iPhoneのアクティベーションロック機能は便利ですが、パスワードを忘れてしまった際はとても厄介で、ご利用のデバイスを開けることは不可能になってしまいます。そこでロックを解除するために解決策が必要になってきます。

ハードウェアツールを使ってデバイスのシリアル番号を変更することによってロックを解除する方法を聞いたことがありますか。この記事では、ハードウェアを利用してiPhoneアクティベーションロックの解除方法ともう一つ安全有効な方法をご紹介していきます。

ハードウェアを使ってロックを解除することは可能か?

デバイスのハードウェアを変更することで、iPhoneアクティベーションロックをバイパスできます。やり方は、iPhoneのCPU(通常はロジックボードに収容されている)をロジック交換プログラムによって取り除き、そしてCPU機能がプログラムされ、ロジックボードの部品を交換します。これで、デバイスを新しいものにします。

ご注意

これはとても時間がかかるし難しい作業です。それに様々なツールにお金をかける必要がありますので高額になる可能性があります。もし支出を抑えたいのであればこれはお勧めできません。

ハードウェアを使ってアクティベーションロックを解除する手順

ステップ1:iCloudを搭載していない新しいiPhoneのマザーボードを用意します。

マザーボードを用意

ステップ2:iPhoneの電源を落とし、背部ケースのネジを外して開きます。

ステップ3:iPhoneを部品ごとにバラバラにして、マザーボードのチップを取り除いてください。

マザーボードを取り除く

ステップ4:チップをiCloudマザーボードに接着します。

ステップ5:マザーボードをiPhoneの背面ケースに取り付け、部品を元あった場所に戻してください。

マザーボードを変更

そうしたらお使いのiPhoneは新品同様です。起動してもアクティベーションロックの解除が要求されません。

ハードウェアでiPhoneアクティベーションロックを解除する方法を下のビデオで学びましょう。


ハードウェアを利用する方法のデメリット
  • 大変な労力を費やす。
  • 高い技術力が求められる。
  • 高額の費用がかかる。

ハードウェアを使ったアクティベーションロック解除方法の成功率

多くの方はマザーボードのチップを少しいじるだけでアクティベーションロックを解除できるとは思ってはないです。なぜならもしそんなに簡単にロックが解除できてしまうのならApple社の信用問題にも繋がってくるからです。ですがハードウェアを使ってロックを解除するという試みはiPhone 6Sでは成功したことがあります。ただし、一度iOSが最新のバージョンにアップデートされるとまたアクティベートの画面が表示されるケースもあるようです。

一番安全で効率的なアクティベーションロック解除方法

iMyFone社によって開発された「iBypasser」はiPhoneとiPadをアクティベーションロックを回避するのに最適なソフトウェアです。このソフトウェアは様々な状況に対応します。例えば:

  • アップルIDのパスワードを忘れてしまった場合。
  • 中古で買ったiPhoneは別のApple IDに紐付けられている場合。
  • Apple IDをログアウトできずデバイスを初期化できない場合。
  • 使用しているApple IDが乗っ取られた場合。
  • デバイスの画面に損傷がありパスワードを入力せずに初期化したい場合。

iBypasserは98%以上の高い成功率を誇り、そのわかりやすい説明から様々な層のiPhoneユーザーの間で人気になりました。

iBypasser iCloudアクティベーションロック回避ツール

750万以上のダウンロード

iMyFone iBypasserの主な機能

  • iOS 12.3以上を実行しているiPhone 5sからiPhone Xまでのデバイスに対応します。
  • ハードウェア部品の変更は不要、SIMカードやApple ID、iTunes、やパスワードなしでロック画面をバイパスできます。
  • 以前のApple IDによってデバイスを追跡、または消去することができなくなります。
  • バイパス後、新しいApple IDを使ってログインできます。
  • ロックを解除した後はほぼ全部の機能を自由に利用できます。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

事前準備
  • ロックされたiPhone / iPad / iPod touch
  • アップル付属のLightning USBケーブル
  • WindowsパソコンまたはMac

iMyFone iBypasserでアクティベーションロックを回避する手順

ステップ1:上記の無料ダウンロードからソフトをインストールして、起動したらメイン画面にある「スタート」ボタンをクリックして、ご利用のiOSデバイスをパソコンに接続します。

ソフトを起動

ステップ2:画面の指示に従ってデバイスを脱獄させます。もしすでに脱獄済みでしたら「脱獄完了」ボタンをクリックします。

iPhoneを脱獄させる

ステップ3:その後デバイス情報が表示されます。確認したら「バイパスを開始」というボタンをクリックし、プログラムを実行しましょう。

デバイ情報を確認

動作は数秒で完了し、バイパスが完了しましたという通知が送られてくるので、そうしたらご利用のデバイスにアクセスすることができます。

更にアクティベーションロックについて

どのようにしてロックアクティベーションロックが動作するのか

Appleのアクティベーションロック機能は知らない人があなたのデバイスに不正に侵入するのを防ぐためのものです。アクティベーションロックは「探す」が起動されたら自動的に発動されます。

iPhoneを無くした際、アクティベーションはお使いのiPhoneの通信信号を追跡してくれたり、データを保護してくれたりします。加えて遠隔操作ができるので不正アクセスを防ぐこともできます。

「探す」を起動したら登録したApple IDはAppleのアクティべショーンサーバーに保管されるので、誰かがデバイス情報を消そうとしたり、再起動しようと試みたらApple IDのパスワードが要求されます。

パスワードを忘れたときにアクティベーションロックを解除する方法

Apple IDのパスワードを忘れたが、iPhoneを普通に使える場合なら、簡単にパスワードを変更してアクレディテーションロックを解除することができます。

デバイスで「設定」>「ユーザー名」>「パスワードの変更」の順にタップします。パスコードを入力して、次の画面で新しいパスワードを作成すれば完了です。

Apple IDのパスワードを変更

そして、新しいパスワードで「探す」機能をオフにして、アクレディテーションロックを解除することができます。

まとめ

個人情報の流出を心配ならば、ハードウェアを使ってロックを解除するよりもiMyFone iBypasserのサービスを使うべきです。個人情報を守るだけではなく、簡単な数ステップでiPhoneのロックを解除することが可能ですので是非お試しください。

無料ダウンロード 無料ダウンロード