに入る方法【電源/パソコンに接続状態で】

iPhone 8/Xシリーズ以降

①音量を上げるボタンを押してからすぐ離れます。

②音量を下げるボタンを押してからすぐ離れます。

③そして、サイドボタンを10秒ほど長押して、画面が真っ黒になった時は、サイドボタンを押し続けた状態で音量を下げるボタンを5秒ほど押し続けます。

④サイドボタンを離し音量を下げるボタンをさらに10秒ほど押し続けます。

iPhone 7シリーズ

①Appleロゴが表示されるまで、電源ボタンと音量を下げるボタンを長押しします。

②電源ボタンを離し、音量を下げるボタンを押し続けます。

iPhone 6S、iPhone SE、およびそれ以前

①Appleロゴがでるまで電源ボタンとホームボタンを長押します。

②電源ボタンのみを手を放し、ホームボタンを押し続けます。

DFUモードを解除する方法

iPhoneを強制的に再起動すると、iPhoneのDFUモードを解除できます。詳細について、前の「リカバリモードを解除する方法」を参照してください。

ワンクリックでリカバリモードを起動・解除する無料ツール

上記の方法が非常に面倒だと思われる場合は、iMyFone Fixppoの【ワンクリックでリカバリーモードを起動・解除】機能を利用することができます。

iPhoneのモデルを問わず、全部使えます。しかもこの機能は無料で、とても便利です。

無料で試す無料で試す

操作手順

お使いのデバイスをパソコンに接続して、ソフトのホーム画面で【ワンクリックでリカバリーモードを起動・解除】を選択して、ニーズに応じて「リカバリーモードに入る」あるいは「リカバリーモードを終了する」をクリックだけで完了です。

iphone 強制再起動

Tips

FixppoはパワフルなiOS修復ツールとして、再起動を繰り返す、文鎮化、アップデート失敗というような不具合が生じてしまった時、iPhone/iPadを手軽に修復可能です。詳細は、iMyFone公式サイトを参照してください。